甲府富士屋ホテル@甲府市湯村温泉郷

 国産ワインコンクール公開テイスティングへ通い始めて、
今年で7年目。
飲んだ後、東京まで帰りたくないので、
毎年石和温泉に宿を取っていました。

 ただ、石和温泉は確かに近くにありますが、
甲府から電車に乗って石和温泉まで行かなければなりません。
その上、せっかくコンクールをやっている会場がホテルなので、
あえて石和温泉まで移動する必要はないのではないかということで
今年は会場の甲府富士屋ホテルに宿を取りました。

 実際宿を取ってみての感想は、なんと言っても楽。
今まででしたら石和温泉まで車で行き、宿に車を預けて甲府へ移動。
更に甲府からバスで会場へ行っていたのが、
会場にそのまま車で行ける。
そして飲んだ後もそのまま寝ることができる。

 やはり、これだけの利便性を上回る魅力は
石和温泉にはなさそうです。

 国産ワインコンクールは16:00に終わり、食事の時間が18:00なので、
チェックインの後はひと寝入り。

 夕食はレストランが3つあり、和食、中華、鉄板焼から選べるので、
今回は鉄板焼のKEYAKIへ。

fujiya_1.jpg

 レストランへ着くと、窓からは夕暮れの甲府の町の向こうに富士山が。

fujiya_2.jpg

 まずは前菜。
この前菜を食べている間に、
シェフは大量の油でスライスしたニンニクをフライにします。
鉄板の上でも油が多ければフライができるのを初めて見ました。
フライにしたニンニクと使った油は分けて後で使うためにとって置きます。

fujiya_3.jpg

fujiya_4.jpg

 魚2種。
付け合せの野菜が新鮮でその組み合わせが美味しい。

fujiya_5.jpg

 肉はサーロインかフィレを選べるのですが、
妻と私で両方を頼んでシェア。

fujiya_6.jpg

 こちらはニンニクをフライにしたときの油を使って炒めた
野菜炒め。

fujiya_7.jpg

 絶品だったのがこちら。
やはりニンニクをフライにした油を使ってまず玉子とご飯を炒めます。
それにフライニンニクを砕いたもの、タマネギ、椎茸、
ひき肉等を入れて作ったニンニク炒飯。
800円の追加料金が必要でしたがこれは正解。

 この後デザートとコーヒーが出ましたが
別室のバーコーナーで食べたため暗すぎて写真はなし。

 夜食べるにはかなりハードな内容ですが、
大変美味しくいただきました。
ちなみに食事のお供は、ワインではなく生ビールでした。

fujiya_8.jpg

 翌日の朝食はビュッフェスタイル。
こちらは日本の宿には良くあるスタイル。
ただ、ドレッシングがかかっていて良く見えませんが、
サラダの野菜の種類が豊富だったのに好感が持てました。

 なお、温泉で大切な風呂はホテルの大きさに対し少し小さめ。
のんびりと人のことを気にせず、
ゆっくりと湯船につかることはできません。
かと言って窮屈すぎるようなこともなく、
バスタオルの材質も申し分なく、及第点です。

 このブログを書くのに、ホームページを調べてみると、
私は知らなかったのですが、甲府富士屋ホテルは
箱根の有名な富士屋ホテルと同系列。

 設備やサービスのレベルが高いのに納得でした。
来年の国産ワインコンクールの宿もここで決まりです。

  ◆甲府富士屋ホテル
  山梨県甲府市湯村3-2-30
  Tel: 055-253-8111

[PR]

by bacchusmarket | 2010-09-01 19:09 | 温泉&ワイナリー

能登屋旅館@銀山温泉

 今回山形へ行ったもう一つの目的は、
東北の人気温泉地ランキングで常に上位を維持し、
予約も取りにいと言う銀山温泉の、
銀山温泉が紹介されるときに常に写真で出てくる、
能登屋旅館に泊まること。

 実は今回の山形行きはこの能登屋旅館の予約が先、
7月からメンテナンスのため半年ほど閉めてしまうので、
その前に泊まれる最後のチャンスと言うことで、
ほとんど選択肢がなく、日程が決まりました。

