マカン マカン@大和市

 昔の飲み仲間が
大和市でシンガポール料理のお店をやっているのですが、
大和市ということでなかなか行く機会がなく、
横浜市戸塚区へ行く所用があったので、
ようやく行って来ました。

 お店の名前は、「マカン マカン」。
相鉄線、小田急江ノ島線の大和駅から徒歩約5分、
表通りからちょっと入った場所にあります。

b0287739_2161017.jpg

 飲み仲間だった、オーナーシェフの平岡弘子さんは、
ご主人の転勤でシンガポールに3年間滞在。
滞在中にシンガポールの料理に興味を持つようになり、
それが高じて、レストランを開店するまでになったとのこと。
今でも、シンガポールに年に数回は行っているそうです。

 さて、今回オーダーしたのは
土・日・祝日ランチセットメニューの中から
「海南鶏飯(チキンライス)」1,260円。
海南島出身の人が伝えた、シンガポールの国民的料理だそうです。

b0287739_2161130.jpg

 まず出てきたのが、たっぷりサラダ。
ピーナッツと、エスニックなドレッシングが、
一口食べただけで、気分をシンガポールに誘います。

b0287739_2161116.jpg

 こちらが海南鶏飯。
鶏のだし汁で炊いたご飯の上に柔らか茹で鶏が乗っており、
後ろに見える、生姜ソース、チリソース、中国醤油の
3種類のソースを付けて食べます。

 私は以前、ビールの輸出の仕事で
東南アジアを3年間担当したのですが、
シンガポールでは日本食のレストランばかりをまわり、
シンガポール料理はほとんど食べたことがありませんでした。

 でも、こんなに美味しいのなら、
もっと食べておけば良かった。

 セットメニューにはこの他に
鶏のスープ、コーヒーまたはジャスミンティーが付きます。

 エスニック料理好きの私としては
全部のメニューを制覇したくなるお店です。

 それにしても平岡さんとは5年ぶりくらいの再会で、
すっかり旧交をあたためることができました。

  ◆マカン マカン
  神奈川県大和市中央1-6-19 ナガタビル1F
  Tel & Fax : 046-260-7010
  営業時間: 11:30〜14:00、17:00〜22:00
  定休日: 水曜・第3木曜

[PR]

by bacchusmarket | 2008-04-28 20:04 | 食べ歩記(その他の地区)

かりんとう 小桜@浅草

 浅草、和スイーツシリーズの最後はかりんとう。
私もかりんとうに詳しい訳ではありませんが、
今まで食べたかりんとうの中で最も上品なお味。

 場所は浅草寺の裏、言問通りを渡って、
ちょっと料亭街の中に入ったところ。

b0287739_2274136.jpg

 話によると、「福し満」という料亭が
お客さんへの手みやげとしてつくったのが始まりだそうで、
平成元年に料亭の隣に女将の息子さんがお店をオープンしてから、
一般の人でも買うことができるようになったのだそうです。

 お店は、このようにあまり目立たないので、
初めて行くと、見つけるのが大変。

 小桜なんとしても良いのは、このパッケージ。

b0287739_2274197.jpg

この包装紙のデザインは秀逸です。
また、巾着型のラッピングも素敵。

 さて、実際のかりんとうは

b0287739_2274166.jpg
ゆめじ

プレーン、青海苔、パプリカの3色で、
竹久夢二の描く女性をイメージしたとのこと。

b0287739_2274122.jpg
きなこ

こちらは、きな粉と黒糖。

 どちらも甘さが控えめで、サクっとした歯ざわり。
ちょっと食べると後を引いて、思わずたくさん食べてしまいます。

 手みやげに最適ですが、浅草に行ったら、
自分のためにも買いたくなってしまう味です。

  ◆かりんとう 小桜◆
  東京都 台東区浅草4-14-10
  Tel: 03-5603-5390
  営業時間:10:00〜17:30
  定休日:日曜

[PR]

by bacchusmarket | 2008-04-24 17:04 | スイーツも好きなんです

言問団子@向島

 「長命寺桜もち」を買った後は、すぐ近くの
言問団子で、お茶。

b0287739_218854.jpg

 早慶レガッタが終わった直後ということもあり、
レガッタ帰りとわかるお客さんでほぼ満席状態です。

b0287739_218875.jpg

 この団子は、ホームページによれば、

   お米の粉を餅状にした小豆餡と白餡で包んだ団子と
   白玉粉を餅状にしたものをクチナシよりとった色粉で青黄色にし、
   中にみそ餡を入れたもの

の3種類。どの団子も応援の後には大変美味しいのですが、
確かに黄色い団子はねばりが少し強く、食感がちょっと違っていました。

 隅田川沿いを散歩する途中に寄るのに
最適なお店です。

  ◆言問団子
  東京都 墨田区向島5-5-22
  Tel: 03-3622-0081
  営業時間:午前9時30分〜午後6時
  休日:休日毎週火曜日
     月末火曜水曜連休あり

