クラウディ・ベイのラベル

私がワインに興味を持ち始めてから約40年、
ワインの商売を始めてから20年余りたちますが、
この間に出会ったワインのラベルで一番のお気に入りが
ニュージーランドのクラウディ・ベイなんです。

b0287739_19325685.jpg


これがそのラベル。

90年代の中ごろのことだど思いますが、
初めてこのラベルに出会ったとき思わず一目惚れをしてしまい、
ワインを飲むよりも前に
「このワインを何としても売りたい。」(このワインを多くの人に知ってほしい)
という気になったのです。

飲んでみるとラベルのイメージそのものの味わい。
それ以来、大好きなワインの一つになりました。

それが、2016年ヴィンテージが入ってきたのを見ると
なんとラベルが変わっている。

b0287739_19463168.jpg


同じ山並みのデザインを踏襲しているのですが
ちょっとイメージが違う。

私はクラウディ・ベイに行ったことがないので確かではないのですが、
この山並みはワイナリーから見える景色なのではと想像しています。

同じ経営のオーストラリアにあるケープ・メンテルは
同じデザインのラベルで
景色を表現しています。

b0287739_19514128.jpg


これがケープ・メンテルへ行った時の写真。
ワイナリー内のラベルデザインに使われた場所に
看板が立っています。

ということなので、クラウディ・ベイもワイナリーからの景色なのではと
Google Earthでワイナリーからの景色を調べたところ

b0287739_19543917.jpg


この景色がラベルに一番近いものでした。
ちなみに下の建物はクラウディ・ベイのワイナリーです。
それにしてもちょっと違う。

このクラウディ・ベイのラベルはワインのラベルデザインにも影響を与えたのか、
宮崎の都農ワインのラベルが都農町から見える山並みを
ラベルデザインに採用しています。

b0287739_19595467.jpg


b0287739_2093822.jpg


下の写真が都農町から見える尾鈴連山のもので、
上のラベルの黄色と黒の境目がその山並みになっています。

とりとめもなくいろいろ書いてきましたが、
新しいラベルに最初に出会ったら、
クラウディ・ベイにこんなに思い入れを持つことができなかったのではないかということ。

ラベルが変わってしまったことが、残念でなりません。
[PR]

# by bacchusmarket | 2016-09-24 20:19 | コラム

キューピー、マヨテラス見学記

先日、キューピーの見学施設、「マヨテラス」に行ってきました。

というのも、京王線仙川駅近いこの施設は
従来キューピーの工場があった場所にできた見学施設で、
なかなか予約が取れないことでも有名で、
是非とも行ってみたいと思っていたのです。

見学の予約はネットで、
例えば7月の予約が今月2日からということで、
予約解禁になるとほとんどすぐにいっぱいになってしまうような状況。

ちなみにこれ
現在の予約状況。
いかに予約を取るのが大変かが分かります。

見学には大人の部と子供の部があり、
今回はもちろん大人の部。

さて、期待に胸を膨らませ京王線仙川の駅から歩くこと10分弱。
甲州街道に面した門を入ると

b0287739_20061517.jpg

キューピーの新社屋が出迎えてくれます。
写真を撮り忘れましたが、門の横にキューピーの人形があるのがかわいいい。
目指すマヨテラスはこの社屋の1階にありますが、
門を入って左に進むと

b0287739_20062401.jpg

売店があり、
キューピーのキャラクター人形や
卵を使ったお菓子などを売っているます。

さて、建物のマヨテラスの入り口から中へ入ると、

b0287739_20063856.jpg

かわいいキューピーがお出迎え、

b0287739_20070775.jpg

巨大なマヨネーズの入れ物を模した施設が。

b0287739_20072566.jpg

中を覗くといろいろ陳列物があります。
マヨネーズドームというのだそうです。

b0287739_20073625.jpg

ふたのキューピーがかわいい。

施設の中身は
マヨテラス
このようになっていますが、
最後に試食を行うキューピーキッチンまで撮影禁止。

私はここにマヨネーズ工場があって、
それを見学できるのかと思っていたら、
マヨテラスができた時点で工場がなくなってしまっていて、
工場の様子はビデオのみで見ることになります。

マヨネーズの歴史や
海外でのキューピーマヨネーズの展開の様子、
マヨネーズのトリビアなどの説明を受けて
最後、試食コーナーのキューピーキッチンへ。

b0287739_20074410.jpg

これが一人一人のセット。
マヨネーズに

b0287739_20075294.jpg



b0287739_20080048.jpg

を自分で組み合わせて混ぜ、
サラダを食べてみるという仕掛け。

今回試した中では

b0287739_20081012.jpg

マーマレードとの組み合わせが
思いのほかおいしかったです。

あと、今回の見学で得たトリビアの中で特記したいのは、

・マヨネーズは原料のお酢と塩の作用で未開封であれば常温でも劣化しない。

・原料として使用しているのは基本的に卵黄、酢、オイル、塩といった
 天然の材料のみで、
 着色料、保存料、増粘剤等は使用していない。
 
・マヨネーズは材料がなじむのに時間がかかるので、
 作り立てよりも2週間くらい時間が立った方がおいしい。

・ブロッコリーはそのまま食べるよりもマヨネーズをと一緒に食べた方が
 βカロチンの吸収が良い。

ちょっと面白くありませんか。
おかげで今回の見学前よりも
マヨネーズの摂取量が増えそうです。

それにしても、工場見学ができなかったのは不完全燃焼この上なく、
近いうちにぜひマヨネーズ工場の見学をしたいと思います。


[PR]

