新進女性醸造家始動!(その2)

 畑を案内していただいた後は、ワイナリーへ移動。
ワイナリーの中を案内していただきます。

 中央葡萄酒は、衛生管理に大変気を使っており、
ワイナリーに入ると最初に靴を用意された長靴に履き替えます。
 
 入るとすぐ、このワイナリーができた直後に見学した時にはなかった、
直径50〜60cmのバスケット・プレス(搾汁器)や選果台があり、
良いワインを造るための設備の充実が進んでいることが感じられます。
特に手間隙とコストがかかる選果台があるワイナリーは
日本ではあまり多くないのではないでしょうか。

 今年の仕込みはすべて終わっており、
醸造途中のワインを見せていただきました。

b0287739_06549.jpg

 こちらは開放の木桶で醸造中のカベルネ・ソーヴィニヨン。
香りを嗅がせていただきました。
すでに将来が楽しみな香りがあがってきます。
なお、この桶の周りのダンボールは保温用の壁。

b0287739_06568.jpg

 シャルドネは樽発酵を終えたところ。

b0287739_06559.jpg

畑のブロックごとに別々に仕込んでいるそうで
それぞれの樽を試飲させていただきました。
北の畑のシャルドネは酸がきれい、
南の畑のシャルドネは、よりボディーがある。
仕込んだばかりのワインとは思えないほどの完成度の高さでした。

 その他、スパークリングワインを造るために
実験的に仕込んでいる白仕立てのピノ・ノワールや
ストーブ暖房している部屋にある樽熟成中のメルロー、
試験醸造中のワインなど
ありとあらゆるワインを試飲させていただきました。

 彩奈さんの「自分で仕込んだものを全部見てもらいたい」
という気持ちが伝わってきます。

 見学の後はいよいよ試飲。

b0287739_06583.jpg


b0287739_06542.jpg

 当初いただいたワインリストでは、辛口白4本、赤3本、
そして甘口白1本の予定でしたが、
後から後から、「これも試飲してください」と試飲することになり、
結果としては発売していない秘蔵のワインも含め、
予定の2倍近くのワインを試飲することに。

 中央葡萄酒のすべてを知ってほしいという、
彩奈さんの気持ちが、十分伝わってきた試飲でした。

 休日の日曜に訪問することには躊躇していたのですが、
彩奈さんは今年はほとんど休みを取っていないとのこと。
ワインづくりが楽しくてしょうがないといった印象を受けました。

 私が28歳の頃といえば、サラリーマン生活で、
有給休暇をいかに消化して遊ぼうかということばかり
考えていたような気がして、ずいぶんな違いを感じます。

 彩奈さんは髪を後ろにまとめて、化粧っ気もなく、
右小指にはタンクから落ちて怪我をした絆創膏を巻いて、
ワインについて話すときには大変活き活きしている。

 これからの中央葡萄酒が大変楽しみです。

  ◆ミサワワイナリー
  山梨県北杜市明野町上手11984-1
  Tel: 0551-25-4485

[PR]

by bacchusmarket | 2008-11-30 19:11 | ワイナリー訪問記

オーブン・ミトンのモンブラン

 小金井のオーブン・ミトンに
バースデーケーキの予約に行ったら
モンブランがあったので買ってきました。

 今年3つ目のモンブラン(609円)。

b0287739_06239.jpg

マロン、生クリーム、カスタード・クリーム、
ナッツ、メレンゲの絶妙な組み合わせ。
やはり、オーブン・ミトンは何を食べても美味しい。

 そろそろモンブランは打ち止めです。

  ◆オーブン・ミトン・カフェ
  東京都小金井市中町1-11-3
  TEL/FAX 042-385-7410
  営業時間:10:00-16:00(ラストオーダー15:30)
  定休日:毎週月・火曜日/第3日曜日

[PR]

by bacchusmarket | 2008-11-28 21:11 | スイーツも好きなんです

新進女性醸造家始動!(その1)

 中央葡萄酒(グレイスワイン)の三澤茂計社長のお嬢さん、
三澤彩奈さんが留学、海外研修等を終え、
今年から山梨県北杜市明野町にあるミサワワイナリーで、
ぶどうの栽培から醸造まで
一連の作業をするようになったとのことなので
話をうかがいに行ってきました。

 彩奈さんは1980年生まれの28歳。
フランスのボルドーとブルゴーニュで合計2年半、
ワインと技術者資格を取るため留学、
南アフリカ、ステレンボッシュ大学の大学院で2ヶ月、
そしてニュージーランドで3ヶ月研修の後、
今年から明野農場の栽培と、
ミサワワイナリーの醸造を担当するようになりました。

