二の酉@大国魂神社

 商売を始めてから、商売繁盛の神様である、
お酉様には必ず行くようになりました。

 毎年、一の酉はいつも行き損なってしまい、
二の酉、三の酉にお参りに行くのですが、
今年は二の酉までしかないので、
携帯のアラームで忘れないようにして今年もお参りしてきました。

 今回は二の酉と祭日が重なったので、
大国魂神社の境内は大変な混雑。

b0287739_2253395.jpg

 能舞台では、御神楽をやっていました。

b0287739_2253369.jpg

 毎年困るのが、お参り渋滞。

b0287739_2253455.jpg

お参りするのは大国魂神社ではなく
境内の右横にある小さな鷲(おおとり)神社のため
お参りするだけで大変な渋滞が起こるのです。
今回も列に並んでからお参りするまで
30分近く掛かってしまいました。

 商売繁盛を祈り、

b0287739_2253434.jpg

大きな熊手の替わりに

b0287739_2253563.jpg

熊手のお守りを買って帰りました。

 商売がこの1年繁盛しますように。

[PR]

by bacchusmarket | 2007-11-24 00:11 | 日記

ミシュラン東京版明日創刊!

 グルメガイドの定番、ミシュランの東京版が明日創刊されます。

 私は明日早速買いに行きたいと思いますが、
発表された三つ星レストランは、

http://r.tabelog.com/tokyo/michelin/

の8軒。

 数軒知っているお店もありますが、いったことがあるお店は
15年ほど前に1回いったことがある、
資生堂が経営するロオジエのみ。

 そのときはランチをご馳走になったのですが、
大変美味しかったことを覚えています。

 これらのお店はこれから予約を取るのが大変になりそうですが、
とりあえずひとつ星をまず攻めてみたいと思います。

[PR]

by bacchusmarket | 2007-11-21 23:11 | コラム

終わりました!!

 ようやく一段落つきました。

 なにが?

と言えば、ボジョレー・ヌーヴォーのこと。

 消費者の立場で言えば、
今年のできはどうかとか、どこのが美味しいか、
と楽しめるイベントなのですが、
私達のような売り手は大変なんです。

 ボジョレー・ヌーヴォーはワインシーズンへ突入する
大切なイベントなのですが、これが曲者。

 と言うのも、この数年の売れ行きを見ていると
11月第3木曜の解禁日から週末の日曜までの4日間が勝負。
解禁日の後の日曜を過ぎると、もうボジョレー・ヌーヴォーは
ほとんど売れなくなってしまうのです。

 この間にどのくらい売れるかを8月の終わり頃に読んで発注。
この数字の読みをいかに正確にするかにかかっていると言っても
過言ではありません。

 そして今年の結果、
月曜には

b0287739_2162224.jpg

b0287739_2162550.jpg

おかげさまで、このような状態に。

 これから年末に向けて頑張るぞ!!

[PR]

by bacchusmarket | 2007-11-20 21:11 | 日記

香港屋台市場@武蔵小金井

 ちょっと遠いので頻繁には行けないのですが
時々行きたくなる中華のお店が小金井と調布にあります。

 お店の名前は香港屋台市場小金井店と深大寺店。
同じ系列のお店ですが、
小金井店の方がちょっと近いので
こちらを良く利用しています。

 お店の特徴は

  安い
  うまい
  メニューが豊富
  年中無休
  営業時間が長い

といったところ。

 さて、今回はランチで利用しました。

 注文したのは
豚バラ肉のうま煮かけご飯のセット(680円)

b0287739_2273064.jpg

b0287739_2273159.jpg

と、炒飯とワンタンのセット(680円)

b0287739_2273116.jpg

b0287739_2273197.jpg

どちらのセットにも

b0287739_2273111.jpg

このサラダとお新香が付きます。

 今までこのお店ではほとんど
ハズレに当たったことがありません。
今回もどの料理も美味しくて大満足。
ただ、メタボ気味の私にはちょっと量が多いかも。

 目の前が東京学芸大学なので学生さんにも人気。
大人数で来ていろいろな料理を食べると
楽しいお店です。

   ◆香港屋台市場小金井店◆
   東京都小金井市貫井北町2丁目5-2
   Tel: 042-387-0139
   年中無休

[PR]

by bacchusmarket | 2007-11-19 23:11 | 食べ歩記(府中を除く東京23区外)

あなたが飲んだヌーヴォーはメダルを取りましたか?

