<   2007年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

納豆工房 せんだい屋@石和町

 感動のなかった銘石の宿かげつですが、
朝食に出てきた納豆が美味しかったので
帰りがけにどこで買えるのか聞いたところ、
近くで買える事が判明。
行ってみることにしました。

 宿から約10分、国道20号(甲府バイパス)から
ちょっと入ったところにお店はありました。
お店の名前は「納豆工房 せんだい屋」。

b0287739_218457.jpg

 中へ入ると、かなり強い納豆のにおい。
お店の奥が工房になっているのだと思います。
納豆が嫌いな人は恐らくお店の中には居られないでしょう。

b0287739_218488.jpg

 納豆の種類はかなりたくさんのものがあります。
宿で朝食に出てきたものは「八ヶ岳」と書いてある、
八ヶ岳で採れた大豆で作ったもの。
町のスーパーではまず見かけないくらい
大きな粒の納豆でした。

 今回は自宅用には枝豆納豆(2個180円)を購入。

b0287739_218492.jpg

この写真ではあまり大きさが良く分かりませんが、
名前のとおり、ちょっと大きめの枝豆大。
大きいので、普通食べる納豆と食感が若干違いますが、
大変美味しい納豆でした。

  ◆納豆工房 せんだい屋
  山梨県笛吹市石和町唐柏585-2
  TEL:055-262-1170
  FAX:055-262-1171

[PR]

by bacchusmarket | 2007-08-30 01:08 | 食べ歩記(山梨県)

甲府駅のキオスク

 甲府から石和温泉への移動はJR。

 交付駅で電車を待っていたら、反対側のホームにあるキオスクが
ちょっと面白かったのでパチ。

b0287739_226562.jpg

 全国で、ワインを売っているキオスクはどのくらいあるのかな。

[PR]

by bacchusmarket | 2007-08-30 00:08 | 日記

銘石の宿かげつ@石和温泉

 国産ワインコンクール公開テイスティングの後は
石和温泉で宴会というのが毎年のパターン。

 昨年までは、糸柳という宿が
サービス、食事、風呂の3点で気に入っており定宿にしていたのですが、
今年もいつものタイミングで予約しようとしたところ、
満室で予約が取れず。

 旅行代理店でいろいろ調べてもらったところ、
この時期は混んでおり、やっと取れたのが
糸柳より格上で宿泊料も高い銘石の宿かげつ

 行ってみると、「かげつ」は石和温泉の一番中心の温泉街にあり
大変建物が立派な旅館。
銘石の宿というだけあって、建物の中、庭、風呂など
大きな石がそこここに配置されており、
お金が掛かっていることが大変良くわかります。

 また、恐らくすべての部屋が庭に面しており、
庭には池が廻り、
こんなにたくさんいるかと思うほど多くの鯉が
その池に泳いでいます。

 手入れが良く行き届いた池で、水に濁りがなく
鯉が良く見えます。
鯉の値段だけでもいくら掛かっているかわからないくらい
たくさんで、
池の手入れも恐らく大変だと思います。

 ただ、すごいのはそこまで。
これはといった温かみを感じさせるサービスもなく
料理

夕食

朝食

は、美味しいのですが、ただあまりにも普通の献立、
さすがに一流旅館に泊まったといった感動がありません。

 とにかくハードに大変お金が掛かっていることだけは
よくわかりました。
また、お金を出しさえすれば満足できる宿に泊まれるわけではない
ということが良くわかり、宿選びの難しさを実感しました。

 来年は、もっと早く糸柳に予約を入れたいと思います。
糸柳についてのブログはこちら

  ◆銘石の宿かげつ
  山梨県笛吹市石和町川中島385
   TEL.055-262-4526/4527/4528

[PR]

by bacchusmarket | 2007-08-29 23:08 | 温泉&ワイナリー

フォー・ハーツ・カフェ@甲府

 国産ワインコンクール公開テイスティングの日のランチは
以前から行ってみたかった会場近くのフォー・ハーツ・カフェへ。

 このお店は東京でカフェの運営や企画をしていた大木貴之さんが
故郷の甲府に開いたこだわりのカフェ。
世界の一流のさまざまな味を甲府で楽しむことをコンセプトに
2000年12月オープン。

