堂島ロール

 先日、巷(ちまた)で話題の堂島ロールを食べることができました。

b0287739_1062542.jpg


「アバター」を川崎のラゾーナ川崎へ見に行ったとき、
やけに列ができている店があるなと思ったら、
そこが堂島ロールを販売する「モンシュシュ」でした。

 食べてみると、スポンジがふわふわして、
中の生クリームが絶妙。

 家族3人で1本(1,200円)をあっという間に平らげてしまいました。

 食後の感想として、確かに美味しいけれども、
1度食べれば十分かも。

[PR]

by bacchusmarket | 2010-02-26 23:02 | スイーツも好きなんです

コルク回帰?(コルクの話 その11)

 ここのところ、コルク臭(ブショネ)の発生を避けるため、
スクリューキャップを採用するワイナリーが増え、
これを読んでいる皆さんもスクリューキャップに対する抵抗感は
なくなりつつあるのではないでしょうか。

 ところが先日、フランスはアルザス、ヒューゲルのセミナーで、
スクリューキャップ化のトレンドとは全く異なるお話があったので、
ここでご披露。

 講師はヒューゲルの営業担当、エティエンヌ・ヒューゲルさん。
以前ヒューゲル社を訪問したとき、案内していただいた方です。
さすが営業担当で、お話が上手、セミナーは英語でした。

b0287739_1062395.jpg


 ヒューゲル社もコルク臭に悩まされているのは他のワイナリーと同様。
そこで、スクリューキャップを試したところ、
ヒューゲル社ではできあがったワインを横に重ねて高く積み、
瓶熟成をさせてから出荷するため、
スクリューキャップに圧力がかかってワインが漏れてしまうことが判明。

 そこで採用したのが、DIAMコルク。
このコルクは一度天然コルクを砕いた後、
特殊な高圧炭酸ガス処理により
コルク中のコルク臭の原因といわれるTCAを除去し、
もういちど圧縮成型してコルクの形状にもどしたもの。

 これをまず2004年ヴィンテージのハーフボトルで試したところ、
コルク臭がついたワインが出ない上に、
ハーフボトルだとフルボトルよりも速く熟成するのが普通であるが、
フルボトルとほぼ同じどころかもっとゆっくりとした
熟成スピードとなることが判明。

 そこで、2007年からは、ヒューゲルワインのハーフボトルすべてに
このDIAMコルクを採用。
フルボトルについては現在クラシックレンジに採用しているとのこと。

b0287739_1062370.jpg


 これが、ヒューゲルが使っているDIAMコルク。
DIAMのロゴが入っているところが、
低価格ワインに多く使われている砕いたコルクからつくった、
通常の圧縮コルクと違うところ。

 これは必要ないと思いますが、天然コルクのような模様も入っています。

 さて、このDIAMコルク、
ヒューゲル社以外にも採用するワイナリーが増えてきているようで、
なんと日本でも中央葡萄酒が採用していることが判明。

 「グレイス甲州」、「グレイス甲州茅ヶ岳」等では、
このDIAMコルクを使っているとのこと。

b0287739_1062392.jpg


 私も以前からなんで中央葡萄酒ともあろうところが、
安っぽい圧縮コルクを使っているのかと不思議に思っていたのですが、
実はただの圧縮コルクではなかったのでした。

 ちょっと話は余談になりますが、ヒューゲルはアジア市場に熱心。
ホームページも、日本語、中国語、韓国語を用意。

b0287739_106243.jpg


b0287739_1062429.jpg


 こんな、箸や、箸置きといった販促品を用意しています。
今まで販促品でソムリエナイフ、ワイングラスや、ワインクーラーといった、
ワインと直接関係があるものは良く見たことがありますが、
こんなものがあるとは驚き。

 ここまで力が入るのは、アルザスワインとアジア料理との相性が、
大変良いということなのでしょう。

 なお、DIAMコルクに興味のある方は、

   DIAMのサイト

   DIAMの日本の輸入元永柳工業株式会社のサイト

をご覧ください。

[PR]

by bacchusmarket | 2010-02-24 14:02 | コラム

桃屋のラー油?

