奥利根ワイナリー@群馬県昭和村(その2)

 ワイナリーがレストランを併設していて料理とワインが美味しく、
かつ景色が良いところは海外ではたくさんあるのですが、
日本では数えるほど。

 今まで行ったワイナリーではココ・ファーム(栃木県)、
原茂ワイン(山梨県)、ヴィラデスト・ワイナリー(長野県)、
サンクゼール・ワイナリー(長野県)といったところ。

 それに付け加えることができるワイナリーを見つけました。
それが先日行った、奥利根ワイナリー。
ワイナリーを案内していただいた後、
併設乗れると欄で食事をさせていただきました。

 まず驚くべきは井瀬社長。
昼時になると農作業用の服をコック服に着替えたのです。
なんと、奥利根ワイナリーのレストランは井瀬社長yが
シェフだったのです。

 メニューの写真を撮りそこなってしまいましたが、
メニューはどれも1,000円くらいと大変お手頃。

 私は地元の特産野菜を食べてみたかったので、
サーモンと野菜のクリームパスタを注文。

b0287739_1085597.jpg


 まずはサラダ。
上に載っている白いものは、飼っている牛から搾った、
ミルクを加工した、カテージチーズ。

b0287739_1085579.jpg


 スープ。

b0287739_1085556.jpg


 食べたかったパスタは野菜がたっぷりで、めちゃくちゃ美味い。

b0287739_1085566.jpg


 デザートのアイスクリームには、
ぶどうの樹の間に植わっているブルーベリーからつくった
ソースが掛かっています。

 このコースに、ドリンクバーが付いて1,000円。
これだったら、近くにあれば週に1回は通ってしまいそうです。
実際行った日も平日にもかかわらず、
地元と思われる方たちでほぼ満席。
大変人気があるのだそうです。

 さて、問題の景色は

b0287739_1085617.jpg


芝生の奥にぶどう畑が広がります。
外にテラス席をつくったら良いのではと、井瀬社長に質問したところ、
この窓際からの景色が壊れてしまうのでつくらないとのこと。
納得です。

 それでも、井瀬社長はアイデアマンで、
この芝生の庭を使って、ベンツやBMWの展示会を計画中とのこと。
自動車会社は展示会の場所を無償で提供してもらい、
ワイナリーはただで宣伝してもらうという
どちらにとってもプラスになるお話です。

 日本で最も美しい村の一つ、昭和村を観光して、
ワイナリーで食事。
日帰りドライブに超オススメです。

 最後に、コック服姿の井瀬社長と一緒にパチ。

b0287739_1085660.jpg


  ◆奥利根ワイナリー◆
  群馬県利根郡昭和村大字糸井字大日向6843
  Tel: 0278-50-3070

[PR]

by bacchusmarket | 2010-08-22 19:08 | ワイナリーで昼食を

手打ちそば処 大梵字@道の駅月山

 月山ワインへ行クコとが決まったときにどうしても食べたかったところが、
同じ鶴岡市にある地元の食材を使ったイタリア料理の有名店、
アル・ケッチャーノ

 ただ、事前予約しようと調べたところ、、
当日は貸切であることが判明。
今回は行くことをあきらめました。

 月山ワインは「道の駅月山」にありますが、
同じ道の駅月山に「手打ちそば処 大梵字」があります。

 手打ちそば処 大梵字は、
地元あさひ村のそば粉を100%を使った手打ち蕎麦を食べることができます。

b0287739_1072555.jpg


 こちらがざる蕎麦大盛り(1,100円)
地元のそば粉を使っているというだけあって、
蕎麦の香りがして、大変うまい。

 今回は車だったのでワインと一緒に食べることができなかったのですが、
おそらく甲州シュール・リーとの相性が良さそうです。

  ◆手打ちそば処 大梵字
  山形県鶴岡市越中山字名平4−2
  Tel: 0235-53-3413
  営業時間:11:00〜17:00
  定休日:11月〜3月(第4月曜日)、4月〜10月(無休)