[PR]

by bacchusmarket | 2008-04-23 18:04 | スイーツも好きなんです

長命寺桜もち@向島

 隅田川で行われた、早慶レガッタを観戦した帰り、
「長命寺桜もち」で、桜餅を買って帰りました。

b0287739_218015.jpg

 このお店には桜の時期以外には行ったことがないので
確認したわけではないのですが、
1年を通じて桜餅しか売っていないということです。

 買って帰ったのは6個入り(1,200円)。

b0287739_218033.jpg

 餡の入った餅が3枚の桜の葉に包まれています。

b0287739_218082.jpg

b0287739_218123.jpg

 桜餅の葉は、食べる派、たべない派と分かれるようですが、
私は食べる派。
(食べられるものは何でも食べないと気が済みません。)
3枚の葉ごと食べました。
桜の葉の塩気が適度に効いて大変美味。

 ところで、このブログを書くために
ちょっとネットで桜餅のことを調べていたら、
関西の桜餅は「道明寺」と言って
俵型をしていることを発見。

 今度は関西版の「道明寺桜餅」も食べねば。

  ◆長命寺桜もち◆
  東京都墨田区向島5-1-14
  Tel: 3-3622-3266
  営業時間:9:00〜18:00
  定休日:月曜

[PR]

by bacchusmarket | 2008-04-22 21:04 | スイーツも好きなんです

エーグル・ドゥース@目白

 秋に、モンブランが美味しいお店ということで紹介され、
行きたいと思っていたのですがなかなか行く機会がなく、
ようやく目白の近くで所用があったので行ってみました。

 目白駅から目白通りを山手線の外側へ向かって約500mほど行った
右側にお店はあります。

b0287739_2174271.jpg

外観は、まさにフランスのパティスリー。

 シェフの寺井則彦さんは、オテル・ド・ミクニのシェフパティシェを勤めたり、
パリの「ル・コルドン・ブルー」で先生をやったり、
日本チームのリーダーとして参加した、スイーツのオリンピック、
第8回クープ・ド・モンドで、2位入賞を果たしたりという経歴の持主。

 とりあえずおすすめのケーキ

b0287739_2174216.jpg

b0287739_2174250.jpg
シャンティーフレーズ



b0287739_2174359.jpg

シュークリームを購入。

 最近、ショートケーキとシュークリームで
味を見るのがマイブームとなっています。

 3つとも、甘さを適度に抑えた、上品なお味。
これなら下落合の高級住宅地のマダムも納得でしょう。

 今度は秋に、モンブランを買いに来るぞ。

  ◆エーグル・ドゥース◆
  東京都新宿区下落合3-22-13
  Tel: 03-5988-0330
  営業時間:10:00〜19:00
  定休日:水曜

[PR]

by bacchusmarket | 2008-04-20 21:04 | スイーツも好きなんです

優れものの地図発売

 ワイナリーめぐりには地図が不可欠ですが、
私もなかなかいい地図にはめぐり合いませんでした。

 それは、、今までの地図を作ってきたのが、
ワイナリーの組合、地方自治体、東京の出版社など、
だったから。

 ワイナリーの組合の場合、その組合に加盟している
ワイナリーしか地図に載らず、
地方自治体の場合は、隣の町には関心なし、
東京の出版社は取材不足で、
十分な情報が地図に盛り込まれていません。

 今回取り上げた地図は、「山梨ワイナリーマップ」。
山梨のワイナリーのガイドを製作している、
ワインツーリズム山梨が造った、イラスト地図です。

b0287739_2154652.jpg


 市町村の枠にとらわれず、山梨県のワイナリーをほぼ収録。
その上、私が今まで足で稼いで得た、
美味しいレストランなどの情報も、地元のプロだけあって
すべて網羅されています。

 たとえば勝沼の中心部は

b0287739_21546100.jpg

こんな状態。

 この地図さえあれば、山梨県のワイナリーめぐりは
完璧です。

 地図の入手先は

  ◆ワインツーリズム山梨
  山梨県甲府市丸の内1-16-13ヤマサビル2F
  info@yamanashiwine.com

[PR]

by bacchusmarket | 2008-04-16 23:04 | 国産ワイン

ZATS BURGER CAFE@高円寺

 いつもお世話になっている税理士さんの事務所の近くの
佐世保バーガーを食べさせるハンバーガーショップに
久しぶりに行ってみました。

 行ってみるとお店の名前がに「カフェ」がつき、
お店の間口も2倍ほどの大きさに変身しておりびっくり。

 以前は間口が狭く、1階はカウンターのみ。
2階にテーブル席があったかと記憶していますが、
現在は

b0287739_2174181.jpg

このようにカウンターの奥の調理スペースが広がった感じ。

b0287739_2174120.jpg

カフェという名前の通り、このようにオープンになっています。

 注文したのは、ザッツ佐世保バーガーのジャンボ(1,380円)。

b0287739_2174182.jpg

確か前回来た時にはレギュラーを注文したのに、
なぜか勢い余ってジャンボを注文してしまいました。

 佐世保バーガーはビーフパテ、赤玉エッグ、ベーコンの全部入り。
そしてジャンボは直径20cm以上あるのではないかというサイズ。
夕食を食べる必要がないくらい満腹になってしまいました。
レギュラーにしておけば良かった。

