ミシュランガイド2007年度版発売

 星の数でレストランを格付けする赤い表紙で有名な
ホテル・レストランガイドのフランス2007年版が、
2月21発表になりました。

 ホテル4,752軒、ペンション(オーベルジュ)407軒、
レストラン3,641軒、合計8,800軒を掲載。
このうち500軒以上が新規掲載とのこと。

 レストランは、三ツ星 26店(うち新規昇格5店)、
二ツ星 65店(うち新規昇格7店)、
一ツ星 436店(うち新規昇格50店)、
合計527店が星付きの評価を受けたそうです。

主な変動は以下のとおり。

1.三ツ星に新規に昇格した5店
・Lameloise (Chagny)
・le Meurice (パリ1区)
・Astrance (パリ16区)
・Pre Catelan (パリ16区)
・Pic (Valenc)

2.二ツ星に新規に昇格した7店
・Le Clos des Sens (Annecy)
・La Villa (Calvi)
・Nicolas Le Bec (Lyon)
・Joel Robuchon Monte-Carlo (Monte-Carlo)
・Alexandre (Nimes / Garons)
・Les Elysees (パリ8区)
・Les Cedres(Romans-sur-Isere / Granges-les-Beaumont )

3.二ツ星の中の「エスポワール」(三ツ星への昇格が近い店)
・Chateau de la Chevre d'Or (Eze)
・La Bastide St-Antoine (Grasse)
・Le Petit Nice (Marseille)
・Les Ambassadeurs (パリ8区)
・Chateau Cordeillan Bages (Pauillac)

(2/21付け、Guide Michelin プレスリリースより)

 また、今回の最大(?)の話題は、
33年間三つ星を守り続け、
日本でもワインショップやレストランを展開している
「タイユヴァン」が二つ星に降格したこと。

 恵比寿ガーデンプレイスに
シャトー・レストラン「タイユヴァン・ロビュション」が開店前に
その準備の仕事をしていたことがあり、
打ち合わせでパリのタイユヴァンにもいったことがあるので、
ちょっと複雑な心境です。

 ワインのコレクションで有名だったタイユヴァンですが、
来年また復活できるか注目です。

[PR]

by bacchusmarket | 2007-02-28 12:02 | コラム

印度風カリーライス 吉葉@松陰神社前

 先日、中目黒に行く用事があったので、
その帰り、最近カレーの店が集まっているという
東急世田谷線の松陰神社前へ行ってカレーを食べることに。

 松陰神社前という情報しかなかったので、
どの店に入ったら良いかわからなかったのですが、
見つけることができた店は1軒のみ。

 世田谷通りに面した店、
印度風カリーライス 吉葉です。

b0287739_2172262.jpg

 後から調べたところ、もともと銀座にあったお店が
入っていたビルが取り壊されることになって
店主の自宅の近くであるこちらに開店したお店とのこと。

 メニューは

b0287739_2172273.jpg

と、カレー屋としてはちょっと高め。
オリジナルは辛口、マサラはマイルドとのこと。

b0287739_2172251.jpg
チキンカレー



b0287739_2172256.jpg
野菜カレー

のオリジナルを注文。

b0287739_2172241.jpg


 ライスにはフライドオニオンとチーズがトッピング。
右上の緑色のものは付け合せの唐辛子のピクルス。
他に付け合わせでラッキョウもあります。

 食べた感想としては

  ●チキンが手羽先であまり味がない。
  ●野菜の種類が私が好きな「プーさん」の1/3くらいしか入っていない。
  ●スパイスは効いているがスープの味に深みがない。

とあまりプラスの評価は得られず、
近くにこのお店があればたまに食べに行くくらいのイメージです。

 それでも食べログでは評価が高いので、
松陰神社前のカレー店散策をする方にはおすすめ。

  ◆印度風カリーライス 吉葉
  世田谷区若林3−16−1
  03-3795-0448
  [月〜金] 11:30〜15:00 17:30〜22:00 [土・日・祝] 11:30〜22:00

[PR]

by bacchusmarket | 2007-02-27 22:02 | 食べ歩記(カレー)

ワインのブログでトロフィー?

