初料理教室

 私が料理をするようになったのは結婚してから、
共稼ぎだったため、早く帰宅した方が料理担当ということに。

 といっても、それまでにつくったことが合った料理は
目玉焼き、スクランブルドエッグ、ステーキといったものばかり。
包丁もまともに使えませんでした。

 それから20数年、つくれる料理のレシピも少しは増えましたが、
パスタ、カレー、豚汁程度。

 そこで、ワイン会に参加されているイタリア料理の先生の教室に、
ためしに参加してみようということに。

b0287739_107796.jpg


 先生のお名前は春原(すのはら)由子さん。
IL Fioreという名前の料理教室を開いていらっしゃいます。

 会場はルミエール府中の料理講習室。
今回のメニューはグリッシーニと春野菜のフリットです。
b0287739_107762.jpg


 まずグリッシーニ。
強力粉に生イースト、塩、砂糖、オリーブオイルなどを入れて練ったものを
分量だけ切って両手で転がしながら伸ばして形を作ります。
太さが均一でないと焼け加減が変わってしまうとのことですが、
太さを同じにするのがちょっと難しい。

b0287739_107767.jpg


 伸ばした種は、このように並べて、
オーブンで30分ほど焼けば出来上がり。

b0287739_107885.jpg


 こちらはフリットの材料。
独活(うど)に生ハムを巻いてあります。

b0287739_107861.jpg


 ビールと小麦粉で作った衣を付けて揚げます。
ビールを使うのは、春野菜の苦味とビールの苦味が調和するのと、
衣がかりっと揚がるため。

b0287739_107899.jpg


 アスパラにはパルメザンチーズと
ドライトマトを微塵切りにしたものを混ぜた衣を付けて。

b0287739_107866.jpg


 こちらがフリットの盛り付け。
上から時計回りにヒシコイワシ、アスパラ、空豆、独活(うど)、玉葱。
ワインと一緒にいただきます。
この材料、どれも大変美味しい。
特に独活と玉葱が気に入りました。

 ちなみに写真には写っていませんが、
グリッシーニも、既製品に比べて香ばしくて美味しい。
家でワイン会をするときには是非挑戦してみたいと思います。

 これだけの料理を習って、食べて飲んで、3,000円。
お得感があると思いませんか。

 また、時間がうまく合ったらぜひ参加させていただきたいと思います。

  ◆イタリア料理教室 IL Fiore
  hanaushiko@yahoo.co.jp
[PR]

by bacchusmarket | 2010-04-30 19:04 | 日記

茶居留奴(チャイルド)@府中駅

 前から行きたいと思っていたのですが、
駅の近くで、車や自転車を停められず、
なかなかいけなかったお店にようやく行ってきました。

 場所は府中駅から伊勢丹の方へ抜ける2本ある路地のうちの一つ、
駅から見て右側の方の路地。

b0287739_107593.jpg


 良く見ると立喰そばののぼりの上に、黒地に「CHILD」という看板が。
立喰そばの店の横の細い階段を上っていくとそこにお店がありました。

b0287739_107693.jpg


 お店の業態が良くわかりませんが、
左の黒板には

  CURRY★BAR
の文字。

 中へ入ってみると大変狭く、スナックのイメージ。

b0287739_107689.jpg


 カウンターの奥の壁にバーボンが
ワンショットメジャーで並んでいるところはバーそのものですが、
その視線をさえぎるようにフライパンがいくつもぶら下がっているのは
ちょっと変わった風景です。

 このお店はどうも、昼はカレー屋、
夜はバーとして営業しているようです。

 さてメニューを見ると下は500円から
色々なトッピングの種類がありかなりの数。

 その中で、表の階段を上る前のところに出ていたメニューの
「激辛チキンカレー」(800円)を注文。
辛いもの好きの私としては、どうしても「激辛」という言葉に弱いのです。

b0287739_107646.jpg


 まずサラダ。野菜半分、パスタ半分。

b0287739_107681.jpg


 そしてこちらが激辛チキンカレー。
ナントカレーの上にチキンソテーがトッピングされています。
カレーはビーフカレー、ライスはなんとサフランライスです。

 食べてみると、確かに辛いけれども、
カレーにしっかりとした旨みがあり、またスパイスも効いていて旨い。
価格も手頃。

 店には近辺のサラリーマンらしきお客さんが常連さん風にいましたが、
それも納得です。

 ということで一度行った後、間を開けずに妻を連れて2度目の訪問。
今回は妻が

b0287739_107677.jpg

オムビーフカレー(650円)
私が

b0287739_107791.jpg

焼きチーズハンバーグカレー(750円)