 ボジョレー・ヌーヴォー解禁日の直前、
11月11日にリヨンでボジョレー・ヌーヴォー唯一の公式品評会、
リヨン杯の審査が行われました。

 この品評会は2001年の開始以来今年で第7回目だそうですが、
ボジョレーと、ボジョレー・ヴィラージュの各部門につき、

  大金賞(grandes medailles d'or)
  金賞(medailles d'or)
  銀賞(medailles d'argent)

が選ばれました。

 審査結果は

 http://www.beaujolais.fr/admin/inActu/actuRscs/1/TroBN2007.pdf

のサイトで見ることができます。

 私が見た限り、金賞で一番入手できる可能性が高いのは、
アサヒビールがオーナーのBouchard Aine(ブシャール・エイネ)の
ボジョレー・ヌーヴォー。

 ちょっと探してみてはいかがですか。
(当店バッカス・マーケットでは売り切れてしまいました。)

[PR]

by bacchusmarket | 2007-11-16 18:11 | コラム

ボジョレー・ヌーヴォーが届かない?!

 もう皆さんはボジョレー・ヌーヴォーを飲みましたか?

 ボジョレー・ヌーヴォーはご存知の通り11月の第3木曜、
今年なら11月15日に解禁となりますが、
ワインができてから船で運んだのではこの解禁に間に合わず、
飛行機で運んでいるのはご存知の通りです。

 ただ、全生産量の約1/4を消費してしまうという日本へ運ぶ
ボジョレー・ヌーヴォーの量は膨大なもの。
それに対して飛行機1機に積み込める量は
限られていることは想像に難くありません。

 そこで輸入元の各社は飛行機を手配するのも大変で、
フランスの空港から飛ばせれは良い方で、
陸路隣の国まで運んでから飛行機に積み込むことも
あるのだそうです。

 さて、そんなに苦労して手配した飛行機ですが、
たくさんの便になれば
トラブルが起こる確率も高くなります。

 そんな中で、大手輸入業者の飛行機にトラブルが発生。

 まず、1機が離陸遅れに加えて
経由地のアルトマイ(カザフスタン)の悪天候、
更に中国領空の通過申請・取得に非常に
時間が掛かってしまいました。

 悪いことは重なるもので、もう1機がエンジントラブルのため
経由地の香港に引き返し、修理したものの修理不能の状態。
別の飛行機に積み替えようとしたのですが、
その手配に時間が掛かったとのこと。

 最終的には、解禁には間に合ったようなのですが、
予定より大幅に遅れての入荷になりました。

 配送担当の方は夜も眠らずに頑張られたのではないかと思います。

 お疲れ様でした。

b0287739_2255641.jpg

 ちなみにこちらは、毎年人気の
ルイ・ジャドー・ボジョレー・プリムール
上の文章とは関係ありません。念のため。

[PR]

by bacchusmarket | 2007-11-16 18:11 | コラム

パティスリー ルミュー@つつじヶ丘

 新聞を読んでいたら、
「生クリームと生地がムースのように溶ける」食感がすばらしい
ショートケーキをつくるお店が調布にあるというので
行って来ました。

 お店の名前はパティスリー ルミュー
京王線つつじヶ丘を裏の方に降りてすぐのところにありました。
白を基調としたシンプルな内装のモダンな雰囲気のお店です。

 オーナーシェフの富澤宜三(とみざわよしみ)さんは

  パティスリー・ド・レカン
  マキシム・ド・パリ
  サダハル・アオキ(パリ)

で修行後、2002年にこのお店をオープンしたそうです。

 さて、買ったケーキは

b0287739_2174058.jpg
イチゴのショートケーキ(420円)



b0287739_2174079.jpg
カプチーノ(399円)

 イチゴのショートケーキは口の中へ入れると、
生クリームとスポンジが一体となって溶け、
今までに食べたショートケーキの中では迷わず
No.1を付けてしまいます。

 ここのところ、ショートケーキをあまり食べていないので、
ちょっと他のお店のも試してみなければ。

 カプチーノは、ちょっと苦めなコーヒークリームの上に
コーヒームースが乗っており、ちょっと大人の味。
こちらもかなりの美味しさです。

 ハイレベルなお店のリストに加えたいと思います。

   ◆パティスリー ルミュー
    東京都調布市西つつじケ丘4-6-2-108
   Tel: 0424-43-0820
   営業時間 10:00am〜8:00pm
   定休日 水曜日

[PR]

by bacchusmarket | 2007-11-14 21:11 | スイーツも好きなんです

トルブレック・セミナー

 先日、オーストラリア南オーストラリア州バロッサ・バレーで
リリースするワインが軒並み、
ワイン評論家ロバート・パーカーのポイントが90点以上のつくり手、
トルブレックのセミナーを聞いてきました。

 今までいろいろなワインのセミナーに参加しましたが、
今迄で最も感銘を受けたもののひとつでした。

b0287739_227662.jpg

 彼の名前は、デビット・パウエルさん。
大学では経済学を専攻、卒業後、いろいろな国のワイナリーを回って
ワインの勉強をしたのだそうです。

 通常、ワインの勉強はフランスなどの
ワイン先進国でするのが普通ですが、
いろいろな国を回ったおかげでひとつの考えにとらわれず、
いろいろな国の良い面、悪い面をみることができたとのこと。