 朝早くに東京を出発し、ミサワワイナリーに着いたのは10時頃。
彩奈さんは私たちを迎える準備をしている最中で、
その間、副社長の酒井さんがお相手して下さいました。

 今年の甲州の収穫についてのお話でしたが、
今年は例年の80%くらいだったとのこと。
その理由としては、

  ・栽培面積の減少(10年前の1/3)
  ・大手の甲州ワインへの参入
  ・ベト病

の3つがあげられるそうです。

 この中で気になるのが大手の参入。
甲州ワインについて今まで真剣に取り組んでいなかった大手が
ちょっと売れるようになったからといって安易に参入することによって、
原料ぶどうを十分に確保できない中小のつくり手が
でてきてしまうという事態が許されるのでしょうか。

 さて、彩奈さんの案内は最初が明野農場。


良いぶどうを手に入れるためのいろいろ工夫をしているのだそうで、


こちらは多くの生産者が取り入れているぶどうの樹全体に傘をかける、
マンズレインカット方式ではなく、
ぶどうの房の部分にだけ傘をかけることによって、
光合成が十分に出来るという雨対策。


ぶどうの樹の部分だけ畝(うね)を高く作って、
水はけを良くする方法。
こちらは草刈に機械を使えないので、
手間が大変かかるのだそうです。

 どちらも、ぶどうの出来が大変良く、
効果が上がっているとのことでした。


 こちらは、今回どうしても見たかった甲州の垣根栽培。


近くにこのような棚栽培の甲州も品質の比較のため
植えられていました。

 2〜3年後にはこの甲州からできたワインが出来るとのことで、
どんなワインになるのかちょっと楽しみです。

 今日はここまで、次回のワイナリー見学に続きます。

[PR]

by bacchusmarket | 2008-11-23 21:11 | ワイナリー訪問記

ヌーヴォー始まる!

 ワイン業界で働く人間にとって最大のイベントである
ボジョレー・ヌーヴォー(最近「ボージョレ・ヌーヴォー」とも良く聞きます)が
解禁になりました。

 昨日は、閉店間際にセッティング。

b0287739_063828.jpg

店内のこのスペースに、

b0287739_063812.jpg

このように陳列完了。
3時間ほどを要しました。

 今年は業界全体では半減とも言われていますが、
とりあえず仕入れた数は前年並み。

 どうかちゃんと売り切れますように。

[PR]

by bacchusmarket | 2008-11-20 21:11 | 日記

スタミナカレーの店バーグ@伊勢佐木長者町

 食べ歩記を書くにあたって、
後から検索しやすいよう、地域別に書いていますが、
私が現在住んでいる府中市よりも、
実家がある横浜の方が数が多いことに気がつきました。

 実家には老齢の両親がいるので、
年に数回行く時、食事をした場合に書いていますが、
それが府中市よりも多いということは
府中に書けるお店がいかに少ないかということを物語っていて、残念。

 さて、今回も実家に用事があった折に、
弟から「カレーを食べるなら一度は押さえておかなければ」
と言われたお店へ。

 お店の名前は、「スタミナカレーの店バーグ」。
本店は杉田にあるということですが、
こちらは、地下鉄伊勢佐木長者町駅近く、
大通公園に面したビルの1階にあります。

b0287739_072473.jpg

 メニューは

b0287739_072452.jpg

1000円以下のメニューがずらり。

 ドレを頼んだら良いか分からなかったので、
お店の売りと思われるスタミナカレーを注文。
トッピングが生卵か目玉焼きか選べるので
目玉焼きを選択。

 注文してから5分も経たないうちにに出てきたカレーが

b0287739_072475.jpg

カレーの上に、豚肉の生姜焼きが乗っています。
卵は生姜焼きの下。

 食べてみると、これがなんとも美味い。
ガッツリ系の食事に最適。
といっても私の食べた時間は14:00頃だったせいか、
私以外の客はほとんど女性。

 男向きのカレーかと思いきや、女性にも人気でした。
ほんじゃまかの石塚さんもオススメの店だとか。

 今度は生卵のスタミナカレーに挑戦して見たいと思います。

  ◆スタミナカレーの店バーグ弥生町店◆
  神奈川県横浜市中区弥生町2丁目18-1
  Tel: 045-242-3336
  営業時間:[平日]11:00 - 21:30
         [土曜日]11:00 - 21:30
         [日曜・祝日]11:00 - 21:30
  定休日:月曜

[PR]

by bacchusmarket | 2008-11-18 21:11 | 食べ歩記(横浜)