[PR]

by bacchusmarket | 2010-05-27 21:05 | ワイナリーで昼食を

小鹿野町のわらじかつ丼

 秩父ワインがある埼玉県秩父郡小鹿野町は、
オートバイで町おこしをしています。

b0287739_175811.jpg


 街にはこんな屋根つきのバイク専用駐車場があったり、

ogano_2.jpg

小鹿野町のロゴマーク

ogano_5.JPG

を使った標識など、バイク大歓迎の状態。

 そういえば、秩父ワインの駐車場入口にあった樽にも

ogano_3.jpg

ロゴマークがついていました。

 街を走っていても、自動車の私としては駐車場もあまりなく、
肩身が狭い思いでした。

 小鹿野町がオートバイで町おこしをしていることは
何かのテレビ番組で知ったのですが、
小鹿野町の位置を埼玉県の中央部と勘違いしており、
秩父ワインを結びつけることはありませんでした。

 それが、ワイナリーへ行ってみると
テレビでやっていた小鹿野町のロゴがあってびっくり。

 前フリが長くなりましたが、
そのテレビ番組で紹介された小鹿野町の名物があります。
それがわらじかつ丼。
テレビを見たとき、その近くへ行くことがあったら、
必ず食べようと心に決めた一品です。

 期せずして小鹿野町へ来ることになったのだから、
そのわらじかつ丼を食べずに帰るわけには行きません。
そこで、ワイナリーへ行った翌日、
わらじかつ丼に挑戦。

 小鹿野町に11時過ぎに着き、
わらじかつ丼発祥の店といわれる「安田屋」へ行ってみると
店の前にはすでにライダーの人たちで長蛇の列。

 次に行った町のメインストリートに面した
「昭和喫茶」もライダーであふれており断念。

 ネットで探した小鹿野町のお店のリストを出し、
片っ端から電話を掛けてみるも、
これはというお店は予約でいっぱいとのこと。

 そこで、わらじかつ丼を置いている
焼肉屋さん「東大門」へ電話をしたところ、
ようやく開いていますとの返事を得て
東大門へ。

 「東大門」は、肉屋さんが経営する焼肉屋さんで
特徴はなんと言っても駐車場が広い。

 お店に入ると焼肉屋さんですが、
「わらじかつ丼」が売りのメニューとなっており、
当然わらじかつ丼(確か800円)を注文。

ogano_4.jpg

 普通のかつ丼よりはちょっと薄めですが、大き目のかつ丼が2枚、
ご飯の上に載っています。

 かつ丼というわりには卵でとじてもいないし、
カットされてもいません。

 食べてみると、カツを載せた後たれをかけたのではなく
たれに漬けたカツがご飯の上に載っています。
最初、カツがたれで湿っていたのは予想外でしたが、
なかなか良くできたたれで、
ご飯が進みます。

 そもそも肉屋さんなので肉がうまい。

 2枚のカツを食べてたれの掛かったご飯を食べれば、
当然のように満腹に。
確かにこのような名物とライダーとは
相性が良いかも。

 ちなみにこの焼肉屋さんで食べている間、
後からどんどんライダーの方が入ってきましたが、
注文したのはすべてわらじかつ丼。

 小鹿野町でわらじかつ丼を食べるのが
ライダーの間では決まりごとになっているようです。

 是非、B1グランプリ(B級グルメ選手権)で
上位に入っていただきたい一品です。

 次回小鹿野町へ行ったときには
是非発祥の店「安田屋」で食べてみたいと思います

  ◆東大門◆
  埼玉県秩父郡小鹿野町小鹿野2806
  Tel: 0494-75-0424

[PR]

by bacchusmarket | 2009-11-16 21:11 | ワイナリーで昼食を

レストラン彩@ミサワワイナリー

 ミサワワイナリー見学の後は、
ワイナリーに隣接するレストラン彩(あや)にて食事。

 ミサワワイナリーはもともと関西の酒造メーカーが作ったワイナリーで
それを中央葡萄酒が買収して2006年4月2日にオープンしたもの。
実はこのレストランもワイナリーに付属していたものだそうです。