 銀山温泉へは、東北自動車道村田ジャンクションから山形道に入り
山形北インターで下りて国道13号を北上約40キロで尾花沢市に入り、
そこを右折して銀山温泉まで約15キロ。
交通の便があまり良くないところが、
温泉の雰囲気作りに貢献しているようです。

 さて、尾花沢から銀山温泉までの道はいくつかあるようですが、
道路標識に従って走っていたら突如湖が出現。

notoya_1.jpg

 この湖は徳良湖というのだそうで、
行ったゴールデンウイーク翌週の週末には
このように湖を横断するように鯉のぼりが泳いでいました。

 銀山温泉はそもそも江戸時代に銀山の湯治場として始まったようです。
大正時代に洪水がありほとんどの温泉宿が流出。
その後昭和の始めに木造3層、4層の現在の町並みができたのだそうです。

 銀山温泉は温泉街に一般車両は進入禁止。
手前の宿の駐車場に車を置いて、
歩いて宿に向かいます。

 目指す能登屋旅館は温泉街の一番奥にありました。

notoya_2.jpg

 木造4階建て、堂々とした建物です。

 チェックインのあと、夕食までちょっと時間が合ったので、
奥にある銀鉱洞まで遊歩道が続いているということなので
散策に出かけましたが途中で雪に阻まれて断念。
紅葉の時にはさぞかしきれいだろうと想像されます。

 ちなみに夕食の時間は何時までということなく、
こちらの希望にあわせてくれるところがグッド。

 宿に戻ってから、夕食までの間に風呂へ。
ふろは源泉掛け流しだそうですが、とにかく熱い。
説明書きを読むと、源泉の温度は60度以上のようでした。
そのため、露天風呂で足湯をしていて体が温かくなります。

notoya_3.jpg

notoya_4.jpg

notoya_5.jpg

notoya_6.jpg

notoya_8.jpg

 料理はあまり期待はしていませんでしたが、
地元の食材を使ったものばかりで大変美味しい。
また、今までいろいろ宿に泊まった経験の中で、
食事中に女将が挨拶に来てくれたのは初めて。
いろいろ、建物や歴史についてのお話を伺うことができました。

notoya_7.jpg

 合わせたお酒はまだワイナリーへ行く前だったので、
酒田のお酒、初孫純米本辛口 魔斬(まきり)。

notoya_9.jpg

 食後はもう一度温泉街を散策。
大変寒いのですが、夜景がきれいなので宿でコートを貸してくれます。

notoya_10.jpg

 そしてこちらが朝ごはん。
朝も、ご飯その他のおかずがいちいち美味しく
全部平らげてしまいました。

 最後、チェックアウトをしているとき「加納さん」と呼ばれて振り返ると、
今度は大女将と思われる方がこれをどうぞと渡されたのが

notoya_11.jpg

昔懐かしい味のする、ミルキーに近い味の飴。
これも山形県のお菓子です。

 どうしても泊まってみたかった能登屋旅館に泊まってみて、
やはり泊まって良かったというのが感想です。
大変暖かいサービス、そして対象ロマンを感じさせる雰囲気。
お勧めの1軒です。

  ◆能登屋旅館
  山形県尾花沢市大字銀山新畑446
  TEL.0237-28-2327

[PR]

by bacchusmarket | 2010-05-26 20:05 | 温泉&ワイナリー

かやの家@奥秩父

 今回秩父ワインを訪れたもう一つの目的は温泉。
これから忙しくなるので、その前にちょっと温泉に浸かって
英気を養おうというのです。

 そこで今回探したのが「日本秘湯を守る会」の会員宿。
この、日本秘湯を守る会の宿は、
名前の通り秘湯ばかりで雰囲気があり、値段も手頃。

 3年間に10軒の宿に泊まってスタンプを集めると、
その中のお気に入りの1軒に
また泊まることができるという楽しみがあります。

 秩父方面で探すと、秩父ワインから秩父市へ抜ける山間部の
柴原温泉にある、かやの家という宿が便利そう。

 かやの家は、秩父ワインから車で30分弱。
小鹿野の町を抜け山道をちょっと入ったところにある
客室13室の小ぢんまりした宿。

 到着して人風呂浴びた後、早速食事。
この宿は最近の宿としては珍しく、
食事は食堂ではなく部屋まで運んでくださいます。

◆ 先付 菊花お浸し
◆ 前菜 独活きんぴら・柿白和え・いちじく・百合根茶巾・山女魚卵おろし
◆ 向付 岩魚・針葱 妻いろいろ
◆ しのぎ 栗ごはん
◆ 吸物 胡麻豆富

