カテゴリ:スイーツも好きなんです( 49 )

だんごの輪島@国分寺

 所要で国分寺方面へ行ったとき、偶然見つけたお店。
以前より、輪島功一が国分寺で
団子屋さんをやっているという話は聞いていましたが
どこにあるのかは知りませんでした。

 場所は国分寺駅北口を出て、
100m弱左へ行った左側にありました。

dangono_wajima_1.jpg

 丁度、中秋の名月の日でしたのでちょっと覗いてみると、
1年にこの日だけ作るという、
月見団子にあんこが入ったお持ちを試食させてくれます。
それを食べたところ、もちが柔らかくてうまい。
そこでそのあんこ入り月見団子15個(550円)を購入。

dangono_wajima_2.jpg

 これが月見団子。

dangono_wajima_3.jpg

 とりあえず、月見団子の形に積み上げてみました。

dangono_wajima_4.jpg

 これに黄な粉を掛けて食べます。
この写真は黄な粉を掛けてから時間がたったため
湿ってしまっています。

 それにしても、ボクシングの輪島とは全くイメージが異なる、
バランスの取れたスイーツ。

 また国分寺方面の用事があったら
買ってみたいと思います。

  ◆だんごの輪島◆
  東京都国分寺市本町4-1-11
  Tel: 0423-23-1611
  営業時間:9:00〜18:00
  定休日:月曜、ほかに不定休あり

[PR]

by bacchusmarket | 2010-09-23 20:09 | スイーツも好きなんです

豆源@麻布十番

 麻布十番へ行く用事があると、
つい寄りたくなってしまうお店が「豆源」。

 そこでいつも買ってしまう定番のお菓子が、

b0287739_1092739.jpg


店頭でいつもつくっている煎りたてなんきん豆のお特用袋。

b0287739_1092731.jpg


 商品名は黒い方が「出世豆」、白い方が「南京糖」と呼び、
ピーナッツに黒砂糖、白砂糖をまぶしたもの。
店頭でいつも実演をしていて、そのお特用袋がそそるのです。

 南京糖の方はお菓子感覚、
出世豆の方は少し味が濃いので、酒のつまみにも。

 小腹がすいたときにつまみ出すと
あとを引いてどうしても食べ過ぎてしまう一品です。

  ◆豆源本店
  東京都港区麻布十番1-8-12
  Tel: 03-3583-0962
  営業時間:10:00〜20:00
  定休日:火曜不定休

[PR]

by bacchusmarket | 2010-09-13 20:09 | スイーツも好きなんです

はらロール@府中市栄町

 青葉台のはらドーナッツについて書いたら、
府中の明星学園の前にその姉妹店のはらロールができるとの情報を得て、
開店初日(8月14日)の開店直後に行ってみました。

b0287739_1085636.jpg


 私が到着したのが10:00開店の20分後。
既にこんなに列ができていました。
そして5分くらい経過すると店の中からスタッフが出てきて、
前の人から順に注文をとる。

 だんだん私のほうまで近づいてきたと思ったら、
最初に並んだ人とたちのまとめ買いが多かったのか、
私の前の人でなんと用意したものが売り切れ。
私は家から近いのですぐにあきらめたのですが、
私の後ろに並んでいた数人の方はずいぶんごねていたようです。
 
 仕切りなおしで翌週、
近くのたまぞうでラーメンを食べた帰りに寄ってみると、

b0287739_1085635.jpg


今度は買い物をしている人が一人のみ、
問題なく買うことができました。

 府中のはらロールは工場の直売店とのことで
普通のお店でカットが320円〜350円するところが280円、
ホールが1,200円のところ、1,000円で買うことができます。