 私もこうしてブログを書いていますが、ワインに関するブログは、
世界中に書いている方がいらっしゃるようです。

 2007年2月5日(月)〜7日(水)にフランスロワール地方のアンジェで開かれた
ロワールワインの見本市、サロン・デ・ヴァン・ド・ロワールでは、
ワインを対象としたブログの審査を行い、最高と考えられたブログについて、
サロン・デ・ヴァン・ド・ロワールの会期中の5日に表彰式を行ったとのことです。

 ブログはは生産者ブログ、フランス語ブログ、外国語ブログの3部門で
審査が行われ、各部門ひとつずつ、優秀作が選ばれました。

 受賞ブログは以下の通りです。

 生産者ブログ:Domaine Sauvat(ロワール)
 http://www.sauvat-vins.com/weblog/index.php
  生産者の生活を伝えようと、約1年半前にブログを開設。現在の訪問者 
  は一日あたり500から700人。
 フランス語ブログ  Blog d'Olif
 http://olif.typepad.com/le_blog_dolif/
  約1年半前にブログを開設。現在の訪問者数は一日あたり200から250人。
 外国語ブログ  Vinography
 http://www.vinography.com/
  カリフォルニアのワイン愛好家のブログ(英語)。約3年前にブログを開設
  し、現在の訪問者数は一日あたり数万人

 日本語のブログはフランスの審査員にはちょっと難しいかもしれませんが、
ブログを書いていらっしゃる方、ちょっと意識してみませんか?

[PR]

by bacchusmarket | 2007-02-26 13:02 | コラム

今半@人形町

 2週間ほど前、水天宮のホテルでワインセミナーがあった後、
午後2時過ぎに食べる場所を探したのですが、
せっかく人形町に来たのに人形町らしい店が開いていない。

 唯一空いていたのが、人形町今半
以前から一度入ってみたいと思っていたのですが、
ちょっと高そうな雰囲気で敷居が高く、
入ったことがありませんでした。

 店は、1階のカウンターと2階の座敷で別メニュー。
今回は2階の座敷を選択。

 ちょっと古い日本建築の2階の座敷は窓にすだれが掛かっており、

b0287739_2163393.jpg

大変良い雰囲気。

b0287739_216338.jpg

こんな建築の建物は、下町でなければなかなか残っていません。

b0287739_2163330.jpg

箸も雰囲気があるでしょ。

 さて、今回頼んだメニューは「牛めし」(1,890円)。

b0287739_2163375.jpg

煮物の小鉢と、

b0287739_2163315.jpg

すき焼きが上にのったどんぶり。
牛肉の専門店だけあって本当に美味しい。
ちょっと高いランチでしたが、雰囲気、味共に大満足でした。

 今度は是非すき焼きに挑戦したいと思います。

  ◆人形町今半人形町本店◆
  東京都中央区日本橋人形町2-9-12
  電話(03)3666-700
  営業時間 AM11:00〜PM10:00(年中無休)

[PR]

by bacchusmarket | 2007-02-23 23:02 | 食べ歩記(東京23区内)

水新菜館@浅草橋

 お店の包装材料はほとんどシモジマという
包装材料の専門店で買っています。

 普通はなくなると届けていただいているのですが、
時々発注し忘れたり、今までと違うものを探したりする場合、
浅草橋の本店まで行って買出しをします。

 先日、あると思っていた箱がないことがわかり、
急遽買出しに行ったとき、
いつもは長蛇の列ができているお店が、
ほとんど列ができていないので入ってみることにしました。

 お店の名前は水新菜館

b0287739_2155420.jpg

 カウンターに座ると目の前に、

b0287739_2155421.jpg

カウンターの中には、年配の料理人の方が5名くらい、
大変忙しそうに働いています。

 選んだメニューは

b0287739_2155424.jpg
葱肉めん(890円)

