甲州市勝沼ワインゼミナール

 先日、山梨県勝沼町のぶどうの丘で行われた
「甲州市勝沼ワインゼミナール」へ行ってきました。

 このイベントは勝沼ワイン協会主催、甲州市協賛で行われ、
今回で30回目になります。

 受講者の半数以上が生産者とぶどう農家で、
ワイン産地の抱える問題点が浮き彫りになったりするので
私は5年ほど前から毎年このゼミナールに通っています。

 今年は「なぜ今、日本ワインなのか」というタイトルで、
ワイン関係の著書を沢山書いていらっしゃる、弁護士の山本博さんと、
「日本ワインを愛する会」副会長の肩書きを持つ
俳優の辰巳琢郎さんの対談という形で行われました。

b0287739_154446.jpg


 山本先生はこの25年で世界のワイン市場はグローバル化が進み、
日本ワインもそのグローバル化の波にさらされており、
その中で生き残っていくためにしっかりしなければならないという
どちらかと言えば厳しい立場。

 辰巳さんはワインは何を飲むかではなく、誰と飲むかが大事。
ワインの欠点を見つけるのではなく、長所を見つけながら、
楽しく飲めばよいのではないかという、優しい立場。

 私としては辰巳さんの意見にも賛同できるのですが、
ワインの売り手として日本ワインに育っていって欲しいと思うと、
山梨県のワインの生産者の方々は山本先生がおっしゃるように
もっと現実を厳しく捉えていかなければならないように感じました。

 特にラベルの表記に関する規則づくりなどはその際たるもので、
今まではそのワインに半分入っているだけで
優良産地の名前を表示している
つくり手がいるということを聞いたこともあり、
そのようなことをしている限り、現在少し調子が良い日本ワインも
すぐにだめになってしまうのではないかと考える次第です。

 現在、山梨県のワインは他の産地、得に長野県に劣勢に建たされており、
かなりのがんばりがないと、挽回はできないのではないでしょうか。

 私は他の産地の肩を持つわけでも何でもありません。

 伝統のある山梨県のワインに期待すること大ですので、
現在ちょっと人気が出てきたことに安住することなく、
是非このグローバル化の波の中で、
海外のワインと対等に戦えるワインが
どんどん生まれることを望みます。

[PR]

by bacchusmarket | 2009-02-24 21:02 | 国産ワイン

エルベ・モンスのチーズ@紀ノ国屋

 エルベ・モンスというフランス人をご存知ですか。

 エルベ・モンスさんの仕事はチーズ熟成士。
こんな職業は日本では聞いたことがありませんが、
フランスでは大変重要な職業。

 フランスでもじっくりと熟成させずに
機械で大量生産されるチーズが増えている状況の中で、
エルベ・モンスさんは信頼関係を築いた農家のチーズのみを
熟成させる仕事をしているのです。

 そして、フランス最優秀職人賞の
2000年に設けられたチーズ熟成士部門で、
見事フランス最優秀職人(MOF)に選ばれたのです。

 さて、そのエルベ・モンスさんが熟成させたチーズですが、
MOFに選ばれた2000年頃から日本に輸入されていました。
ところが、モンスさんのチーズはなんとしても高い。

 それが、紀ノ国屋本店が新装オープンとなって
エルベ・モンスコーナーができたことにより、
どんなに少ない量でも量り売りで買えるようになったのです。

 例えば、

b0287739_154284.jpg


このチーズ、直径1cm、高さ3cmくらいの、シェーブル(山羊)。
これが4個で388円。
山羊にしては大変コクがありワインとの相性もばっちりでした。

 ホールでチーズを買っても食べきれずに余らせてしまうのでしたら、
ちょっと高いチーズを少量買うという買い方が、
なかなか良いのではないでしょうか。

 紀ノ国屋さん、いつまでもこの売り方を続けて下さいね。

  ◆紀ノ国屋インターナショナル
  東京都港区北青山3-11-7 AOビルB1F
  TEL 03-3409-1231
  営業時間:9:30〜21:00

[PR]

by bacchusmarket | 2009-02-22 20:02 | 食べ歩記(東京23区内)