 何を買ったら良いか分からなかったので、
一番の定番と思われる「はらロール」の白巻きと青巻きを
1個ずつ買ってみました。

 パンフレットによると白巻きは豆乳に北海道産の練乳と
藤原養蜂場のあかしあ蜂蜜を加えたまろやかな甘みのケーキ、
青巻きは、原とうふ店の豆乳を際立たせるため余分なものを一切入れず
豆乳本来の美味しさを活かした軽めのヘルシーなケーキとあります。

b0287739_1085729.jpg


 クリームいっぱいのケーキでどちらかといえば苦手な方なんですが、
このロールケーキはペロっといってしまいました。
写真を撮ったときにはわかっていたのですが
どっちが白巻きでどっちが青巻きかわかりません。

 東京で府中以外では表参道でしか買うことができないはらロール
工場直売価格で飼うことガできるので利用価値は大きそうです。

  ◆はらロール
  東京都府中市栄町2-1-18
  Tel: 042-367-6388
  営業時間:10:00〜売り切れ

[PR]

by bacchusmarket | 2010-08-24 19:08 | スイーツも好きなんです

リリエンベルグ@新百合ヶ丘

 父が入居する横浜線中山駅近くの施設に通うようになってから
通りようになった町の一つ、新百合ヶ丘。

 新百合ヶ丘を通るとどうしても寄りたくなるのが、リリエンベルグ
相変わらずの出店要請を断り続けているのでしょう、
新百合ヶ丘のお店でしかリリエンベルグのスイーツは買うことができません。

 さて今回買ったのは、桃のスイーツ二つ。
一つは

lilien_berg_2.jpg

桃のケーキ(500円)。
これは桃をたっぷりと使ったショートケーキ。
これも美味しいのですが、更に上を行くのが、

b0287739_1084718.jpg


パイの中はシュークリームで有名なリリエンベルグのカスタードクリーム、
そしてその上に桃の半身が丸ごと載っています。

 どちらも物そのものが大変美味しい上に、
パイの方の桃をそのままかぶりつく食感は最高。
リリエンベルグが桃を使ったスイーツを造ると
ここまでレベルの高いものができるのかと脱帽です。

 もう少し涼しい季節になってきたら、今度はモンブランを買おう。

  ◆リリエンベルグ
  川崎市麻生区上麻生4-18-17
  Tel: 044-966-7511
  定休日:第1,3月曜日、毎週火曜日
       8月16日(月)から31日(火)まで連休
  営業時間:10:00〜18:00

[PR]

by bacchusmarket | 2010-08-10 19:08 | スイーツも好きなんです

賣茶翁@仙台市青葉区

 「仙台で和菓子を買うんだったら絶対ここ」
と言う情報をツイッターで仕入れ、
仙台に住んでいる息子に今度帰るときに何か買って来いと指令。

 何しろ隠れ家的なお店だそうで、
電話番号も公開していないという事を聞くと
なおさら食べてみたくなりませんか。

 そして息子が買ってきたのが、
店の中でも一番安い方でないかと思われるどら焼き。

 といっても調べてみるとこのどら焼きは人気商品のようで、
1日に60個とか65個とかしか作らず、売り切れ必至。
と言うことは入手できたのはラッキーだったと言うこと?

b0287739_1084112.jpg


 大きさ、色は普通のどら焼きとほぼ同じ。
切ってみると、

b0287739_1084150.jpg


皮は少々厚めで、餡はつぶ餡。

 食べてみると、餡子がうまい。
柔らかめで甘さを控えた皮とのバランスが抜群。
抹茶と一緒に食べるを美味しそうでしたが、
残念ながら家に無かったため、緑茶で食べました。