 面白かったのは彼のスコットランドへのこだわりです。

 スコットランドはそもそもワインとは全然関係ない土地柄。
彼がスコットランドにこだわったのは
スコットランドに好きな女性ができて、
そこの女性と結婚したから。

 彼のワインのブランド、「トルブレック」は
彼がスコットランドで好きな女性がイタという行きがかり上
きこりをしていた森の名前なのだそうです。

 ワインの名前にもスコットランドがいろいろ登場します。

  ウッドカッター・シラーズ

のウッドカッターはきこりをしていた彼のこと。

  ステディング

は、彼が通っていた、パブの名前。

  ラン・リグ

という、定価40,000円ほどのワインは
彼が通っていたパブのバンドの名前だそうです。

 ちなみに、このパブではラン・リグを置いているのだそうです。

 私にとっては意味不明な名前を付けたワインをリリースし、
それが大変レベルの高いワインばかりのトルブレック。
ようやく、その本質が見えてきました。

 ひとつ、パウエルさんが言った忘れられない言葉があります。

 「1000ケースのトップレベルのワインをつくるより、
30000ケースの高品質のお手頃ワインをつくる方が
よほど難しい。」

 このようなつくり手が増えてくれることを望みます。

b0287739_227728.jpg

 私は残念ながら、最後に提供されたトルブレックのトップ・キュヴェ、
ラン・リグを時間の関係でテイスティングせずに帰りました。
残念!

[PR]

by bacchusmarket | 2007-11-12 23:11 | コラム

パティシェ イナムラ ショウゾウ@上野桜木

 秋のうちに、モンブランを語るにはずすことができないといわれる
稲村省三さんの「上野の山のモンブラン」を買うために
パティシェ イナムラ ショウゾウヘ行って来ました。

 稲村さんはホテル西洋銀座のパティシェを14年勤めたあと
2000年にお店を開いたのだそうですが、
人材育成にも情熱を注いでいらっしゃるとのこと。

 それもパティシェだけでなく、
接客の育成ににも大変力を入れられているということなので
是非その接客をみたいということもあって、
遠くまで足を伸ばしました。

 行った日が日曜ということもあり、谷中墓地の入口にあるお店には
列ができています。

 ドアマンが一人、お客の出入りの時ドアの開け閉めをします。
それと同時に、車で来た客が路上駐車をしようとすると、
20mほど離れた駐車場まで走り、車を誘導。
ドアマンがいない時には中の売り場の女性がドアの開け閉め。

 さて、15分ほど待って店内にはいると、
順番を待ちながらケーキ選び。
ショーケースの中のケーキが少なくなり、
売り場の女性が厨房に声をかけると、
厨房から了解を意味するかけ声が。
この掛け合いが聞いていて気持ちが良いものでした。

 ケーキはスペシャリテの

b0287739_2171464.jpg
上野の山のモンブラン(472円)

季節限定の

b0287739_217144.jpg
マロンのミルフィーユ(472円)

そして

b0287739_2171468.jpg
マロンドレイユ(420円)

b0287739_2171440.jpg
シュークリーム(189円)

 有名店なので、それぞれのケーキについてのコメントはしませんが、
この4つ、どれも私には甘さが強すぎて
残念ながら口に合いませんでした。

 それにしても、サービスは一軒の価値がありました。

   ◆パティシェ イナムラ ショウゾウ◆
   東京都台東区上野桜木2-19-8
   TEL:03-3827-8584
   営業時間:10:00〜19:00
   定休日:月曜・第3火曜(月曜日が祝日の場合翌火曜日)

[PR]

by bacchusmarket | 2007-11-10 20:11 | スイーツも好きなんです

デリー@湯島

 かなり以前、銀座でサラリーマンをやっていた頃、
良くカレーを食べに行ったお店デリー

 湯島にもお店があることは知っていたのですが、
食事をするために車を駐車しようとしていたら
目の前からカレーの良い匂いが漂って来て、
他のお店に行こうとしていたのに
思わず懐かしくなって入ってしまいました。

 カレー屋さんとしては老舗の部類に
入るのでは、ないでしょうか。
注文したのは初めて食べる、コルマカレー(900円)

b0287739_2271093.jpg

と、以前良く食べていた、カシミールカレー(900円)。

b0287739_2271059.jpg

 見た目では違いが良く分かりませんが、
コルマカレーはコクがあるタイプで、辛口。
カシミールカレーはサラッとしており、スパイしーな超辛口。
特にカシミールカレーを食べると、汗や涙が止まらなくなります。
それでも、食後に口に気持ちの良い余韻が残るのが嬉しい。

 久しぶりに懐かしい味を食べて大満足でした。
東京ミッドタウンにも出店したようですが、
かなりの混雑だと他のお客さんが話していました。

   ◆デリー上野店
   東京都文京区湯島3-42-2
   TEL03-3831-7311
   営業時間/11:50AM〜9:30PM (L.O)
   年中無休
[PR]

by bacchusmarket | 2007-11-08 19:11 | 食べ歩記(カレー)