 先日このブログでご紹介したワインの新しい雑誌「br」
大木さんがほとんどお一人でつくっているとのことです。

b0287739_226836.jpg

 もちろん、県内のつくり手ともお友達関係になっているところも多く
お店に来るつくり手の方も多いとのこと。

 特にお店で扱っているワインで注力しているところは
できるだけワイナリー周辺のぶどうだけでつくっているワイナリー。

 金井醸造場
 シャトレーゼ勝沼ワイナリー
 旭洋酒
 機山洋酒工業
 丸藤葡萄酒工業

の5つ。

 甲府出身なので山梨県のワインを広めたいという
意欲が大変感じられます。

 さて、注文したメニューは

b0287739_226861.jpg
プレートランチ



b0287739_226847.jpg
サンドイッチ

 プレートランチの方は日替わりで
行った時は地鳥の卵かけご飯と八ヶ岳の野菜の一皿。
卵の黄身の色が違います。

 サンドイッチは具(ショーケースから選びます)と
パン(ニューヨークから取り寄せたベーグルまたは
山梨に住んでいたことがある京都のパン屋さんから取り寄せた
フォカッチャ)
との組み合わせで選ぶことができます。

 どちらも大木さんのこだわりが感じられる味わいで
大変美味。

 今度は夜に、ワインを飲みに行きたいと思います。

  ◆フォー・ハーツ・カフェ
  山梨県甲府市丸の内1-16-13
  TEL:055-237-7793
  営業時間: 10時30分〜24時(ラストオーダー23時)
  定休日:不定休

[PR]

by bacchusmarket | 2007-08-28 21:08 | 食べ歩記(山梨県)

大事故に遭遇!

 8月25日、国産ワインコンクールへ行く道すがら、
中央高速を勝沼インターチェンジでおり、
車を預かってもらう、石和温泉の宿へ向かう、
国道20号のバイパスを走っていた時の出来事。

 前を走る10tくらいのコンテナトラックが
右側のレーンを走る私の車の前へ、
レーン変更して来たかと思うと今度は左のレーンへ。

 次に右のレーンへ来た時には右へ20度くらい傾き
次は左へ20度くらい。

 更に右のレーン(私の車の前)へ来た時には
バイパスを右折しようとしていた車に接触、
と同時に、コンテナの横のドアがあいて
積み荷のぶどうが散乱。

 トラックは更に左を走っていた軽に接触、
ようやく止まりました。

 私はトラックが蛇行しはじめた時、
これはまずいと思って車間をあけたのですが、
そのおかげで事故には巻き込まれずに
なんとか停車。

 ただ、事故に巻き込まれない車の中で
一番前に止まったといことは
あと数十メートル前を走っていたら
私も今どうなっていたか分からなかったと言う次第。

 本当に間一髪、助かりました。

 止まってから気付いたのですが、
ひとりふらふらしているバイクに乗っていたと思われる
若者が。

 左へ蛇行した時にバイクを引っ掛けたようです。
そのバイクは原形をとどめない程
バラバラになっていました。

 その若者は何がおこったのか全く理解できなかったようで
ふらふらしていたので、取りあえず携帯で救急車を呼び、
ひざをけがしていたので日陰で休むように指示。

 と言っても、私もかなり動揺していたようで
119番するにも携帯が他の画面になっていたので
なかなか繋がらなかったりしました。

 結局けが人はバイクの若者と、
右折しようとしていた車の運転手の方の二人。
大きな事故の割には怪我だけで済んで
本当に良かったと思います。

 2日たった今日になっても
トラックが傾きながら蛇行しているシーンが
突然フラッシュバックのように出て来ます。

b0287739_2175056.jpg

 ぶどうまみれになって大破した車です。

 こんな恐ろしいシーンは2度と見たくありません。
私も、より一層の安全運転に心掛けます。

[PR]

by bacchusmarket | 2007-08-27 21:08 | 日記

国産ワインコンクール表彰式&公開テイスティング

 8月25日に甲府で行われた、国産ワインコンクールの
表彰式と公開テイスティングに行って来ました。

 結果については既に書きましたが、
甲府へ行く楽しみは、実際にその受賞ワインが飲めることと、
つくり手の方たちとお話ができること。

 毎月のようにワイナリーめぐりはしていますが、
ワイナリーは日本全国にあり
どうしても行けるワイナリーや行ける回数には限度があります。

 その点、この会場には全国の主要ワイナリーの方たちが集まっており、
一度に実にたくさんのワイナリーの方たちとお話ができるのです。

 おかげさまでと言うか、あいにくと言うか、
たくさんのワイナリーの方とお話することができた一方、
お話に時間が取られて
試飲することができるワインが200以上もあったにもかかわらず、
50も試飲することができませんでした。