 最近巷(ちまた)で話題、
けっこう入手困難と言われている
桃屋のラー油をスーパーで見つけたので
買ってみました。

b0287739_1062294.jpg


 ラベルに色々食べ方が書いてあるのですが、

b0287739_1062285.jpg


とりあえずその中から、豆腐にかけて食べてみると、
確かにラベルに書いてあるとおり、あまり辛くない。
ただ、カリカリになっているフライドガーリックとフライドオニオンが
実にアクセントになっていてうまい。

 その後ご飯にもかけてみましたが、確かにご飯にも合う。
まさか、ラー油をご飯にかけて食べるとは想像もしていませんでしたが
ご飯がどんどん進む。

 ご飯つながりで炒飯にかけてみると、さらに相性が良い。

 桃屋も、中々面白い商品をつくったものだと、
ただただ感心です。
[PR]

by bacchusmarket | 2010-02-21 19:02 | コラム

シュークリー@人形町

 今回人形町へ行って、どうしても寄りたかったたところが
シュークリー。
最近シュークリームが上手い店として良く名前を耳にしており、
シュークリーム好きとしては寄らないわけにはいきません。

 住所を頼りに人形町の裏通りをうろうろして、
かなりぐるぐると同じところを歩いた後、
ようやく目的のシュークリーにたどり着きました。

b0287739_1062015.jpg


 裏通りといってもそれほど細くないとおりの交差点にお店はありました。

 早速中へ入ってみると、なんとシュークリームがない。
良く見ると、焼きあがり時刻が9:00、12:00、17:00と書いてあり、
どうもその時間に来なくては買うことができないようなのです。

 ここまで来て手ぶらで変えるのも癪なので、
ショーケースの中にある生菓子の中から、
小さなシュークリームが4つくっついた

b0287739_1062124.jpg

ロッシェ(420円)

と、シェフのお勧めという

b0287739_1062213.jpg

ショコラ・カプチーノ(430円)

をゲット。

 経験値として、シュークリームに手を抜かない店の
ほかのスイーツの味には間違えありませんが、
その経験地はこのシュークリーにおいても通用しました。

 今度はいつ人形町へ行けるだろうか?

  ◆シュークリー◆
  東京都中央区日本橋人形町1-5-5 セントハイム人形町源 1F
  Tel: 03-5651-3123
  営業時間:9:30〜19:00
  定休日:日曜日

[PR]

by bacchusmarket | 2010-02-19 19:02 | スイーツも好きなんです

今半水天宮駅前店@人形町

 人形町を歩いていたら、
すき焼きの今半の惣菜店ができていることを発見。
思わず覗いてみました。

b0287739_1062030.jpg


 中では揚げ物、弁当、肉まん等を売っていますが、
思わずコロッケとメンチをゲット。

b0287739_1062016.jpg


 手前が「すき焼きコロッケ」(147円)、後ろが「メンチカツ」(231円)。
どちらも、デパ地下やスーパーで売っているものより
明らかに味が違って美味しい。
さすがに今半の味わいでした。

 すき焼きコロッケは割下で煮込んだ肉を使用。
メンチは豚肉と牛肉を半々で使い、手で練り上げたもの。
お願いすれば、その場で揚げてもらえます。

 人形町へ行ったときに寄る店が1軒増えました。

  ◆今半水天宮駅前店
  東京都中央区日本橋人形町1-14-5
  Tel: 03-3666-1240
  営業時間:平日10時〜20時/土日10時〜19時
  定休日:元日休業

[PR]

by bacchusmarket | 2010-02-18 20:02 | 食べ歩記(東京23区内)