 味は、前回来た時の印象が大変良かったのですが、
今回は、フレッシュネスバーガーがもう少し大きくなったレベル。
美味しいハンバーガーショップが増えた中ではちょっとがっかり。

b0287739_2174120.jpg

クーポンで無料で付いた、フレンチフライは
なかなかのお味でした。

  ◆ZATS BURGER CAFE
  東京都 杉並区高円寺南4-24-11
  Tel: 03-5938-9911
  営業時間: 11:00〜翌2:00
  定休日:第1月曜日

[PR]

by bacchusmarket | 2008-04-15 21:04 | 食べ歩記(東京23区内)

新芽が出てきました

 我家のカベルネ・ソーヴィニヨンに新芽が出てきました。

b0287739_2275349.jpg

b0287739_2275347.jpg

 また、ぶどうの季節が始まりました。
ことしはたくさん実を実らせるぞ!!

[PR]

by bacchusmarket | 2008-04-15 18:04 | ぶどう栽培に挑戦

桃のお花見@山梨

 フジッコワイナリー醸造責任者の雨宮さんのご実家が、
桃の栽培農家をしていらっしゃるとのことで、
その畑で、桃の花見をさせてくださいました。

 当日(4月12日)、電車で勝沼ぶどう郷へ着くと、
駅前は桜が満開の状態。
桃の花が咲いているかちょっと心配でしたが、
遠くにちょっと色が濃いピンクが見えて一安心。

 当日、雨宮さんは仕事があるので、
フジッコワイナリーの見学をした後ワインを仕入れ、
タクシーでご実家へ。

 ご実家では、雨宮さんのお母様が迎えてくださり、
軽トラの荷台に乗って、桃園へ。

b0287739_2153983.jpg

トラックの荷台に乗った経験がないメンバーばかりで、
すでにおおはしゃぎ。

b0287739_2153982.jpg

 雨宮さんの桃園に到着。
周りの畑は、下草が生えていないところが多い中、
雨宮さんのお父様は除草剤を使っていないので、
緑の絨毯になっています。

 踏んでみるとふわふわ。
ミミズがたくさんいるのだそうです。

 今回はこの広い桃畑をわれわれが独り占め。
こんなにきれいな花の中、周りに煩わされることがなく、
ゆっくり花見とはなんと贅沢なことか。

b0287739_2153933.jpg

 早速弁当を広げ、花見開始。
ちなみに、タッパーは、雨宮さんのお母様の差し入れ。
ほうれん草、野沢菜、山椒で、どれも大変美味。

b0287739_2153917.jpg

 桃は満開のほんの少し手前で、
あと数日で色がもっと濃くなるのだそうです。

 お父様は午前中に受粉作業をしたとのこと。
最近は周りで農薬を多く使っているので蜂がいなくなってしまい、
受粉を人間がしなければならないとのこと。

b0287739_2153961.jpg

 こちらは桃の収穫で木の上に付いた実を採るのにに使う
リフトの上からの光景。
周りがすべてピンクの絨毯で、最高。

 途中お父様から、桃についてのいろいろな薀蓄を伺ったりして、
最高の花見をすることができました。
雨宮さんご一家の皆様、ありがとうございました。

[PR]

by bacchusmarket | 2008-04-14 23:04 | 日記

ワインパーティー@マハラジャ

 フランス、ローヌのつくり手を招いて
そのワインを飲みならディスコで踊ろうというパーティーがあるというので
70年代から80年代にかけてディスコ通いをしていた血が騒ぎ、
行ってきました。

 場所は六本木のMAHARAJA SALOON King & Queen
ディスコという業態のお店が今だに存在してたんです。

b0287739_2174930.jpg

店に入ると、昔ディスコに通っていたときには決してなかった、
ワインのボトルがずらっとカウンターの上に並んでいます。

 ワインを飲みながら待っていると、生産者の方々が到着。
到着早々、紹介が終わると早速芸の披露が始まりました。

b0287739_2174993.jpg

どうもおそろいで、サスペンダーを着用しているようです。

 踊りや歌の披露が終わるといよいよディスコタイム。

b0287739_217498.jpg

なんとこのお店にはお立ち台が健在で、
早速お立ち台で踊る、二人。

b0287739_2175027.jpg

ダンスフロアはこんな状態。
かかる音楽は、70年代から90年代のもので、
なんといっても6000円の入場料をわざわざ払って
来るお客さんは、私も含めて踊らずにおれません。

b0287739_2175095.jpg

昔、明らかにジュリアナで鳴らしたとおもわれる方々。
ずっとお立ち台の上で踊っていらっしゃいました。

 久しぶりにはじけた1夜をすごすことができました。

[PR]

by bacchusmarket | 2008-04-12 21:04 | 日記