 また、今回の金賞受賞者

b0287739_2155168.jpg
金賞受賞ワイナリーは全部で9つ(お一人写っていません)

の中では大手企業のワイナリーがほとんどの中、
家族経営ワイナリーの

b0287739_2155162.jpg

ダイヤモンド酒造の雨宮吉男さんと

b0287739_2155232.jpg

山梨ワインの野沢たかひこさんの二人の若手が
金賞を受賞したことは日本のワインの将来にとって
大変喜ばしいことと思います。

 私は一所懸命やっている若手が好きなので、
どうしても応援したくなってしまいます。
頑張れ、!!

[PR]

by bacchusmarket | 2007-08-27 20:08 | 国産ワイン

高尾山ビアマウント@高尾山

 この前の日曜、お誘いを受けて
高尾山ビアマウントへ行って来ました。

 高尾山ビアマウントは高尾山の頂上近くにあるビヤガーデン。
高尾山の上で、東京の夜景を見ながらビールを飲むことができる
ビヤガーデンです。
私も前から一度行ってみたいと思っていたものの、今回が初めて。

 今まで高尾山は何度か登ったことがあるのですが、いつもは徒歩なので
ケーブルカーで登るのは今回が初めて。

b0287739_2263887.jpg

 高尾山のケーブルカーは最初は傾斜が緩く、登るに従ってきつくなり
終点の手前が最大の傾斜角31度18分となっているとのこと。
不思議なのは、そうした場合、ケーブルカーを引くケーブルが
ピンと張ってしまいそうなのに、レールの間のワッシャーの上に
ちゃんと沿っていること。

 この話を運転手さんに聞いた所、ピンと張らない理由は
ケーブルの重さによるとのこと。
ケーブルカーが満員になって重くなると、
やはりケーブルは浮き上がってしまうのだそうです。
ようやく納得。

b0287739_2263869.jpg

 さてトンネルを潜ったりして終点に到着。
駅から階段を揚がった所に、ビアマントがあります。

b0287739_2264116.jpg

 料金は、男性3,300円、女性3,000円で
2時間限定の飲み放題、食べ放題。
ビールは5種類から選べ、食事はバイキング形式。

 ビールは美味しかったのですが、
食事は脂分が多いものが多く
あまり食べることができませんでした。

 ワインもありましたが、こちらは×。
ビヤガーデンではビールに徹した方が良さそうです。

 また、期待した夜景ですが、全700席の内、
100席程度からしか見ることができないため、
夜景を見るためには少人数で良い席を確保するしか
なさそうです。

b0287739_2264497.jpg

 私は帰り際に記念にパチ。

 1シーズンに2〜3回は行ってみたいところです。

[PR]

by bacchusmarket | 2007-08-22 20:08 | 食べ歩記(府中を除く東京23区外)

香味亭@武蔵境

 実は私、昼食難民になってしまったんです。

 と言うのも、
私がいつも弁当やパンを買っていた丸正府中店が
家主との契約がうまく行かずに閉店してしまい、
それから後、お昼を食べる場所を探して彷徨っているという次第。

 そこで今回はちょっと足を伸ばして
武蔵境の駅に程近い、香味亭へ。
お店は駅前商店街のみどりやさんという
八百屋さんの2階に。

b0287739_2262258.jpg

 香味亭は洋食屋さんなのですが、
ランチタイムにはいろいろなカレーを出すということで
今回はカレーが目的です。

 と言っても色々メニューがある中、
どれを頼んだら良いのか分からずに
カツカレー(900円)を注文。

 ランチにはスープ、サラダ、ライス、デザート、コーヒーが
ついています。

b0287739_226229.jpg

b0287739_2262244.jpg

b0287739_2262264.jpg

 実は、カツカレーは、
駅にあるスタンドのカレー屋のメニューといったイメージで、
決して嫌いではないのですが、
わざわざカレーがうまいという評判の店で
食べるつもりはありませんでした。