安記@横浜中華街

 中華街で急いで入れる店を探していたら、
結局今回も安記に。

 普通でしたらお粥の中からを選ぶのですが
メニューを見ていたら

b0287739_154334.jpg


生碼麺(サンマーメン)を発見、懐かしくて頼んでしまいました。

 サンマーメンは横浜発祥、
私が知っているのは醤油ベースの麺にもやしのあんかけが載ったもの。
もやしはあまり火を通さずにしゃきしゃきしています。

 私が子供の頃は、中華の出前を頼むとき、
ラーメンか、サンマーメンの2つが選択肢だったように記憶しています。
また、調べてみると、サンマーメンは今では横浜だけではなく、
神奈川県そして近隣の件でも食べられるようになっているようです。

 さて、安記のサンマーメンは

b0287739_154452.jpg


基本的にもやしで、ちょっと青い野菜が。
食感は大変しゃきしゃきしており、これぞサンマーメンという味でした。

  ◆安記◆
  横浜市中区山下町147
  Tel: 045-641-3150
  営業時間:9:00〜14:00(LO) 、17:00〜20:00(LO)
  定休日:水曜

[PR]

by bacchusmarket | 2009-02-20 20:02 | 食べ歩記(横浜)

サラリーマン川柳、投票受付中

 私が毎年楽しみにしているサラリーマン川柳の優秀作が
先日発表になり、現在人気投票の受付中です。

 私もサラリーマンを辞めてから10年近くたってしまいましたが、
未だにサラリーマン川柳には共感できるものが沢山あります。

 今年は100年に一度の不況と言われる中、
賃下げ、人員整理などを題材にしたものが多いように思いますが、
私が選んだマイベスト10は以下の通りです。

  コスト下げ やる気も一緒に 下げられる

  妻が買う 義理チョコリストに 俺の名が

  辞表出し 「あずかっとくよ」は ドラマだけ

  能あるが 隠しっぱなしで もう定年

  マンガ好き 末は首相と 息子云う

  妻よりも 家電の方が いい返事

  就職先 自宅警備と 言う息子

  KYを 演じています 妻の前

  「ストレスか?」 聞かれる上司が その原因

  忘れもの 呼ばれて行けば ゴミ袋

  チェンジしろ! 怒鳴った部長が チェンジした


 特に、今年息子が就活をしているので、

   就職先 自宅警備と 言う息子

には、身につまされるものがありました。

 ちなみにサラリーマン川柳の投票受付は3月13日まで。
あなたも、ワインでも飲みながら、共感するものに投票してみませんか。

[PR]

by bacchusmarket | 2009-02-17 21:02 | コラム

つな八@新宿

 新宿駅南口から伊勢丹方面へ行く途中、
これからラーメンでも食べようかと話していたのに、
油の香りに誘われて思わず吸い込まれるように
このお店に入ってしまいました。

b0287739_154196.jpg


 以前まだ会社勤めをしていた頃、
お手頃価格で挙げた手の天ぷらを食べられると言うことで、
新宿に会社がある方から教えていただいたお店が、
このつな八でした。

 会社を辞めてからは、昼時に新宿で食事をする機会がへり、
今回は久々のつな八。

 店に入るとまず、カウンターか座敷の好みを聞かれます。
当然のごとくカウンターを選択。

 1,000円台半ばで食べられると思っていた
「天麩羅膳」の値段は、1,995円に値上がりしていました。

 カウンターに着くと、目の前の職人さんが、
皿に載った今日のメニューの、穴子、白キス、海老、菜の花を
冷蔵庫から出して見せてくれます。

b0287739_15414.jpg


 こちらが最初の海老2尾と菜の花。

b0287739_154146.jpg



 海老は塩で食べますが、塩が3種類用意されており、

b0287739_154160.jpg


上から、フルール・ド・セル、抹茶塩、おぼろ昆布塩。
ホームページによると最近では更に「ゆかり塩」が加わったようです。

 海老はぷりぷりして甘く、
「やっぱり海老が好き」と思わず口に出したくなるほどの味。

 その後、菜の花、白キス、穴子、小海老のかき揚と続きますが、
どのねたも新鮮でほんとに旨い。

 食べている間も海老の仕込を目の前でしていましたが、
出来る限り揚げる直前に仕込むから、
これだけ美味しい天ぷらになるのだと言うことが良く分かりました。

 また新宿に昼頃行ったら、このお店に行ってしまいそうです。

  ◆つな八総本店
  東京都新宿区新宿3−31−8
  Tel: 03-3352-1012
  営業時間: 11:00〜22:30 (22:00)

[PR]

by bacchusmarket | 2009-02-16 21:02 | 食べ歩記(東京23区内)

うらやましい?