いろいろなお店のラーメンの味に慣らされた舌には
ちょっと懐かしい正統派中華料理のスープ。
美味しくいただきました。

 次回は定食に挑戦してみたいと思います。

  ◆http://ramen.gnavi.co.jp/shop/jp/g524700n.htm◆
  東京都台東区浅草橋2-1-1
  03-3861-0577
  営業時間:11:30〜15:00(月〜土) 17:30〜20:45(月〜土)
  定休日:第2・第4土曜・日曜

[PR]

by bacchusmarket | 2007-02-22 23:02 | 食べ歩記(東京23区内)

パンテーブル@勝沼

 先日、勝沼へ行ったときに美味しいパン屋さんを発見。

 名前は「パンテーブル」。

b0287739_2174616.jpg

こんな可愛い外観のパン屋さんで、2005年10月開店。
小麦は主として北海道産、
レーズンから種を起こした自家製酵母をを使った
本格的なパンを作っています。

 応援サイトによれば美樹さんという若い女性が一人で運営、
お店に入ったときには(土曜の午後15:00頃)、

b0287739_2174692.jpg

こんな状態。
どうも作るとすぐに売れてしまうほどの人気のようです。

 今回は、写真に写っているフランスパン「白神フランス}と
「3分待っていただければ焼きあがります」と言われ、
3分待った焼き上がりの「フォンデュ}というパンを買いました。

 「フォンデュ」は帰りに車の中で、
「白神フランス」は、家に帰ってから夕食時に食べたのですが、
どちらも何もつけないでパンだけで食べても
大変美味しいパンでした。

 特に「白神フランス」は前にブログに書いたことがある
セパージュ」から注文があったときだけ作る
特別のパンだとのことで、大変ラッキーでした。

 勝沼へ行ったときには是非寄っていきたいお店です。

  ◆パンテーブル
  山梨県甲州市勝沼町休息1360
  Tel & Fax: 0553-44-5488
  営業時間 11:00〜18:00
  定休日  1月〜6月  日・月
      7月〜12月 月・火

[PR]

by bacchusmarket | 2007-02-21 23:02 | 食べ歩記(山梨県)

進化する甲州ワイン

 今日、メルシャンの「甲州ワインテイスティング・セミナー」があったので
行ってきました。

 今日のセミナーの主目的は、メルシャンが力を入れている
甲州種のワインの中で、「甲州グリ・ド・グリ」と「甲州きいろ香」の
2006年のヴィンテージができたので、それを発売前に試飲するというもの。

 講師は

b0287739_2162134.jpg

右からボルドー第2大学の富永博士、
メルシャン商品開発研究所の小林さん、
そしてメルシャン勝沼ワイナリーのチーフ・ワインメーカー味村さん。

 「甲州きいろ香」は2004年物の発売以来、
柑橘系の香りを追求したワインでしたが、
2006年物の「甲州グリ・ド・グリ」と
「甲州きいろ香」は両者とも香りを追求、

b0287739_2162116.jpg

「甲州グリ・ド・グリ」はブルガリアン・ローズ、ダージリン、
葉巻のような甘い香り、
「甲州きいろ香」はグレープフルーツ、マンゴ、パパイアといった
フルーツの香りを持ったワインとなりました。

 両方とも発売は3月1日を予定していますが、発売が楽しみです。

[PR]