kayanoya_1.jpg

 料理は正直言ってあまり期待していなかったのですが、
地元産の季節の食材を使って、丁寧につくられており、
美味しいものばかり。

 また、テーブルの上で固形燃料で暖めて出すようなものもなく、
温かい料理は全て厨房で作ったものを
冷めないうちにすぐに部屋に持ってくるのには関心です。

◆ 焼物 秩父岩魚塩焼

kayanoya_2.jpg

 ちなみに合わせたお酒は、お土産にいただいた、

kayanoya_3.jpg
源作印 甲州樽貯蔵 2002

 今、2002年の甲州を持っているつくり手はそれほど多くないと思いますが、
この甲州は、熟成して味が程良くこなれており、
この、地元産の食材を使った料理との相性は抜群。

◆ 煮物 とっちゃなげ(郷土料理)

kayanoya_4.jpg

kayanoya_5.jpg

「とっちゃなげ」とは、「取っては投げ」という言葉から来ているとのことで
すいとんの様な料理。
特に中に入っていた、地鶏が味があって大変美味。

 また、この厚揚げは、武州日野の駅前の豆腐屋さんが作っている
そば入り豆腐を揚げたものとのことで、そばの香りがして面白い。

◆ 箸休め 龍勢カボスのムース

kayanoya_6.jpg

 カボスは大分でしかできないのかと思っていたら、
地元でもできるようです。

◆ 揚物 山里の天婦羅 
  しゅうかいどう・秩父きのこ・いのこづち・南洋春菊・いたどり・舞茸等季節の素材5品

残念ながら写真がありません。
全て塩で食べたのですが、
特にきのこが絶品。

◆ 酢物 独活・胡瓜・芋茎

 そして仕上げは、通常だと雑炊になるのだそうですが、
500円プラスして、新そば。

kayanoya_7.jpg

kayanoya_8.jpg

 この料理は、本当に嬉しい誤算でした。

 さて、風呂は

kayanoya_9.jpg

kayanoya_10.jpg

このように湯船、床、壁、天井等が全て榧(かや)の木でできています。
榧の木は古くより碁盤などに使われているのだそうで、
榧の木を使った風呂は古来より高血圧、中風の予防になるとのこと。
恐らく宿の名前もここから来たのでしょう。

kayanoya_11.jpg

 露天風呂からの景色も中々です。

kayanoya_12.jpg

 朝食も基本的に地元の食材を使った料理のみ。
ご飯が美味しく、お代わりをしてしまいました。

 泊まる1週間ほど前に予約を入れて
急に行って泊まった宿としては、大正解の宿でした。

 秩父ワインへ行く折には、是非ここで1泊することを
お勧めします。

  ◆かやの家
  埼玉県秩父市荒川小野原1009−1
  Tel: 0494-54-1192

[PR]

by bacchusmarket | 2009-11-12 21:11 | 温泉&ワイナリー

糸柳@石和温泉

 国産ワインコンクールの公開テイスティングの後は
石和温泉で宴会と言うのが毎年のお決まりのコース。
いつも泊まる宿は糸柳と決まっています。

 と言っても、
去年は団体が入ったとかで全く予約を取ることができず、
別の糸柳よりも値段の高い宿に宿泊したところ、
ただゴージャスなだけでサービス面ではそれほど大したところが無く、
結局今年は早いうちから糸柳に予約を入れて泊まったという次第。