# by bacchusmarket | 2016-05-23 21:01 | ぶどう栽培に挑戦

マルカイ@静岡市用宗港

しらす漁が各地で解禁となり、
テレビ等の媒体でもいろいろ取り上げられています。
やはりこの時期になると私もしらすを食べたくなる。

食べ歩きを趣味としているこの私は
通常であれば美味しいしらすを提供する店に食べに行くところですが、
しらすの場合は食べに行くのではなく
お取り寄せをするのがここ数年の習慣となっています。

そもそもお取り寄せが苦手な私。
何度か挑戦したことはあるのですが、
期待が高かった分、実際ものが来てみると
がっかりする事ばかり。

その私がしらすについてはお取り寄せをするようになったのは
静岡に住む友人のH君に教えてもらってから。

生しらすはどこで買っても同じですが、
H君がいろいろな業者の釜揚げしらすを食べ比べた結果、
一番おいしかったのが今回紹介する
マルカイの釜揚げしらすだったのだそうです。

b0287739_20003256.jpg


b0287739_20004456.jpg


b0287739_20005842.jpg

実際食べてみるをふっくらとした食感で、
ほんのり塩味が来ていて本当においしい。

このしらすを食べるまでは
しらすは生が一番で、
釜揚げしらすは生がないときにしょうがなく食べるものと
考えていました。

しかし、このマルカイのしらすを食べてからは
その考えを改めました。
この釜揚げしらすさえあれば、
生を求めて、出かける必要はない!

さて、お取り寄せした上の写真の釜揚げしらすは
1?のセット。
冷蔵の宅配便で送られてきます。
価格は3,500円+配送料1,000円。

4,500円で1?のしらすが食べられるのであれば、
車を出して遠出する必要はない。

その釜揚げしらすをどのように食べたかといえば、
1日目は

b0287739_20114769.jpg


どんぶり飯にたっぷりのしらすをかけたしらす
まずこれが食べたかった。

2日目は、

b0287739_20135539.jpg


ペペロンチーノ。

3日目はそば粉のがレット。
刻みキャベツと合わせたそば粉で作ったがレットに
しらすをたっぷり載せてマヨネーズ味。
こちらは画像なし。l

そして4日目は


b0287739_20171935.jpg


再度ペペロンチーノ。
3日目の経験を踏まえ、鷹の爪の量を少し増やし、
キャベツ以外に小松菜も加え、
一部炒めていたしらすを炒めるのをやめて
そのまま載せるだけにしました。

これがまた美味い。

残っているしらすはあと1食分。
さてどうやって食べようか考え中です。

それにしてもこの釜揚げしらす、
毎日食べても飽きが来ません。

  株式会社マルカイ
  静岡県静岡市駿河区用宗5-20-20
  Tel: 054-259-2329
  http://marukaishirasu.shop-pro.jp/
[PR]

# by bacchusmarket | 2016-05-11 20:31 | 食べ歩記(その他の地区)

カーナビ考

私が現在乗っている車は、
1993年から付き合っている車なので、
当然のようにカーナビはついていません。

ちなみに、カセットステレオが付いていますが、
壊れて使用不能。

さて、そんなカーナビが付いていない車で私が重宝しているのが
カーナビの無料アプリ。

私は高性能なカーナビを使った経験がないのでその辺はよくわかりませんが、
現在使っているカーナビアプリは
以前私が乗っていた車についていたカーナビよりは、
見違えるほど優秀です。

特に地図が自動更新されるので、
常に新しい道を選べるのはうれしい限りです。

私が現在使っているのは

1.最近自動車保険を更新したときにわかった
  保険契約者のみが使えるアプリ。
  ちなみに保険会社は損保ジャパン日本興亜です。
  ナビはナビタイムの有料コンテンツが使えるようです。
  最近使い始めました。

2.グーグルの地図アプリ。
  普通に無料ダウンロードできるグーグルマップがナビになります。
  右左折する交差点に近づくと地図がアップになるのは
  大変重宝しています。

3.以前乗っていたホンダ車を買ったときに
  ホンダ車に乗っている人だけがダウンロードできるアプリ。
  通信機能を持つホンダ社からの情報がサーバーに上がり
  予測到着時刻の誤差が少ないといわれています。
  ホンダ車を手放した現在も使うことができます。

