クラウディ・ベイのラベル

私がワインに興味を持ち始めてから約40年、
ワインの商売を始めてから20年余りたちますが、
この間に出会ったワインのラベルで一番のお気に入りが
ニュージーランドのクラウディ・ベイなんです。

b0287739_19325685.jpg


これがそのラベル。

90年代の中ごろのことだど思いますが、
初めてこのラベルに出会ったとき思わず一目惚れをしてしまい、
ワインを飲むよりも前に
「このワインを何としても売りたい。」(このワインを多くの人に知ってほしい)
という気になったのです。

飲んでみるとラベルのイメージそのものの味わい。
それ以来、大好きなワインの一つになりました。

それが、2016年ヴィンテージが入ってきたのを見ると
なんとラベルが変わっている。

b0287739_19463168.jpg


同じ山並みのデザインを踏襲しているのですが
ちょっとイメージが違う。

私はクラウディ・ベイに行ったことがないので確かではないのですが、
この山並みはワイナリーから見える景色なのではと想像しています。

同じ経営のオーストラリアにあるケープ・メンテルは
同じデザインのラベルで
景色を表現しています。

b0287739_19514128.jpg


これがケープ・メンテルへ行った時の写真。
ワイナリー内のラベルデザインに使われた場所に
看板が立っています。

ということなので、クラウディ・ベイもワイナリーからの景色なのではと
Google Earthでワイナリーからの景色を調べたところ

b0287739_19543917.jpg


この景色がラベルに一番近いものでした。
ちなみに下の建物はクラウディ・ベイのワイナリーです。
それにしてもちょっと違う。

このクラウディ・ベイのラベルはワインのラベルデザインにも影響を与えたのか、
宮崎の都農ワインのラベルが都農町から見える山並みを
ラベルデザインに採用しています。

b0287739_19595467.jpg


b0287739_2093822.jpg


下の写真が都農町から見える尾鈴連山のもので、
上のラベルの黄色と黒の境目がその山並みになっています。

とりとめもなくいろいろ書いてきましたが、
新しいラベルに最初に出会ったら、
クラウディ・ベイにこんなに思い入れを持つことができなかったのではないかということ。

ラベルが変わってしまったことが、残念でなりません。
[PR]

by bacchusmarket | 2016-09-24 20:19 | コラム