 糸柳の良いところは、石和温泉の駅から近いこと。
いつも、車で糸柳まで行き、そこに車を預けて
電車で甲府の公開テイスティングの会場へ。

 そして公開テイスティングの後は電車で戻り、
宿で風呂に浸かった後宴会。
翌日は車でワイナリーめぐり。
と言うことができる、便利な宿なんです。

 さて、以前糸柳についてはお風呂のことを書きましたが、
今回は食事編。

b0287739_2175347.jpg

 これが夕食のセット。
一通りのものが出てくるのですが、
今回のヒットは左上の釜です。

 この釜は穴子の釜飯になっており、
いい頃合いになると仲居さんがしたの燃料に火をつけてくれて
燃料が燃え尽きる頃に炊き上がる仕掛けです。

b0287739_2175336.jpg

 こちらが炊き上がり。
これは美味くて、私の分だけでなく、
妻が残した分まで食べてしまいました。

 ちなみに、甲府で買ったワインを2本持ち込みましたが、
持ち込み料を取られることはありませんでした。

 なお、朝食はバイキング形式ですが、
こちらも卵焼きをその場手やいてくれたり、
フレッシュジュースをジューサーで作ってくれたりと、
色々工夫を凝らした食事で、
思わず食べ過ぎてしまいます。

  ◆石和名湯館 糸柳
  山梨県笛吹市石和町松本1183
  TEL:055-262-3141

[PR]

by bacchusmarket | 2008-09-06 21:09 | 温泉&ワイナリー

黒川温泉@熊本県

 九州ワイナリーツアーをしていて
一番楽しみなのが温泉。
車で走っていると、そこかしこに温泉があります。

 その中でも是非とも行ってみたかったところが
全国温泉人気No.1と言われる黒川温泉
行ってみたいと言っても、宿を取るのが大変で、
なかなかいい宿が取れないそうなのですが、
今回九州へ行ったツアーでは、
ツアーで選べる宿の中に黒川温泉が入っていたので、
その宿を予約しました。

 予約した宿は「瀬の本館夢龍胆(ゆめりんどう)」。
到着してみると、この宿は国道442号線から折れて
黒川温泉に入る、入口にある宿で、
黒川温泉の中心まで歩いていくには結構時間が掛かる。
そのため、到着した夜はそのまま宿で過ごすことになりました。

 宿としては標準的な日本旅館で、食事、風呂ともに中の上。
宿の中で過ごす限りは黒川温泉のどこが人気なのか
わかりません。

 翌日熊本へ向けて出かける前に
黒川温泉をしばし散策。






 こんなところが黒川温泉の標準的な風景だと思いますが、
川を挟んで両側に宿があり、
宿の色が、茶色の土壁と、こげ茶色の屋根で統一感があります。


これは街角での一こま。

 本当の良さがわからないままに後にした黒川温泉でした。


最後にこれは、黒川温泉で見かけた、コカコーラの自販機。
コカコーラまで、黒川温泉の色の統一に協力しているとはさすが。

 不完全燃焼で終わりましたが、
次回は、是非中心部に泊まってみたいと思います。

  ◆黒川温泉
  熊本県阿蘇郡南小国町

[PR]

by bacchusmarket | 2008-09-02 21:09 | 温泉&ワイナリー

湯布院 玉の湯(サービス編)

 高級旅館の高級たるゆえんはサービスにあるということが、
玉の湯に泊まってよくわかりました。

 大分に着いた日は、1日三和酒類のお世話になってしまい、
宿に着いたのが19:00頃。

 まずチェックインを暖炉のある部屋でお茶を飲みながらして、
夕食は何時までかと尋ねたところ、
「何時でもけっこうです。」との答え。

 風呂にも入らずにまず食事をしなければいけないかと
覚悟をしていたにもかかわらず、
風呂で疲れと汚れを落としてからの夕食を
楽しむことができたのです。

 また、風呂に入る前に、
「ワインをいただいてきたので夕食の時飲みたい」と言ったところ、
「冷やしてお出しいたしますので、お預かりいたします」
との答え。

 さて、夕食は部屋でとることもできたのですが、
追加料金が一人当たり6,000円だったので、
食堂へ。


 これがテーブルセッティング。
竹を削って作った箸が、木の実のついた枝の箸置きに。
なぜか箸はちょっと水で濡れています。

 料理はこれがすべてを物語っているように、
地元の材料を使った素朴な料理ばかり。
素朴といってもそれが最高に美味しい状態で提供されます。


 こちらが前菜。よくある会席料理風の料理と異なり、
このように素材重視の料理となっています。
それがほんとに美味しいものばかり。


 木をくりぬいたワインクーラーで冷やして出てきたワイン。
この当時はまだ結果が出る前だったのですが、
これが国産ワインコンクールで金賞をとった
安心院ワインイモリ谷シャルドネ2006。

