「最強日本ワイン完全ガイド」いよいよ出版!!

 明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

 12月もブログを続けようと思っていたのですが、
ワイン屋はやはり12月に稼がないと生活に支障を来たすので、
結局第2週に2回書いたきり、
その後何も書けずに終わってしまいました。

 今月からはまた2日に1回以上のペースを目標に
書いていきたいと思いますので
よろしくお願いいたします。

 さて、妨害工作(?)を乗り越えて書かれたワイナリーの案内本、
「最強日本ワイン完全ガイド」が12月中旬に発売になりました。

b0287739_1155425.jpg


 そのあたりの経緯については
私の3月5日のブログに詳しく書いてありますが、
その本がようやく発売になったのです。

 著者は「たこやき坊主」こと、福田克宏さん。
日本ワイン応援団の一人であり、
ワインブロガーの第一人者です。

 たこやきさんのブログは日本ワインに対する愛情に満ちており、
その情報量も半端ではありません。

 そのたこやきさんがこの本のために再度全国を取材してまわり
そして書き下ろした本なので期待はしていましたが
その内容を読んでびっくり。

 良くここまで濃い内容の本を
本職(大変忙しいお仕事です)の合間に書けたものと、
ただただ感服です。

 たこやきさんによれば、
書きたいことを削りに削ってこの本にまとめたので、
元原稿はこの本の約2倍になるとか。

 ちなみに、柏屋、バッカス・マーケットも
日本ワインを買える店として紹介していただいています。

 とにかく、ワイン、そしてそのつくり手に対する、
熱い思いで満ち溢れた1冊です。

 この本を読めば、誰でもワイナリーに行ってみたくなるはず。
日本ワインに興味がある方もない方も、
是非オススメの1冊です。

  ◆最強日本ワイン完全ガイド◆
  福田克宏著
  主婦の友社
  1,890円

 ところで、昨年は日本ワインを取り上げた本が
大変多い年でした。
私が知っているだけで古い順に

  日本のワイナリーに行こう 2011  7月
  ワイナート58号  8月
  リアルワインガイド30号  8月
  世界が認めた国産ワイン  9月
  日経 おとなのOFF 1月号  12月
  料理通信1月号  12月
  最強日本ワイン完全ガイド  12月

と、ムック1冊、雑誌4冊、一般書籍2冊と
今年後半だけで7冊もの日本ワインを扱った本が
出版されました。

 これだけ多くの本が出版されたと言うことは
それだけに本ワインに対する関心が
高まってきたことと思われ、
私の様な日本ワインの応援団にとっては嬉しい限りです。

 また、私がこの記事で使ってきた「日本ワイン」と言う言葉、
国産ワインを指す言葉ですが、
ここのところ発売される国産ワインを扱った本では
必ず「国産ワイン」と呼ばずに「日本ワイン」と呼んでいます。

 この言葉も定着してきたのでしょうか。

 日本ワインには、まだブレイクするために
解決しなければならない問題がいくつかありますが、
今年はさらに関心が高まっていくことを祈ります。
[PR]

by bacchusmarket | 2011-01-02 17:01 | 書籍

「甲州・信州ワイナリー巡り」発売

 手頃なワイナリーガイドが発売になりました。
本のタイトルは

  魅惑のワイン名醸地ガイド
  甲州・信州ワイナリー巡り

b0287739_1153682.jpg


 ワイナリーは全国各地にありますが、
この本は山梨、長野、新潟、栃木、静岡に限定した
ガイドブックです。

 ワイナリーのガイドブックとしては
日本のワイナリーに行こう」が
今一番読まれているのではないかと思いますが、
旅にもって出るにはちょっと大きくて重い。

 その…こちらの本は大きさが15cm×21cm、
暑さが約1cmと大変コンパクト。
下調べを「日本のワイナリーに行こう」でして、
実際に持ち歩くのはこちらというのが便利かもしれません。

 監修は田辺由美さんですが、
実際の執筆は日本ワイン振興ネットワークの松本拓さん。
日本ワインをこよなく愛する方で、
日本のワインを訪ねる」というブログも書かれています。

 この秋、ワイナリーツアーを計画されている方に必携の一冊です。

  魅惑のワイン名醸地ガイド
  ◆甲州・信州ワイナリー巡り
  メイツ出版
  1,680円(税込)