 それが過って注文してしまったものの
食べてみたら大正解。
カツはあまり油っぽくなくカリッと揚がっており、
それが、欧風カレーの味とぴったり。

 私が今まで食べたカツカレーの中で
文句なくNo.1をつけさせていただきます。

b0287739_22623100.jpg

 コーヒーとデザートまで食べて、十分満足。

 カレーの種類も食べたいものがたくさんあるし、
オムハヤシとか
シンガポールチキンライスという怪し気なメニューだとか
1,000円以内の魅力的なメニューがたくさん。

 お店に入った12:40頃、ほとんど満席だったのですが、
その意味が良く分かる美味しい洋食屋さんでした。

   ◆香味亭◆
   東京都武蔵野市境2-2-24
   Tel:0422-56-9594

[PR]

by bacchusmarket | 2007-08-21 21:08 | 食べ歩記(カレー)

VENEDICT DINER@東府中

 以前から気になっていて行っていなかったお店に
ランチを食べに行ってきました。

 お店の名前はベネディクト・ダイナー
アメリカ料理のお店です。

 先日行ったカイルア・ダイニングと言い、
このベネディクト・ダイナーと言い
なぜか東府中には府中らしからぬ
アメリカンスタイルのお店があるようです。

 注文したのはランチメニューの中から
ベジタブルランチと、自家製ビーフシチューランチを注文。
ランチには
 ミニサラダorミニスープ
 日替わり自家製パン
 紅茶orコーヒー(HOTorICE)
 ミニデザート
がついて、オール900円。

b0287739_2254921.jpg
ミネストローネ・スープ

b0287739_2254930.jpg
自家製パン

 このパンが、発酵まで終わったものを
注文を受けてから焼いてくれて超うま。
今日はきな粉パンできな粉の香りと、イーストの香りが大変心地よい、
軽めのパン。
その上、お代り自由。お代りをしてしまいました。

b0287739_2254928.jpg
ベジタブルランチ

 サラダの上にローストビーフが3枚。
生のとうもろこしト、アスパラは直火で焼いてあります。
最近あまり野菜をとっていない私としては
大変嬉しい大盛りで、その上ローストビーフも美味。

b0287739_2254959.jpg
ビーフシチュー

 こちらも900円のランチとは思えない
しっかりとした味わいの美味しいビーフシチューでした。

b0287739_2254933.jpg
プチデザートとコーヒー

 どの料理も手抜きをすること泣く丁寧につくられており、
味もどの料理をとっても美味しくて
大満足のランチでした。

   ◆VENEDICT DINER
   東京都府中市若松町2-7-10
   TEL:042-360-3557

[PR]

by bacchusmarket | 2007-08-20 21:08 | 食べ歩記(府中)

まだ色づきません

 真夏の日差しの中、どんどん伸び続けるぶどう。
ちょっと目を離すと伸びすぎて収拾がつかなくなってしまうので、
今日、ちょっと整理をしました。

b0287739_226439.jpg

 この写真ではあまり整理ができているようには見えませんね。
それでもだいぶ枝を切ったり、
横へ伸びているものを上へ伸びるようにしたりと、
ちょっと手を加え他のですが、
なかなか、ぶどう産地で見かけるぶどうのようにはなりません。

 ぶどうの実は大きい方が

b0287739_226564.jpg
約15cm

小さい方が

b0287739_226562.jpg
約9.6cm

くらいと前回7月23日に計ったときより、
若干大きくなっています。
ただ、それぞれのみの直径が大きくなり、
房が詰まってきたように感じます。

b0287739_226565.jpg

 代表的な実の粒の大きさは1.2cmと、
前回計ったときとほぼ同じ。
もっと大きくなるのかなあ?

 いずれにしても、これから先、どうなるか楽しみです。

[PR]

by bacchusmarket | 2007-08-19 15:08 | ぶどう栽培に挑戦