 今度は別のものを買ってこさせよう。

  ◆賣茶翁◆
  宮城県仙台市青葉区春日町3-13
  営業時間:9:00〜18:00
  定休日:毎月1日・16日

[PR]

by bacchusmarket | 2010-07-31 18:07 | スイーツも好きなんです

うろこや@山形県尾花沢市

 銀山温泉で宿泊した能登屋旅館で、
部屋へ通されたときに出された茶菓子が大変美味しかったので、
お土産にしようと帰りがけにどこのお菓子か聞いたところ、
尾花沢市のお菓子屋だということで、寄ってみました。

b0287739_1072671.jpg


 私は街の和菓子屋さんを想像していたのですが、
着いてみると広い駐車場を持つ大変大きな建物、
この写真に写っているのは建物全体の半分くらいです。

 建物の左側の駐車スペースには
従業員のものと思われる車が数十台停まっていました。
写真のガラス張りの部分が店舗になっており、
他のところはどうもお菓子工場のようです。

 店に入ってみると、前日能登屋旅館で食べたお菓子等の和菓子以外に
それと同じくらいのスペースの洋菓子売場もあってビックリ。
和菓子とケーキを同じお店で売っているのです。

 おそらくこの「うろこや」は尾花沢市でも優良企業の一つで、
市民の憩いのお店であると同時に
大きな雇用を生み出しているのでしょう。
県内に支店が5つあります。

b0287739_1072675.jpg


 さて、こちらが私が気に入ったお菓子の、
「古代米大福 ずんだ餡」。

b0287739_1072668.jpg


 周りの黒い部分は古代米・黒米を大福の記事に練りこんだ黒米餅。

b0287739_107267.jpg


 そして中から現れるのは、
だだちゃ豆の産地で知られる、
山形県庄内地方産の枝豆を使った”ずんだ餡”。

 このずんだ餡の枝豆の香りが大変良く、
今までに経験したことがない味わいでした。
調べてみると、このずんだ餡にはクリーミーさを出すために
生クリームも混ぜてあるとのことです。

 山形土産に是非オススメの一品です。
またお取り寄せもできるので、興味のある方は是非お試しを。

  ◆うろこや
  山形県尾花沢市尾花沢1487-1
  営業時間:9:00〜19:30
  定休日:無休

[PR]

by bacchusmarket | 2010-05-28 14:05 | スイーツも好きなんです

リンデンバウム@日吉

 横浜の日吉の住宅街を車で走っていたら、
お店の中に円筒形のものが何本も
横に寝かせて陳列してある店が。

 車を停めて行ってみると、
案の定その円筒形の物体はバウムクーヘンでした。

 私は今までカットする前のバウムクーヘンを見た経験は、
大阪の阪神百貨店内、クラブハリエのみ。
まさか横浜の、それも駅から離れた昔からの住宅街に、
バウムクーヘンを製造販売しているお店があることにびっくり。

b0287739_107994.jpg


 早速、1個ゲット。

b0287739_107977.jpg

1,000円(直径約15cm、厚さ約24mm)

b0287739_1071029.jpg


 家へ帰って早速食べてみると、
味は普通に美味しい。
家の近くにこのようなお店があれば、
いろいろなお土産に使えそうです。

  ◆リンデンバウム
  横浜市港北区下田町4−7−15
  Tel: 045-562-3928
  営業時間:9:30〜20:00
  定休日:第三水曜日(繁忙期は除く)

[PR]

by bacchusmarket | 2010-05-04 19:05 | スイーツも好きなんです

パティスリー・ドゥ・シェフ・フジウ@高幡不動

 バレンタインのお返しを買いに
京王線高幡不動の「パティスリー・ドゥ・シェフ・フジウ」へ。
今回の目的は

b0287739_1062952.jpg


藤生さんのスペシャリテ、ソーシソン(ソーセージ)。
レーズンと杏ジャムを入れたバームクーヘンに似たロールケーキです。
1週間くらい日持ちがするので、ギフトに最適。

 そして、自宅用には

b0287739_1062955.jpg


シュークリーム(180円)。
藤生さんのシュークリームを食べるのは今回初めてでしたが、
シューは結構しっかりとした食感で、塩気も効いています。
そしてクリームはカスタードに生クリームが半々くらい(?)。