[PR]

by bacchusmarket | 2010-10-19 19:10 | 書籍

世界が認めた国産ワイン

 ここのところ、日本ワインを扱った書籍の出版が続いていますが、
「世界が認めた国産ワイン」という本が発売になりました。

 この本は山梨大学ワイン科学研究センター教授の
柳田藤寿さんが著した本。
柳田さんは国産ワインコンクールの審査員もされており、
当然国産ワインにも造詣が深い方。

 内容を見てみると、
どちらかと言えばワイン初心者向き。

 目次を見ると

  第1章 国産ワインの基礎知識
  第2章 もっと知りたいワインのこと
  第3章 国産ワインと料理のマリアージュ
  第4章 日本のワイナリー探訪
  第5章 上手な国産ワインの選び方
  第6章 もっとおいしいワインの飲み方
  第7章 厳選・おすすめ国産ワイン42
  第8章 データでわかる国産ワインの状況

という内容。

 これから国産ワインを飲んでみようという方にオススメの1冊です。

sekaiga_motometa_l.jpg

世界が認めた国産ワイン
山梨大学ワイン科学研究センター教授 柳田藤寿著
ぶんか社
1,575円

[PR]

by bacchusmarket | 2010-09-27 21:09 | 書籍

日本のワイナリーに行こう2011発売

 かねてより発売が待ち遠しかった、
「日本のワイナリーに行こう2011」が今日発売になりました。

 「日本のワイナリーに行こう」は今回で4号目。
日本のワイナリーの案内本としては
カラーページの多さや編集内容の丁寧さなど、
いろいろ案内本がある中でNo.1ではないでしょうか。

 前号の「日本のワイナリーに行こう2009」が
売り切れとなってから半年あまり、
お客様からの問い合わせもたくさんあり、
出版元のイカロス出版のホームページを見ると、
当初の発売予定は6月の下旬。

 電話で問い合わせてみると、
出版予定は7月16日頃と言う。
そこで、発売になったらすぐに送ってくれるように依頼。

 7月中旬が終わり、
下旬になってもいっこうに発売の気配が無かったのが
今日前触れもなく夕方になって本が到着したという次第。

 早速梱包を解いて本を取り出してみるとずっしり重い。
前号が186ページだったのに対し214ページと
ページ数で15%増し。

 まだ内容を詳しくチェックしていないので、
判断することはできませんが、
期待が持てそうです。

 日本ワインの愛好家にとっては
必携の1冊です。

b0287739_1084067.jpg

日本のワイナリーに行こう
石井もと子監修
イカロス出版
1,800円

[PR]

by bacchusmarket | 2010-07-27 19:07 | 書籍

「ワインツーリズム」って聞いたことありますか?

 最近盛んに宣伝をしている映画、「サイドウェイズ」をご存知ですか。
試写会を見た後このコラムでも書きましたので、
お読みになった方もいらっしゃるかと思います。

 「サイドウェイズ」は中年男二人が
カリフォルニアのワイナリーを珍道中する話ですが、
この「ワイナリーめぐり」がワインツーリズム。
と言っても、大型バスで乗り付けて試飲をしたり
お土産を買ったりするのはワインツーリズムとは言えません。

 ワインの産地を巡り、
地元の食材を使った食事をしながらワインを飲んだり、
ぶどう畑を見たり、ワイナリーのオーナーと交流しながら
ワインを楽しむというのが、ワインツーリズムなのです。

 ワインツーリズム発祥の地はカリフォルニア。
小さくても高品質のワイナリーが門戸を開放し、
ワイナリーのオーナー自ら訪れる消費者にワインの説明をし、
自分たちのワインを買ってもらうようにし始めたのが始まりだとか。

 このワインツーリズムはオーストラリアや南アフリカといった
ワインの新興国であっという間に広まり、
いまやフランスやイタリアといったワインの伝統国でも
ワイナリーが門戸を開放し始めたのです。

 そうした中で、日本はワインにおいても世界に遅れをとっていますが、
ワインツーリズムも、ワイナリーの整備が進んでいないのが実情。

 そこで、「ワインツーリズムをしようよ。」ということで出版されたのが、

b0287739_174254.jpg


  飲む!知る!歩く!日本版「ワインツーリズム」のすすめ
  石井もと子著
  講談社 (1,470円税込)

 石井さんは国産ワインに造詣が深く、全国のワイナリーを回っているので、
もっとワイン愛好家に日本のワインを知って欲しいと書かれたのが
この本です。

 全国の厳選された61ワイナリーの、歴史、哲学、畑の見どころ、
周辺の観光スポットまで、ワインツーリズムに必要な情報満載。

 この本を片手に、「サイドウェイズ」を楽しんでみませんか。

[PR]

by bacchusmarket | 2009-10-21 23:10 | 書籍

ワインを飲みたくなる本

 昨年の6月8日、日本のワインに大変貢献されていた方が急逝されました。
その方のお名前は富永敬俊さん。享年53歳でした。

b0287739_173272.jpg


 富永さんは、ボルドー第二大学醸造学部で博士になった唯一の日本人。
ここ数年、山梨産の甲州ぶどうを使ったワインに、
柑橘系の香りを持つものが多くなってきましたが、
このアロマを持った甲州ワインは、
富永博士なくしてはありえなかったのです。