by bacchusmarket | 2007-02-19 23:02 | コラム

剪定ツアーに参加してきました

 山梨県甲州市勝沼町の中央葡萄酒(グレイスワイン)
一般向けに剪定のツアーを募集していたので行ってきました。

 剪定ツアーに参加するのは実は2回目なのですが、
1回参加しただけではまだ剪定の仕方を会得できなかったので
もう1度参加させていただきました。

 11時に中央葡萄酒集合。
中央葡萄酒鳥居平の畑で剪定をさせていただきます。

 ちなみに、この畑は昨年秋に放送されていた月9のドラマ
サプリ」で石田勇也(亀梨和也)が藤井ミナミ(伊東美咲)に
キスをした場所です。

b0287739_226539.jpg

 まず最初に、中央葡萄酒の赤松さんが、選定の仕方について説明。

b0287739_226623.jpg

 剪定の方法には大きく分けて長梢(ギヨ)と短梢(コルドン)の
2つの方法があり、現在は短梢(コルドン)の方向へ
持って行っているとのことでした。

 ということなので基本的には短梢(コルドン)の剪定をするのですが、
枝の生え方によっては長梢(ギヨ)もミックスします。

b0287739_226629.jpg

 私が最初に担当した樹については、片側が短梢(コルドン)、
片側が長梢(ギヨ)になりました。

 剪定が終わったあとは、中央葡萄酒に戻って
ワインの試飲と社主の三沢さんを交えての食事会。

b0287739_226633.jpg

 ワイナリースタッフ手作りの、ワインを使った菜の花ご飯と
ワイン入り、具だんくさんのほうとうに合わせ、
ワインは

b0287739_226625.jpg

  グレイス・ヴィンテージ
  グレイス・グリ・ド・甲州
  グレイス・茅ヶ岳
  グレイス・甲斐ノワール

の4種類。

 剪定の方法がようやくなわかるようになった上、
美味しい食事とワインで、満足な1日となりました。

[PR]

by bacchusmarket | 2007-02-18 23:02 | 日記

バレンタインどきどき、ワクワク川柳?

 前回川柳の話を書いてネットを調べていたら、
バレンタインの本家、メリーチョコレート
川柳を募集しており、その優秀作が発表になっていました。

 メリーチョコレートが始めた
バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣は
今年で何と50周年とのこと。

 50年で大変な市場になったものです。
 
 さて、その川柳ですが、バレンタインに因んだもの。
なかなか面白い川柳がたくさんありました。

 私のベスト5は、

  チョコもらい 離婚ないなと ほっとする

  義理チョコを 勝手に食べたと 怒る父

  夫より 息子のチョコに 嫉妬心

  仕事せぬ 奴に滅法 多いチョコ

  新しい チョコの銘柄 知る二月

の5つです。

 詳しくは、メリーチョコレートのサイトをご覧下さい。

 さて、昨日はバレンタインデー。

 夜に妻と二人で、オレンジピーるのチョコレートと
グー先生レシピのアーモンドチョコレートをつまみに
ワインを飲んでいたら、ワインがどんどん進み、
1本では足りなくなって、カルバドスまで飲んでしまい、
ずいぶん深酒をしてしまいました。

 それにしても、上の二つのチョコレートは
お酒に良く合いました。
[PR]

by bacchusmarket | 2007-02-15 20:02 | コラム

ワイン川柳コンクール入選作発表!

 先日第一生命が主催するサラリーマン川柳の人気投票が始まりましたが、
ワインの川柳を見つけました。

 ワインセラーのフォルスタージャパンが運営している、
ワインの情報サイト、「ワイン21」が1月に募集した
「恋愛をテーマにしたワイン川柳コンクール」の
入選作が発表になりました。
応募総数が965作もあったとのことで、かなりの人気です。

 入選作の詳細はサイトをご覧いただくとして、私が気に入った作品は、

   三十路過ぎ ワインも恋も 高め攻め

   気がつけば 彼女もワインも ヴィンテージ

   深夜2時 勝負ワインも 飲み頃に

の3つ。

 やはりワインは恋に一番に合うお酒なんですね。

 ちなみに、サラリーマン川柳の方の私のお気に入りは以下の3つです。

   飲もうかと 言えば部下すぐ 車です

   犬はいい 崖っぷちでも 助けられ

   「ご飯ある?」 「ツクレバアルケド」 「ならいいです…」
[PR]

by bacchusmarket | 2007-02-13 22:02 | コラム