 現在、レストランのオーナーは中央葡萄酒社長夫人の三澤礼子さん。
つまり、三澤彩奈さんのお母さんです。

 ランチメニューのメインとなるものは
洋風プレートと和風プレート(両方とも1,500円)。
その和風プレートの方を三澤礼子さんが担当して
つくっているのだそうです。

 そこで今回は和風プレートを注文。


地元の野菜がふんだんに使われており、大変美味。
もちろん中央葡萄酒のワインはなんでも飲めるのですが、
今回は車なので、食事のみでした。

 日本にも、こんなレストランを併設したワイナリーが
もっと増えてくれることを祈ります。

  ◆レストラン彩(あや)
  山梨県北杜市明野町上手11984-1
  Tel: 0551-25-4487
  営業時間:11:30〜17:00(ランチラストオーダー 15:00)
  定休日:水曜日

[PR]

by bacchusmarket | 2008-12-01 20:12 | ワイナリーで昼食を

そば処 ふじかめ@岩手県花巻市大迫町

 エーデルワインへ訪問したときの昼食は、
藤舘社長が「美味しいそばがある」とのことなので、
そちらへ連れて行っていただきました。

 場所は大迫町の中心から国道396号(遠野街道)を
等の方面へ数km行った街道沿いの右側にあります。


 そばは


メニューの中から、藤舘社長おすすめの
「暮坪ざる」を注文。

 この蕎麦は岩手県遠野市の「暮坪(くれつぼ)」という集落で取れる
「暮坪かぶ」という辛味のあるかぶをすりおろしたものを入れて食べる
そばです。

W暮坪ざる(1,300円)

 左の小皿に入った大根おろしのようなものが暮坪かぶ。
風味は大根に似ているのですが、
かぶの持っている甘みのようなものももあり、絶妙なお味。
そばとの相性もばっちり。
大迫へ来たら、必ず食べたい一品です。

 そばを食べ終わって、隣のこの近辺で一番安いといわれる産直店
ぽ・ぽ・ぽのお店」を覗いてみると、


 今食べた、暮坪かぶを売っていました。
どう見てもかぶではなく大根にしか見えませんが
かぶなのだそうです。
確かに葉の部分がかぶっぽいですね。

  ◆ふじかめ◆
  岩手県花巻市大迫町外川目29地割82-1
  Tel: 0198-48-3159
  営業時間:11:30〜20:00

[PR]

by bacchusmarket | 2008-10-14 20:10 | ワイナリーで昼食を

十割手打そば 泉@長湯温泉

 安心院(安心院)から次の目的地、久住ワイナリーへ向かう途中、
道路脇に「十割手打そば」の小さな看板があり、
前日から食べ過ぎ気味で、あまり空腹でもないのに、
その看板に誘われて行ってしまいました。

 場所は長湯温泉のドイツ村という施設の近く。


 とりあえず十割そばを食べたかったのですが、
そばつくしというメニューがあり、それを注文。

 ほかにも、蕎麦がきぜんざいとか、
そばアイスクリーム白玉入りとかのデザートメニューもあったのですが、
さすがにこちらまで注文するほどの空腹感はありませんでした。


 こちらが、せいろとおろし。
そばの香りがして、なかなかのお味。
また、きゅうりが美味しかったのが印象的でした。


 そばがきは藻塩としょうゆで食べます。
塩との相性が大変良く、車を運転していなければ、
塩で食べて一杯やりたいところ。

 九州のワイナリー、温泉めぐりにお勧めの1軒です。
なお、このお店はそば道場も併設していますので、
そば打ちを習いたい方はどうぞ。

 ところでこの長湯温泉は炭酸泉で、
湯に入ると体中に泡がつくとのこと。
また、町営の橋の下にある「ガニ湯」という風呂が大変有名なので
ちょっと入りたかったのですが、時間の関係でパスしてしまいました。
残念。

  ◆十割手打そば 泉◆
  大分県竹田市直入町大字長湯字大平7441-21
  Tel: 0974-75-2285
  営業時間:11:00〜16:00、[土日祝]11:00〜17:00
  定休日:木曜