を注文。

 どちらもベースはビーフカレーですが、
トッピングで色々レパートリーを増やしている。

 家の近くにあるので、大変便利なお店を見つけました。

  ◆茶居留奴(チャイルド)◆
  東京都府中市宮町1-2-6 2階
  Tel: 042-368-4746
  営業時間:[月〜金] 11:30〜14:30 20:00〜翌2:00
         [土] 20:00〜翌2:00
  定休日:日曜

[PR]

by bacchusmarket | 2010-04-26 19:04 | 食べ歩記(府中)

幻の米

 ミサワワイナリーがある北杜市で、
「幻の米」といわれる美味しい米があるという情報を
今回のセミナー直前に仕入れたので、
帰りにどうしてもゲットしようということに。

 その米は生産量が少ないため、
大変うまいのだがほとんど地元だけで消費されてしまうため、
「幻」になってしまっているとのこと。

 まず韮崎インター脇の農産品直売所に聞いてみると
米は置いていないという。
ただ、美味しい米なら農協の直売所へ行けばあるとのことなので
そこまでの道を聞いて行ってみることに。

 韮崎インターからの坂道を下り、最初の信号を右折、
この道沿いにあるとのことだったのですが、
行けども行けども見つからない。
かなり走ってあきらめかけたとき、ようやく右側に
「よってけし韮崎店」が出現しました。

 店の奥がかなり広いスペース米売場になっており、
そこにはいろいろな米の玄米が置かれています。

b0287739_107188.jpg


 こちらが、JA梨北(りほく)でできるブランド米の説明。
この4種類の米の中で、左下の「農林48号」と呼ばれる米が、
どうやら幻の米のようです。

b0287739_107235.jpg


 幻の米、農林48号とご対面。
欲しい量を言うとその場で精米してくれます。
今回は5キロ購入。
精米すると1割くらい目減りするとのこと。

b0287739_107285.jpg


 こちらが購入した5キロの農林48号。
どうも地元では48(よんぱち)と呼ばれているようです。

b0287739_107235.jpg


 そしていよいよ食べてみると、
最初から甘みを感じ、粘り気も申し分ない。
ご飯だけでどんどん食べられてしまいます。
これは良い米を見つけました。

 冷めてもうまいといわれていたので
冷めてからも食べてみましたが、ほんとにうまい。

 この米を買うためだけでもドライブする価値ありです。

   ◆よってけし韮崎店
   韮崎市中田町中條 1031−1
   Tel: 0551-30-0182
   営業時間:9:00〜18:00
   定休日:火曜

[PR]

by bacchusmarket | 2010-04-22 19:04 | 食べ歩記(山梨県)

中央葡萄酒植樹体験&セミナー@明野農場&ミサワワイナリー

 4月10日(土)に、中央葡萄酒の明野農場とミサワワイナリーで
甲州種の植樹体験とワインセミナーがあったので行ってきました。

 ぶどうの栽培方法としては大きく分けて、
日本で主流の棚栽培と、
欧米のワイン用ぶどうで主流の垣根栽培があります。

 ワインの醸造用ぶどうを育てるには
色々な理由から垣根栽培が良いと言われているのですが、
甲州種のぶどうについては樹勢が強いため棚栽培に向いていないとされ
今までほとんど垣根栽培が行われていませんでした。

 甲州種に力を入れている中央葡萄酒は、
昨年より自社畑において本格的に甲州種の垣根栽培を開始、
今年はその畑を拡張するに当たり、
消費者、流通関係者の有志をつのって、
植樹体験の機会をつくってくださいました。

 場所は中央葡萄酒の明野農場。
中央高速韮崎インターから約20分ほどの場所に、
中央葡萄酒のミサワワイナリー、
そしてその少し先に明野農場があります。

b0287739_1065399.jpg


 これは明野農場の俯瞰図。
上が北で、北から南にかけて
だんだん標高が低くなっている南向きの斜面です。

 今回はその明野農場の南側に造成したイラストで描かれた畑に
甲州を植えることになっています。

b0287739_1065339.jpg


 今年は4月になっても寒暖の差が大変激しい日が続いていますが、
行った当日は大変温かく、天気もご覧の通り植樹日和。
畑から南アルプスが大変良く見えました。

b0287739_1065437.jpg


 まず最初に農場長の赤松さんから、
苗の植え方の説明がありました。

b0287739_1065595.jpg


  ・既に掘ってある穴の真ん中に盛り土をする。
  ・盛り土をする理由は、根が横ではなく、斜め下に生えるようにするため。
  ・接木の接いだ部分を必ず土から上に来るようにする。
    接木の部分より上に土をかぶせると、
    穂木の部分から根が出て接木の意味がなくなる。