 ワインの商売はお客様に幸せを売る商売だと常々思っているのですが、
今日お店でのお話。
21:00過ぎに、可愛い女性のお客様がご来店。

 一通り売場を眺められた後、
「1983年のワインはありませんか?」とご質問。
「お取り寄せになります。」とお答えしたところ、
「それではけっこうです。」とまたワインの棚へ。

 そしてかなり悩まれた挙句に、最終的に選ばれたワインがこちら。

b0287739_15409.jpg

ハートボトル

 明日のバレンタイン用とのことで、ラッピングして差し上げました。

 それにしても、「こんなに可愛い女性からこんなワインをもらうなんて、
彼氏はなんて幸運な奴なんだ!!」
と、見たこともないお客様の彼氏を謂れも無くうらやんでしまった
おじさんの私でした。

 若いって本当にいいことですね。

[PR]

by bacchusmarket | 2009-02-13 21:02 | コラム

世界料理サミットにて

 2月9日から11日まで東京国際フォーラムで行われている、
世界料理サミットに行ってきました。

 このイベントは、世界の一流シェフが一堂に集まり、
トップシェフによる世界最先端の料理技術の発表を通じ、
共有とレベルアップ、グローバルな視点の浸透を図るためのもの。

b0287739_153893.jpg


 会場にはこのように参加シェフのポートレートが飾られています。

 このサミットに参加するためのチケットは3日間通しのもので
60,000円と高価なものだったのですが、
短期間で完売してしまったようです。

 私が行ったのはこのサミットそのものではなく、
同時に行われている展示会の方で、
その1画にバリューボルドーの試飲をするのが主目的。

b0287739_153967.jpg


 こちらが展示会場。こちらの入場料は2,500円です。

 バリュー・ボルドーとは、
毎年お手頃価格(今年は3,500円以下)のボルドーワインの中から
100本オススメのものを選んだもの。

b0287739_153923.jpg


 試飲会場へ行ってみると、10mくらいのカウンター2ヶ所に
50種類ずつのワインが並んでおり
とてもゆっくり試飲できる環境ではありません。

 本格的に試飲をするのはあきらめ、
めぼしいもののみ20種類くらい試飲して、試飲は終わり

 展示会場は色々な料理のデモンストレーションも行っているので、
お昼代わりに試食をすることに。

 そこでHATTORI 食育クラブのブースへ行ってみると人だかりが。
なんと、世界の3つ星シェフのロビュションさんの
サイン会をしているのです。

 今から15年ほど前、恵比寿ガーデンプレイス立上げの仕事をしていたとき、
このロビュションさんが料理部門をコーディネイトする
ガーデンプレイス内のシャトーレストラン担当で、
ロビュションさんと一緒に仕事をする機会がありました。

 と言っても担当者の中では私が一番若かったので
飛行場やホテルへ迎えに行ったり、
会議中の食事の手配をしたりといった
お世話係のようなものでした。

 私はガーデンプレイスが出来る前にワインショップ専任となり、
シャトーレストランの担当から外れてしまったため、
ロビュションさんのサインをもらったり、、
一緒に写真を撮ったりといったことが出来ずじまいでした。

 そこでこのチャンスを逃すものかと、列に並び
私の番に。

 最初に私の顔を見たロビュションさんの一言。

"Je connais."(こいつ知ってるよ)

これがうれしかった。

 私は、ロビュションさんに昔一緒に仕事をしたことがあることを説明して
思い出してもらおうと思っていたのに、
覚えていてくださった。
非常にうれしい一瞬でした。

b0287739_154024.jpg


 こちらがいただいたサイン。
思いのほか小さい字で丁寧に書いてくださいました。

 そして撮っていただいた写真が

b0287739_154073.jpg


 ちょっとうれしい顔をしすぎですね。

[PR]