シラク元大統領にささげられたワイン

 寄せ鍋を食べたので、それに合わせるワインを探したところ、
原茂ヴィンテージ甲州樽熟成2005」の特別ラベルがあったので
開けることにしました。

b0287739_152978.jpg

 このワインは昨年7月14日のフランス独立記念日に
シラク元大統領の引退記念品として贈呈されたものと同じラベル。
ラベルのアップは、

b0287739_1529100.jpg

 このボトルは、1本特別に頂いたものを、
店や家に長い間飾ってあったので、
保存状態が大変悪い。

 そこで恐る恐る飲んでみたのですが、
全く劣化を感じさせない、しっかりとした味わい。
さすがに、ちゃんとつくられたワインは、
少々保存状態が悪くてもびくともしませんでした。

 原茂ワインはすごい。

[PR]

by bacchusmarket | 2008-11-17 21:11 | 国産ワイン

山本博さんがThe French Food Spirit Awards 2008受賞

 山本博さんといえば、弁護士の傍ら
ワインに関する著書をたくさん執筆されているので
ご存知の方も多いのではないかと思います。

 最近では特に日本ワインに関する本を多く出されており、
ここのところの国産ワインブームに大いに貢献されています。

 さて、この山本博さんですが、パリ国際見本市(SIAL)と
全国食品加工産業協会(ANIA)が共同で設立した
非営利団体Friends of the French FoodSpiritが
フランスの食文化の特性に著しく貢献した著名人を
毎年表彰するTheFrench Food Spirit Awards で
シャンパーニュやシャブリの日本での名称保護に対する
多大なる貢献が評価され、人文科学賞に選ばれたのです。

http://www.thefrenchfoodspiritawards.com/trophees/base_trophees_laureats.htm

 アマゾンに山本博さんの名前を入れてワイン関係の本を検索すると43冊。
山本さんが日本でのワインの普及に
いかに貢献されているかがわかります。

 私も山本さんの本を何冊か読みましたが、
弁護士の忙しい仕事をこなしながら
良くこれだけのことを調べられると思うような、
大変ためになる内容のものばかり。

 心からおめでとうございますと申し上げます。

[PR]

by bacchusmarket | 2008-11-16 19:11 | コラム

パティスリー ルミューのモンブラン

 先日も書いたとおり、
好みでないモンブランに当たってしまったため、
秋のうちに美味しいモンブランを食べたく、
京王線つつじヶ丘のパティスリー ルミューへ行ってみました。

 ルミューでは

b0287739_071075.jpg
モンブラン(420円)

と、定番の

b0287739_071064.jpg
ショートケーキ(420円)

を購入。

 モンブランは、和栗の風味で、
下のタルトの中にも栗のペーストがたっぷり。
初めて食べましたが、さすがルミュー。
美味しいモンブランのレパートリーがひとつ増えました。

 ショートケーキは相変わらず安心して食べられる味わい。
スポンジと生クリームの相性が抜群です。

 美味しいモンブランを食べることができ、
心安らかに、冬を迎えることができます。

   ◆パティスリー ルミュー
   東京都調布市西つつじケ丘4-6-2-108
   Tel: 0424-43-0820
   営業時間 10:00am〜8:00pm
   定休日 水曜日

[PR]

by bacchusmarket | 2008-11-12 23:11 | スイーツも好きなんです

秋深し

 玄関を出たら足元に

b0287739_153096.jpg

カマキリが。

 動きが遅く、なんとなく弱々しい。

b0287739_153066.jpg

何故か羽に、ゴマ粒のようなものをつけているのも
普通じゃない。

 お腹が膨らんでいるのは、
もしかしたらこれから卵を産むのかも。

 季節はもうすぐ冬。
私にとっては1年で一番休みが取れないシーズン、到来です。

[PR]

by bacchusmarket | 2008-11-10 20:11 | 日記

アンジェリーナのモンブラン

 今年モンブランをまだ食べていないので、
新宿ルミネの下に最近出来たアンジェリーナで
買ってきました。

 アンジェリーナはパリのリヴォリ通りにあるサロン・ド・テで、
パリでは一度お茶をしに入ったことがありますが、
アンジェリーナがご本家といわれるモンブランを
まだ食べたことがないので、買ってみたという次第。

b0287739_06150.jpg
モンブラン(デミサイズ)475円

 光の具合が悪く、綺麗に写っていません。

 見た目は、紙のカップに入っており、
大量生産品というイメージ。
食べてみると、とにかく甘く、栗の風味もあまり感じられない。
残念ながら、私の好みではありませんでした。

 秋が終わらないうちに、食べなおしをしなければ。

[PR]

by bacchusmarket | 2008-11-08 21:11 | スイーツも好きなんです