 甲州の柑橘系の香りは、メルシャンで偶然発見され、
メルシャンと富永博士との共同研究によって香りが出てくる過程が
科学的に解明されました。

 そしてそれがメルシャンから一般公開されたため、
山梨県内の他のワイナリーでも同じような香りを持ったワインが
一斉に発売されるようになったのです。

 甲州の香りの解明に多大な貢献をした富永博士の生い立ちから、
甲州とのかかわり、そして香りの解明に至る過程など、
日本ワインファンにとって非常に興味深い内容の本が発売されました。

b0287739_17327.jpg


 「甲州のアロマ ボルドーでワインの香りに人生を捧げた富永敬俊」
  王禅寺 善明 著
  ヴィノテーク社 
  1,575円

 この秋、ワインを飲みながら読むのに最適な1冊です。

[PR]

by bacchusmarket | 2009-10-09 23:10 | 書籍

ワインのクイズ本発売!

 ワインのうんちくと言うと、ワインの教科書に出てきて、
丸暗記しないといけないようなことばかりのような気がしますが、
どんどん読み進みたくなるような、
ワインのトリビアを集めた本が発売になりました。

 その名は

   クイズでワイン通
    葉山考太郎著 講談社 1,470円(税込)

b0287739_2173552.jpg

 内容は、初級編、中級編、上級編、師範級と
だんだん難しくなる問題が全部で101問。

 1本のワインは、何房のぶどうでできる?

 飲むと愚かなことをいってしまうワインは、ボルドー? ブルゴーニュ?

 シャンパンのロゼが高価なのはなぜ?

 鳥害に悩まされるブドウ園。鳥は、白ブドウと黒ブドウどちらが好き?

と、教科書に書いていないような、クイズばかり。

 みんなでワインを飲むときに、この問題を出し合ったりすれば
盛り上がること間違えなしです。

[PR]

by bacchusmarket | 2008-08-01 14:08 | 書籍

新ワイン雑誌創刊!

 創刊といっても、既に2月に創刊されているので
半年も経ってしまったのですが、
山梨県の「ワインツーリズム」をテーマとした雑誌が
創刊されました。

 名前は、「br」。
ワインツーリズム山梨という団体が発行、
年に3回発行の予定で、
現在第2号まで出ています。

b0287739_215575.jpg

 内容は第1号が

  機山洋酒工業、原茂ワイン、シャトー酒折ワイナリー

を、第2号が、

  金井醸造場、ダイヤモンド酒造、丸藤葡萄酒工業

を特集、また、秋発行予定の第3号では

  旭洋酒、シャトレーゼ勝沼ワイナリー、フジッコワイナリー

が特集されるようです。

 編集にデザインをやっていた方が関わっているので、

b0287739_2155866.jpg

このように写真の取り方や、ページのレイアウトが
大変オシャレ。

 山梨方面へ、ワイナリーツアーに出かける予定がある方
必携の雑誌です。

 購入はワインツーリズム山梨のホームページからどうぞ。

[PR]

by bacchusmarket | 2007-08-14 21:08 | 書籍

今までありそうでなかった本が出版されました

 ワインのことについて書かれた本はいろいろあるのですが、
ワインを分類する場合ほとんどの本では、
国や地方別に解説されているのはご存知のとおりです。

 それが、今度出版された、

   今日はこのワイン!―24のブドウ品種を愉しむ
       日本放送出版協会 野田 幹子【著】 735円(税込)

は、そのタイトルのとおりワインを赤白各12ずつ、
24のぶどうの品種ごとに解説しているのです。

 ぶどう品種ごとの違いを見つけるのは、
慣れない人には至難の業。
たくさんのワインをぶどう品種を意識しながら飲み続けないと、
なかなか品種ごとの味を見分けるのは困難です。

 それにしてもこの本はその違いを丁寧に解説してくれており、
ワインの勉強をしている人にも、
これからワインを飲んでみたいと思っている人にも
まさに救世主と言えます。

 皆さんもこの本を読んで、ぶどう品種に強くなりませんか。

[PR]

by bacchusmarket | 2006-12-07 12:12 | 書籍