玉ひで@人形町

 私は10数年前府中へ越す前は
江東区南砂(東西線南砂町)に住んでいたのですが、
その頃お気に入りで良く遊んだ街のひとつが人形町。

 とにかく美味しいお店がたくさんあり、
食事をしに行ったり、惣菜を買ってきたりと、
本当に食べることを最大の趣味とする私としては
何度行っても飽きない街でした。

 府中へ越してからは中々気軽に行くことができなくなり、
よほどの目的がないといかな書くなってしまったのですが、
昨日はワインの試飲が人形町であり、
久しぶりの人形町で出かける前にどこで食べようかと思案。

 それでも久しぶりに行く人形町では
やはり優先順位のNo.1は「玉ひで」の親子丼、
ということで、玉ひででランチをしてきました。

 「玉ひで」は日比谷線のA2の出口を出て、
甘酒横丁の交差点から20mほど、横道に入ったところにあります。

b0287739_1061650.jpg


この白壁が目印。

 このお店は列に並ばないと基本的には入れないので、
昨日もどの程度列ができているか心配でしたが
昼も終わりかけた12:45頃に着いてみると
列は7〜8人でひと安心。

 以前は列が長いと、ラストオーダーの13:00前でも
今日はここまでということで切られてしまったような気がしますが、
現在は13:00までに列に並べば入れるようです。

 「玉ひで」はそもそも鶏すきを食べさせるお店。
「玉ひで」によれば、近くの兜町や旧魚河岸の忙しく働く人たちのために
五代目の妻、山田とくさんが「親子丼」を創案したのだそうです。

 メニューは

  そぼろ親子丼    800円
  名代親子丼     1,300円
  元祖親子丼     1,500円
  特上親子丼     1,700円
  匠親子丼       1,900円

とありましたが、今回は元祖親子丼を注文。

b0287739_1061643.jpg


 玉費での元祖親子丼は東京しゃもと卵に
割下だけで味付けしたもので、
ネギなどの野菜は一切入っていないのが特徴。
香りのある具を入れないのが「江戸前」流なのだそうです。

 それにしても久しぶりに玉日での親子丼を食べることができ
幸せなひと時を過ごすことができました。

  ◆玉ひで◆
  東京都中央区日本橋人形町1-17-10
  Tel: 03-3668-7651
  営業時間:[月〜金]11:30〜13:00(L.O) 17:00〜21:00(L.O)
         [土]1:30〜13:00(L.O) 16:00〜20:00(L.O)
  定休日:日曜・祝日

[PR]

by bacchusmarket | 2010-02-17 19:02 | 食べ歩記(東京23区内)

石志水産新橋店@新橋

 先日、新橋で急いで昼を食べる必要があり、
ガード下の居酒屋がやっていランチだったら
あまり外れがなかろうと目星をつけて入ったお店がここ。

 新橋駅烏森口を出て、
有楽町方面にJRに沿って少し路地を入った右側のガード下に
居酒屋風のお店を発見。

b0287739_106148.jpg


 店の近くへ行くと

b0287739_1061559.jpg


この発泡スチロールの量の多さが、
新鮮な魚を食べさせてくれるのではないかと、感じさせる。

 メニューは

b0287739_1061528.jpg


この3つのようなので、
この中から「まぜぶつ丼」を注文。

 店の中は思いの外広く、
あとで調べてみると200席近くある大型店。
席について注文すると、
ほとんど待たせることなく、
料理が出てきます。

b0287739_1061598.jpg

まぜぶつ丼大盛(700円)

 このようにたっぷりと色々な刺身が載っており
これで700円なら大満足。
さすが、サラリーマンの街、新橋のガード下です。

 きっと夜の居酒屋でも
美味しいものがたくさん食べられそうなお店でした。

  ◆石志水産 新橋店◆
  東京都港区新橋1-13-1
  Tel: 03-6808-3521
  営業時間:ランチ  月〜木 11:30〜13:30
        ディナー 月〜金 16:00〜23:45
              土   15:00〜23:45

[PR]

by bacchusmarket | 2010-02-13 18:02 | 食べ歩記(東京23区内)