 このクリームはなんだろうと考えながら食べていたら、
分からないうちに全部食べてしまいました。

 たいへんおいしいシュークリームに間違いありませんが
でもせっかく高幡不動まで行ったら、
他に買いたい生菓子がたくさんあるので、
次回はこのシュークリームは買わないかも。

 ところで、前回いつ行ったかを調べてみたら、
丁度3年前の同じ目的、同じタイミングでした。
私も進歩がないなぁ。

  ◆パティスリー・ドゥ・シェフ・フジウ
  東京都日野市高幡17−8
  TEL.042-591-0121 FAX.042-594-3332
  営業時間: 8:00〜20:00
  定休日:無休

[PR]

by bacchusmarket | 2010-03-13 19:03 | スイーツも好きなんです

レナーズ@横浜ワールドポーターズ

 前から一度食べてみたいと思っていた「マラサダ」を
ようやく買うことができました。

 場所は横浜ワールドポーターズ。
マサラダだけを買うのに駐車場へ入れるのは面倒なのですが、
昼間は交通量が多くて路駐もできない。

 先日たまたま、夜に横浜ワールドポーターズの近くへ行く用事があり、
息子に車の中で待っていてもらってついにゲット。

b0287739_1062842.jpg


 このお店jは休みの日には大変な行列ができると聞いていましたが、
平日の閉店間際はこのようにガラガラ。
好きなように買うことができました。

 マラサダはシュガーとシナモンシュガーの2種類。
もともとはポルトガルのお菓子だったものが、
ハワイに渡って根付いたものだそうです。

 私がこのマラサダを知ったきっかけは
倍賞千恵子が日系人のかわいいおばあさんを演じる映画、
ホノカアボーイ。

 映画の中でやはり日系人の松坂慶子が
自分でつくって売っていたのがこのマラサダ。

 映画もほのぼのとして良い映画だったのですが、
甘い物好きの私はどうしてもこのマラサダを忘れることができませんでした。

 それを日本でも変えることができるを知り、
ようやく手に入れたというおはなし。

 さて、お店へ行ってみると、
「今日はお一人様12個まで。」というようなメッセージ。
きっと休みの日にはまとめ買いをする人がたくさんいるのでしょう。

 私はシュガーとシナモンシュガーを
家族の数、3個ずつ購入。1個150円。

b0287739_1062933.jpg


 見た目はちょっと見アンドーナッツ。
食べてみると大変軽く、もちもちとした食感。
人気の理由がわかります。

 話は変わりますが、私は30年ほど前、1年半ほどハワイに住んでいました。
当時、日本から来た観光客に人気のパン屋さんのスイーツは、
キング・ストリートにあった「キングス・ベーカリー」のスイートブレッド。
残念ながらこちらのお店は閉店してしまったようです。

 マラサダのレナーズもその当時あったはずですが、
私のアンテナには残念ながら引っかかりませんでした。

 いずれにしても私の第2の故郷とも言える
ハワイのスイーツが日本で手に入るのは
大変喜ばしいことです。

  ◆レナーズ◆
  横浜市中区新港2-2-1 横浜ワールドポーターズ 1F
  Tel: 045-222-2172
  営業時間:10:30〜21:00
  定休日:なし

[PR]

by bacchusmarket | 2010-03-10 21:03 | スイーツも好きなんです

堂島ロール

 先日、巷(ちまた)で話題の堂島ロールを食べることができました。

b0287739_1062542.jpg


「アバター」を川崎のラゾーナ川崎へ見に行ったとき、
やけに列ができている店があるなと思ったら、
そこが堂島ロールを販売する「モンシュシュ」でした。

 食べてみると、スポンジがふわふわして、
中の生クリームが絶妙。

 家族3人で1本(1,200円)をあっという間に平らげてしまいました。

 食後の感想として、確かに美味しいけれども、
1度食べれば十分かも。

[PR]

by bacchusmarket | 2010-02-26 23:02 | スイーツも好きなんです