 このイモリ谷シャルドネは昆布の香りが特徴で、
なんともこの玉の湯の料理との相性ぴったり。
ちなみに用意されていたグラスはリーデルでした。
その上、持ち込み料も取られなかったのにはびっくり。


 食事の締めは、安心院の特産品のすっぽん鍋。
コラーゲンたっぷりの鍋で妻は大満足。
もちろん最後は雑炊で仕上げました。

 食事が終わった頃にはかなり夜が更けていましたが、
それまでサービスをしてくださっていた仲居さんは
いやな顔を全く見せず、仕事をしてくださいました。


 こちらが朝食メニュー。
朝食は洋食、和食から選べます。

 といっても、和食を食べながら、洋食の何かを追加したり
お替りしたり、なんでも自由。

 「お客のいうことは基本的に何でも聞く」ということが
この玉の湯のサービスの基本だということが良くわかった
1泊でした。

 宿代が高くてもまた是非泊まりたいと思います。

  ◆湯布院玉の湯
   大分県由布市湯布院町湯の坪
  Tel: 0977-84-2158

[PR]

by bacchusmarket | 2008-08-20 22:08 | 温泉&ワイナリー

湯布院 玉の湯(ハード編)

 九州最初の宿は、憧れの宿、
湯布院玉の湯です。
宿泊代は今まで泊まった宿の中で恐らく一番高いのですが、
どうしても泊まりたくて、予約を入れました。


 レンタカーで行ったのですが、
宿の近くに大きい案内看板が全くなく、
入口もこのような目立たない入口だったため、
近くに来てから到着するまでに苦労してしまいました。


 門から玄関に続く道ですが、
両側は、完璧なまでにつくり込んだ自然の庭。
ここはもともと田んぼだった場所で、
土を3m位入れ替えて土壌を改良し雑木林をつくったそうです。


 部屋は全て離れになっており、
部屋に続く廊下の片隅にも、
こんな心配りがなされています。


 こちらは大浴場。客室が18室しかないので、
風呂にたくさんの客が入ったりすくことがなく、
ゆっくりと温泉を味わうことが出来ます。

 当然、部屋にも内湯が付いており、
木の湯舟で、家の風呂の何倍もの大きさがあります。
もちろん温泉掛け流し。


 宿の前には、このように由布岳の雄大な景色が。

 こんな玉の湯、ハードだけでもこんなに素敵なのですが、
ソフト(サービス)がもっとすごい。

 ソフトのお話は次回にします。

  ◆湯布院玉の湯
   大分県由布市湯布院町湯の坪
  Tel: 0977-84-2158

[PR]

by bacchusmarket | 2008-08-18 20:08 | 温泉&ワイナリー

澤の湯@かみのやま温泉

 タケダワイナリーからほど近いかみのやま温泉には、
共同浴場が7つあるというので、
そのうちの一つ、新湯共同浴場「澤の湯」へ行ってみました。


 こちらは、表通りには面しておらず、ちょっと路地に入った場所にありました。
右側の路地の突き当たりが入口、ガラスブロックの内側、
向かって右が男湯、左が女湯となっています。


 自動販売機でチケットを買って入りますが、
入浴料が何と100円。
うれし〜い。


 こちらは内部の様子。宿の大浴場よりは大分小さめ。
水道の蛇口が5つほどあり、石鹸はありません。

 お湯に入ると、熱い。
かみのやま温泉は源泉の温度が60℃以上あるようなので、
かなりうめない熱いのです。
入浴後、熱さのため泉質のためかなかなか汗が引きませんでした。

 タケダワイナリー見学の後には是非オススメです。

   ◆新湯共同浴場 澤の湯◆
   山形県上山市新湯5-6
   Tel: 023-672-1111 (上山市役所)