サラリーマン川柳2010

 マスコミでも話題になっていますが、
第一生命が主催するサラリーマン川柳コンクールの
候補作100点が発表になりました。

 現在、半サラリーマンの様な生活をしている私にとっても楽しみで、
いつも発表になるとサイトの中からお気に入りをいくつか探してみます。

 ということで、今年のお気に入りは

  「先を読め!」 言った先輩 リストラに

  帰宅して チューはされずに シューされる

  エコライフ 行かず動かず 何もせず

  節約と 人には言わず エコと言う

  ほめ上手 君なら他社で がんばれる

  婚活で 肉食女 草原へ

といったあたりですが、特に

  ほめ上手 君なら他社で がんばれる

は、かなりパンチの効いた1句で、
ちょっと来るものがありました。

 来年はもっと明るい話題が多くなるよう、
頑張りましょうね。

[PR]

by bacchusmarket | 2010-02-12 18:02 | コラム

ワインの記録、どうしてますか?

 私はワインを職業としているのですが、どうも記録をとるのが苦手で、
今まで飲んだワインの記録をほとんどとっていませんでした。

 ワインの記録をとるのに代表的なものはラベルはがしや、
出版社が発行するテイスティングノート。
家で飲んで、どうしてもとっておきたいワインのラベルがあっても
妻にお任せ状態です。

 ところが昨年iPhoneユーザーとなり、
いろいろなアプリケーションを試しているうちに、
ワインの記録をとるのに大変良いアプリがあるのを発見。

 そこで、今年の1月からいったい自分がどのくらいのワインを飲むのか、
飲んだワインをすべて記録に取ってみようと
記録を開始しました。

 試飲で飲んだワインを入れると膨大な数になってしまうので、
ここで記録をとっているのは実際に楽しんで飲んだワインのみ。

 アプリの名前はEVERNOTE
思いついたアイデア、街で写した写真、音声データなどを
iPhoneからサーバーへその場でアップすることができ、
サーバーのデータはPCでも確認、編集が可能。
もちろん、PCで記録を取ることもできます。

 私の場合はワインを飲んだらそのボトルの写真をiPhoneで撮り、
その画像に、ワイン名、国名、色を記録。
国名、色などは、タグとしてデータにつけることができるので、
そのタグで検索もできるのです。

 こちらがiPhoneの画面、1月に飲んだワインの一部がリストされています。

b0287739_1061336.jpg


 こちらが同じリストのPCの画面。

b0287739_1061310.jpg


同じワインが同じ順に並んでいるのがわかります。
編集はPCで行う方が、キーボードを使えるので便利。

 ちなみに一定の容量(確認できませんでした)までは使用料無料、
現在、英語のアプリしかありませんが、今年日本語化されるとのこと。
また、iPhone以外でもEVERNOTEのアプリを使える携帯があるそうです。

 今日のYahooニュースにも記事がありました。

 最後に、私が1月に飲んだワインを一覧にすると、

b0287739_106147.jpg


こうなりました。
1ヶ月に34本。

 内訳は
          赤     白     スパークリング
スペイン     4      3      4
フランス     4      5      1
日  本     3      5      1
イタリア     2
アメリカ            1
オーストラリア        1

といったものでした。

 スペインが多いのは、何も飲むものがなくなったとき
在庫がある1番安いワインがスペインだから。
同じワインが繰り返し出てくるのはそのためです。

 それにしても、よく飲んだものです。

[PR]

by bacchusmarket | 2010-02-08 15:02 | コラム

四季トマト

 こちら、先日友人の家へ行った時分けていただいた四季トマト。

b0287739_1061284.jpg


水耕栽培で作られたトマトだそうで、
普通のトマトより2まわりほど小さい。

 切ってみると

b0287739_1061233.jpg


種の部分がほとんどない。

 食べると、大変味が濃くて甘い。
ちょっとお値段は張りますが、
たまにはこうした美味しいトマトを食べてみたいものです。

 興味のある方は「四季トマト」で検索してください。

[PR]

by bacchusmarket | 2010-02-05 19:02 | 日記