[PR]

by bacchusmarket | 2008-08-25 20:08 | ワイナリーで昼食を

カーサ・ダ・ノマ@原茂ワイン

 せっかく原茂ワインへ行ったので、
お昼は、古屋真太郎専務の奥さんが取り仕切る直営カフェ、
カーサ・ダ・ノマで食べました。

 カーサ・ダ・ノマからの景色は


いつ見てもきれいです。

 前回食べたときは「パンの気まぐれブランチ」でしたので、
今回はきゅうりのエスニックサラダ(600円)


とカーサ・ダ・ノーマ風カリー(1,300円)



を注文。

 きゅうりのサラダはきゅうりが新鮮、
パクチーとナンプラーで、エスニックの味付け。

 カレーは玉葱を弱火で炒めるのが3日間。
スパイスもカレー粉を使わずにすべて調合しているのだそうです。
盛り付けも楕円の皿、ご飯の上に豚のばら肉が載っておりおしゃれ。

 すべて、このカフェを取り仕切っている奥さんのセンスです。

 ちなみにカレーについているサラダと一緒に移っているワインは
原茂ヴィンテージ甲州シュール・リー。
私は運転なので飲むことができませんでした。


 最後に奥さんとパチ。

[PR]

by bacchusmarket | 2007-08-13 23:08 | ワイナリーで昼食を

カレン・ワイナリー

 久しぶりに、オーストラリア西オーストラリア州、
マーガレット・リバーのワイナリーでのランチの話です。

 高級ワインの産地、マーガレット・リバー地区の中でも
ハイクラスのワインをつくるカレンさん(女性)のワイナリーです。


 中に入ると、試飲コーナーがあり、


カレンさんがつくるワインのほとんどを試飲することが可能。
基本的に、試飲はすべて無料なのがうれしい限り。

 さて、レストランは試飲コーナーの奥、
窓の向うにぶどう畑が広がります。


ワインはグラスで頼んだ、ソーヴィニヨン・ブラン(765円)と
シャルドネ(1,190円)。
さすがカレンさんのワインは
グラスで頼んでもそれなりのお値段です。

 料理は、


シーフード(1,445円)、


ニョッキ(1,360円)とサラダ(595円)。

マーガレットリバーのワイナリーではどこも
サラダのボリューム十分で、その上安いのがうれしい限りです。

 ワインも含めて昼食代締めて6,332円(二人分)。
このお値段で大変充実したお昼でした。。

[PR]

by bacchusmarket | 2006-11-25 23:11 | ワイナリーで昼食を

ヴィラデスト・ワイナリー

 サンクゼール・ワイナリーのことを書いたので、
今回は似たタイプのワイナリー、ヴィラデスト・ワイナリーについて。

 ヴィラデスト・ワイナリーは正確には、
ヴィラデスト・ガーデン ファーム アンド ワイナリー。
エッセイストの玉村豊男さんが経営、
日経の「行ってみたいワイナリー」でも1位に輝く
人気ワイナリーです。

 ここの売りは、レストランでの食事。
週末はホームページで予約してから行かないと
恐らく食事にありつくことができません。

 ランチは3,500円のコースメニューのみ。
11:30からと、13;30からの総入れ替え制。

 席は建物内部の席と窓際の席があるのですが、
気持ちが良いのは圧倒的に窓際。

 11:30の予約だからといってぎりぎりに行くと
窓際の席には座ることができません。
早めに行って、着いたことを知らせてから
庭を散策するのがおすすめ。

 庭には花や樹が植わり、大変手入れが行き届いています。


庭を取り巻くように、アスパラや野菜、
そしてぶどう畑があります。


ただ、ワイナリーというにしては、
ぶどう畑の面積が狭いように感じました。

 さて、食事は……。

 時間になると、到着して名前を登録した順に呼ばれて
席に着きます。
席は窓際から順に埋まっていきます。

 ランチコース(3,500円)は
   前菜
   野菜
   魚または肉
   デザート
前菜以外は、いくつかのメニューの中から選ぶことができます。






上の写真はグループでいろいろなメニューを取ったもので
一人分ではありません。

 私の感想としては味は美味しいのですが、
野菜が少なすぎる!!