[PR]

by bacchusmarket | 2007-10-10 19:10 | 温泉&ワイナリー

佳翠苑皆美@玉造温泉

 奥出雲ワイナリーへ行った後は、
玉造温泉の佳翠苑皆美に宿を取りました。

 島根県は良い温泉地がたくさんあるのですが、
地図で見て、奥出雲ワイナリーとの関係が一番良さそうなので、
玉造温泉を選んだ次第。

 宿は、ネットで一番評判が良さそうと言うことで、
この佳翠苑皆美を選びました。
ここは、ホームページの写真にもあるとおり、
115室とかなり大型の宿です。

 風呂は


屋上の露天風呂と、大浴場が男女各一つずつ。
大きい宿の割には、泊まったのが日曜のせいか
風呂が混雑するようなことはありませんでした。

 夕食は


こんなセッティング。
帰宅した後友人から教えて頂いたのですが、
松平不昧公の関連で、鱸の奉書焼、モロゲエビ、ウナギ、アマサギ、
シジミ、コイ、シラウオの宍道湖七珍に代表される名物料理があるそうで、
こちらでも、


ウナギが出てきました。

 夕食は合格の味でしたが、刺身に鮪や、いくらといった
あまり土地とは関係のないものが中心だったの残念。

 朝食はオプションの「鯛めし」を追加。
この鯛めしは、やはり松平不昧公が
そばの具と汁掛けご飯から考案した料理とのことで
皆美グループのみで味わうことができるのだそうです。


このセッティングの右側の青と白の皿が「鯛めし」の具。


ご飯の上に鯛そぼろ、卵の白身そぼろ、卵の黄身そぼろ、ねぎ、
大根おろし、わさび、海苔を載せ、最後に出しをかけて食べるのですが、
これはとにかく美味しい。
朝ご飯にしてはおかずもたくさんあったのですが、
この鯛めしを3杯も食べてしまいました。

 ちなみに皆美は銀座のニューメルサや
日本橋のコレド日本橋にレストランを出店しているので
鯛めしを食べたくなったら行くことができるのが嬉しい。

 また、夜風呂上がりにフロントで、
翌日岩見銀山へ、帰りの飛行機の時間までに
行ってこられるか質問したところ、
夜遅い時間だったにもかかわらず
交通の便が悪い島根県の乗り物を
丁寧に時間をかけて調べて下さったのが印象的でした。

   ◆佳翠苑皆美
   島根県松江市玉湯町玉造温泉
   Tel: 0852-62-0331

[PR]

by bacchusmarket | 2007-09-24 20:09 | 温泉&ワイナリー

銘石の宿かげつ@石和温泉

 国産ワインコンクール公開テイスティングの後は
石和温泉で宴会というのが毎年のパターン。

 昨年までは、糸柳という宿が
サービス、食事、風呂の3点で気に入っており定宿にしていたのですが、
今年もいつものタイミングで予約しようとしたところ、
満室で予約が取れず。

 旅行代理店でいろいろ調べてもらったところ、
この時期は混んでおり、やっと取れたのが
糸柳より格上で宿泊料も高い銘石の宿かげつ

 行ってみると、「かげつ」は石和温泉の一番中心の温泉街にあり
大変建物が立派な旅館。
銘石の宿というだけあって、建物の中、庭、風呂など
大きな石がそこここに配置されており、
お金が掛かっていることが大変良くわかります。

 また、恐らくすべての部屋が庭に面しており、
庭には池が廻り、
こんなにたくさんいるかと思うほど多くの鯉が
その池に泳いでいます。

 手入れが良く行き届いた池で、水に濁りがなく
鯉が良く見えます。
鯉の値段だけでもいくら掛かっているかわからないくらい
たくさんで、
池の手入れも恐らく大変だと思います。

 ただ、すごいのはそこまで。
これはといった温かみを感じさせるサービスもなく
料理

夕食

朝食

は、美味しいのですが、ただあまりにも普通の献立、
さすがに一流旅館に泊まったといった感動がありません。

 とにかくハードに大変お金が掛かっていることだけは
よくわかりました。
また、お金を出しさえすれば満足できる宿に泊まれるわけではない
ということが良くわかり、宿選びの難しさを実感しました。

 来年は、もっと早く糸柳に予約を入れたいと思います。
糸柳についてのブログはこちら

  ◆銘石の宿かげつ
  山梨県笛吹市石和町川中島385
   TEL.055-262-4526/4527/4528

[PR]

by bacchusmarket | 2007-08-29 23:08 | 温泉&ワイナリー