by bacchusmarket | 2009-02-11 21:02 | 日記

華正樓(華正楼)@横浜中華街の月餅

 横浜中華街を歩いていると、
タピオカや甘栗を売る店がたくさんありますが
そのような食べ歩きデザートを見るようになったのは
私にとっては最近の話。

 子供のときは伝統的な中華菓子を良く食べたものです。
その代表が月餅ですが、子供のときは餡があまり好みに合わず、
苦手な食べ物でした。

 味覚は変わるもので、その苦手だった月餅が、
今では大変好みのものとなり、
華正楼で、肉まんを買うときには
必ず一緒に買うことになっています。

 華正楼の月餅でまず驚くのはその大きさ。
大きさは選べるのですが、
通常の月餅(420円)は直径約9cm、高さ4cmほど。

b0287739_064458.jpg

 とても一人で一度に食べられる大きさではありません。

b0287739_064499.jpg

そこでこのようにカットして食べます。
ご覧の通り、側が薄く、餡がぎっしり。

 この側と餡のバランスが絶妙で、
側の塩気と餡の甘さがほんとに旨く溶け合います。
後を引く旨さで、もう一切れ、もう一切れと食べてしまいます。

 さて、中華街のスイーツを売る店は最近数が増えてきており、
先日見つけた頂好食品のゴマ団子(80円)

b0287739_064494.jpg

も、お手頃価格の割には中々のお味でした。

  ◆華正樓売店
  横浜市山下町164
  TEL.045-641-7890
  営業時間:日〜金 10:00〜21:30/土曜 10:00〜22:00

  ◆頂好食品◆
  横浜市中区山下町192
  TEL 045-681-8330
  営業時間:10:00〜21:00
  定休日:不定休

[PR]

by bacchusmarket | 2009-02-06 21:02 | スイーツも好きなんです

亜細亜食堂サイゴン@世田谷

 以前から行ってみたかったお店の一つ、
亜細亜食堂サイゴンへ行ってきました。

 場所は東急世田谷線、上町駅から徒歩1分、
世田谷通りを渋谷方面から行くと、
世田谷通りが斜め左へ曲がる世田谷3丁目交差点の
すぐ右側に大きく「Saigon」と書いた店があるのですぐわかります。

b0287739_055931.jpg

 サイゴンという名の通り、ベトナム料理のお店ですが、
私が行った目的は、美味しいと評判のカレーを食べるため。

 注文したのは、

b0287739_055996.jpg
サイゴン特製カレー(780円)



b0287739_055993.jpg
野菜カレー(780円)

 サイゴン特製カレーはナスと鶏肉が入っているのですが、
看板商品だけあってスパイシーで美味しい。
大量の玉葱と23種類のスパイスで
全く水を使わずに長時間かけて作るのだそうです。

 また、ナン(350円)も特筆もの。
たっぷりのヨーグルトを使ってつくるのだそうですが、
味があって美味しくて、たくさん食べてもどんどん食べられてしまう。

 デザートは

b0287739_06011.jpg
バナナ揚もちアイスクリームトッピング(610円)

こちらも、バナナを餅で包んで揚げてあるのですが、
アイスクリームと一緒に食べると熱いものと冷たいものが
口の中で溶け合って、中々のお味でした。

 病み付きになる味のカレーでした。

  ◆亜細亜食堂サイゴン◆
  東京都世田谷区世田谷3−3−5
  Tel; 03-3420-5581
  営業時間:03-3420-5581
  定休日:月曜(祝の場合営業、翌休)

[PR]

by bacchusmarket | 2009-02-05 21:02 | 食べ歩記(カレー)

バリューボルドー2009発表

 このブログを書きながら、読み返してみると、
最近食べる話ばかりになっていました。

 そこで今回はちょっとワイン寄りのお話。

 毎年、日本に輸入されている3,500円以下のボルドーワインの中から、
お値打ちワイン100本を選ぶバリューボルドーですが、今年の100本が
発表になりました。

http://www.franceshoku.com/valuebx09.pdf

 ワインを選ぶ際の参考にしていただければと思います。

 なお、このバリューボルドーを試飲できる機会があります。
2月9日から11日まで東京国際フォーラムで世界の一流料理人を招いて開催される
世界料理サミットの一画にある展示会場で、
このバリューボルドーの試飲展示が行われています。

 展示会場には、ワインの展示のほか、いろいろなレストランの味が楽しめる、
イートインコーナー、食材、調理器具などの展示ブースがあります。

 入場料は2,500円、入場券は当日会場で買うことができますので、
興味のある方は是非どうぞ。

[PR]

by bacchusmarket | 2009-02-03 23:02 | イベント