 周りに野菜の畑がたくさんあるので、
美味しい新鮮な野菜をふんだんに食べたいと思うのは
私だけでしょうか。
サラダも私が食べれば3口くらいで終わってしまいそうな
量なのです。

 それともうひとつ。
ちょっと高い!!

 料理の内容はサンクゼール・ワイナリーの食事
大きく違わないように思うのですが、
値段はおよそ倍。
せいぜい2,000円くらいでおさえてほしいと思いました。

 それでも行ったのが週末だったせいか、満席。
他のお客さんは恐らく満足されていたと思います。

   ◆ヴィラデスト・ガーデンファーム アンド ワイナリー
   長野県東御市和(とうみしかのう)6027
   Tel.:0268-63-7373

[PR]

by bacchusmarket | 2006-11-02 17:11 | ワイナリーで昼食を

サンクゼール・ワイナリー

 サンクゼール・ワイナリーをご存知ですか。

 東京でいえば、玉川高島屋や新宿の京王百貨店、数寄屋橋阪急などに
直営店を出しているのでご存知の方もいらっしゃるかと思います。

 このワイナリーはもともとはペンション経営からスタート、
スキー場で有名な斑尾高原のペンションだったのです。
ものづくりは、最初はジャム。それが発展して
現在では専門家の間で高い評価を受ける、ワイナリーになりました。

 このワイナリー、つくったワインは直営店のみで販売して
一般のワインショップには卸さないことでも有名。
そのため、直営店が近くにない人にはなかなか入手困難な
ワインです。

 ところが、私が運営している柏屋とバッカス・マーケットでは
なんとかお願いして卸していただくことに成功。
現在では、ワイン、ジャム、パスタソースなどを販売しています。

      ○     ○     ○

 このサンクゼールワイナリーが、ワイナリーの横に
新しくレストランをオープンしたというので
先日の土曜(10月28日)に行って来ました。

 新しいレストランはワイナリーの建物と棟続きになっており
スペイン風(?)のデザイン。

ぶどう畑の向こう側にレストランが見えます(レストランの左側がテラス席)

 予約をしないで行ったら駐車場がほとんど満車状態。
焦って席を取ってもらえるか聞いたところ、
運良くテラス席のぶどう畑のすぐ横に席をつくって
いただくことができました。


 実際レストランは満席状態だったのですが、
駐車場がいっぱいだったのは
結婚式がレストランの2階であったからのようでした。

 ランチのメニューは

  ヴィニュロン・ランチ        1,680円
   白ワインドレッシングでさっぱりと仕上げた魚介マリネ
   甘さ控えめのオールフルーツジャムあんずで仕上げたポークソテー
   いちじくコンポート
   パンいろいろをお好きなだけ
   コーヒーor紅茶


  ヴィニュロン・カリー・ランチ     1,365円
   サラダ
   きのこと鶏肉のカリー ココナッツミルクでマレーシア風に
   いちじくコンポート
   パンいろいろをお好きなだけ
   コーヒーor紅茶


  ヴィニュロン・ガーデン・ランチ     1,260円
   根菜とそばのパスタのトマトスープ
   シェフズサラダ お好きなドレッシングで
   パンいろいろをお好きなだけ
   ハーブティーorコーヒーor紅茶


の3つ。

 5人で行ったので3種類とも頼みましたが
とにかくどれも美味。
料理は、ボリューム、味ともにいうことありません。

 もちろんワインは、ボトル、グラスのどちらでも
注文することができます。
(残念ながら、私は運転手だったので飲むことができませんでした。)

 また、ランチには自家製のパンが食べ放題でついており、
サンクゼールのジャムを付けながら食べることができます。

 私が今まで行った国内のワイナリー付属レストランの中では
No.1を付けさせていただきたいと思います。

 長野の高原という、ちょっと地の利の悪いところにありますが、
ワイナリー見学を兼ねて行くのでしたら是非一度
行ってみることをお勧めします。

   ◆サンクゼール・ワイナリー
   レストラン・ヴィニュロン
   長野県上水内郡飯綱町芋川1260
   Tel: 026-253-8070
   営業時間: 11:00 - 17:00

[PR]

by bacchusmarket | 2006-10-31 18:10 | ワイナリーで昼食を