さてその3つを使って同じ目的地を指定してみると

b0287739_20531551.gif

b0287739_20532488.gif

b0287739_20534638.gif

上から、損保ジャパン、グーグル、ホンダの順。

まず、それぞれ異なるのが、地図の縮尺。
表示エリアが狭い順に、
グーグル、ホンダ、損保ジャパン。

そしてお分かりのとおり、
ホンダだけは、進行方向が上にならず、
常に地図の上が北になっています。

もう一つ別の交差点で比べてみると、

b0287739_21013852.gif

b0287739_21014694.gif

b0287739_21015291.gif

今度はグーグルだけが霜石原の交差点を曲がらず、
違う道を選択しています。

この3つの無料アプリ。
どれも一長一短があり、
状況によってそれぞれ使い分けている次第。

グーグルの良さはなんと言っても使いやすさ。
前にも書いた通り、曲がる交差点が近づくと地図がアップになったり、
コースを外れたときすぐに新たなコースが表示されたりと、
さすが、グーグルがつくっただけのことがあると思わせる。

ただ、グーグルの難点は、すぐに高速を利用したがること。
自分では絶対に高速を選ばない場所に行く時でも
グーグルは高速が好きなようです。

ホンダの利点は「スマートルート」という
検索機能があること。
少しの時間差であれば、高速を選ばず、
一般道を選んでくれる。

たとえば府中から関越自動車道に乗るとき、
ホンダは所沢インターまで一般道で行きますが、
グーグルで検索すると国立府中インターから高速に乗り
圏央道経由で関越自動車道まで行きます。

時間で見ると両者はほとんど変わりがないので
この違いは大きい。

ただ、ホンダの一番の欠点は進行方向を上にすることができないこと。
今まで右左折時にどちらへ曲がったらよいか判断が付かず、
誤った方向へ曲がってしまうことがよくあることです。
また、ルートを外れたときは再読み込みをしないと
新しいルートが表示されないこと。

損保ジャパンのナビは、どちらかといえば上記2つの間。
コースを外れれば自動的に新しいルートが表示されますが、
「スマートルート」というような検索はできず
高速か一般道をどちらか選ぶような形。

一番後から導入してよく利用しているのが
損保ジャパン。
というのは運転を診断してくれるのです。

加速、減速、ハンドリング、エコの4点から
運転を診断します。

b0287739_21300838.gif


これは最近のベストスコア。
点数が付くと、
何とか良い点数を取るような運転をしなくなります。

といったところで、
状況によってこの3つのナビを使い分けています。

何かおすすめのナビアプリがあったら
教えていただけると嬉しいです。

[PR]

# by bacchusmarket | 2016-04-29 20:28 | コラム

コルクの話(その14)

前回、コルクの話を書いた直後に
ワインジャーナリストの綿引まゆみさんのブログ
ワインなささやき」で
Vinolokが取り上げられました。

Vinolokとはガラス製のワインの栓で、
前回書いたDIAMコルクと同様、
コルク臭対策のために生まれました。

b0287739_23100806.jpg

横から見るとT字型のガラスの栓の
ボトルにあたる部分にシリコンを使った栓です。
コルクの話(その12)でもこの栓についてはちょっと書きました。

私がこのボトル栓に最初に出会ったのは
オーストリーにワインの研修ツアーに行った
2006年のこと。
10年前になります。

b0287739_23201796.jpg

画像を探したら、当時の写真が出てきました。
当時のオーストリーは新しいものは何でも取り入れようという風潮が感じられ、
ワインの栓はほとんどスクリューキャップになっていました。
その中のいくつかにこのガラス栓がったのです。

その後、ドイツ、イタリア、アメリカのワインで、
この栓を採用しているものを見かけましたが、
なかなか一般的にならないのはコストの問題かな。

b0287739_23254919.jpg

さてこの栓、アップにしてよく見ると、
ガラスとシリコン樹脂の組み合わせになっており、
ボトルの口にあたる部分にシリコン樹脂が付いていることが分かります。

綿引さんのブログによると口径がいろいろな種類があるというので
実際に今手元にある十数個の径を測ってみると、

b0287739_11330568.jpg

すべて、このサイズ(1.9?弱)でした。
このサイズが一番出回っているのでしょうか。
Vinolokのサイトを見てみると、
17.5、18.2、18.5、21.5、23.0の5種類が用意されているようです。
その中で我が家にあるのはおそらく18.5なのでしょう。

そこで今度は家に転がっているワインの空瓶にはまるかどうか試してみると、
うまくはまるものとそうでないものがある。
はまるものの瓶の口径を測ってみたら、

b0287739_11393163.jpg


b0287739_11393613.jpg

2本とも1.85?くらい。
このサイズがベストマッチのようです。

ちなみにいろいろなボトルの口径を測っていったら
一番太いコルクで栓をする
シャンパンやスパークリングワインの口径が地番小さいことが分かり
びっくりポンでした。

b0287739_17573306.jpg



[PR]

# by bacchusmarket | 2016-04-11 17:59 | コラム