b0287739_106583.jpg


 畑はこの写真からはよく分かりませんが2列ずつ高畝式になっています。
このように高畝式にすることにより、
余分な水分が横から排水されるのだそうです。

 この畝1本に2列ずつ、31の穴が開いており、
5畝10列、後継310本の苗を植えるのがこの日のノルマ。

b0287739_1065876.jpg


 苗はこんな大きさ。

b0287739_1065989.jpg


 盛り土をした上に苗を置いて根を放射線状にし、
土をかぶせ、

b0287739_1065927.jpg


足で軽く踏み固めて出来上がり。

b0287739_106595.jpg


これが完成形。

b0287739_107078.jpg


 苗がよく見えませんが、
これが植え付け完了後の畑です。
黒いホースはこの後苗に沿ってずらされ、
中に水が通って潅水の役割を果たします。

 310本の苗も、人数が多かったのであっけなく植え付け完了。
その後ワイナリーへ。

b0287739_107047.jpg


 まずは食事。
中央葡萄酒の三澤社長夫人が監修のお弁当を
ワイナリー横のレストラン「彩」でいただきます。

 食事中のワインはグレイス茅ヶ岳(EUへの輸出用に作られた甲州)でしたが、
料理の内容はちょっと赤ワインが欲しくなる、
味が濃いものだったのがちょっと残念。
(料理は大変美味しかったです。念のため。)

b0287739_107012.jpg


 こちらは追加で出してくださった、スペシャリテ。
独活(うど)の天ぷら、赤ワインで煮た豆と、
自家製パンに白ワインを使って作ったジャム。
特に独活の天ぷらは初めての経験で、また食べたくなるお味。

b0287739_107148.jpg


 そして食後は、三澤社長によるワインセミナー。

b0287739_107155.jpg


 これらのワインを試飲しながらの説明です。順に

  2007 グレイス茅ヶ岳
       山梨県茅ヶ岳産甲州種(棚栽培)
  2009 キュヴェ三澤甲州 明野農場
       グレイス明野農場産甲州種(垣根栽培)
  2008 キュヴェ三澤白
       グレイス明野農場産シャルドネ
  2008 キュヴェ三澤赤
       グレイス明野農場産カベルネ(75%)、メルロー(25%)
  2008 キュヴェ三澤プライベートリザーブ
       グレイス明野農場産カベルネ

 セミナーの中でいくつか印象に残ったことを挙げます。

 グレイス茅ヶ岳はEUへの輸出を目的につくられたワイン。
そのためEUの基準に沿ってつくられています。

 EUの基準ではボトルの容量(750ml)、補糖の限度、
補糖した場合のアルコール度数の上限等、
細かく決められています。
興味のある方は酒類総合研究所の資料をご覧ください。

 このワインをつくるにあたっては
できるだけ自然な形で葡萄の持っているものをワインに反映させるため
果汁が酸化しないよう神経を使い
絞った果汁は空気に触れぬようドライアイスでカバーするのだそうです。

 味わいは、普通のグレイス甲州よりクリアなイメージで
甲州の繊細さが良く出た味わいです。

 2番目垣根栽培の甲州は、量が少ないので
当初棚栽培の甲州とブレンドしてつくる予定だったのだそうですが、
ミサワワイナリーのワインメーカー三澤彩奈さんが、
二つを比較して食べてみると明らかに味が違うので、
どうしても別々に仕込みたいと言ってできた稀少品。

 始めの甲州と比較すると、
ここまで違うものかというくらい、香りが立っています。

 ここで三澤社長がおっしゃった面白いお話。

 白ワインは技術によってワインの味が大きく左右する。
そのため、収穫したワインはできるだけ早く果汁にするし、
果汁の酸化をできる限り避ける。

 赤ワインの品質はぶどうそのものによって決まるので、
選果が重要になる。

 最後のワイン、キュヴェ三澤プライベート・リザーブ赤は
選果台を使って丁寧に選果したぶどうだけを使って作った、
中央葡萄酒入魂のワインなのだそうです。

 今回のイベントに当たって、
ワインメーカーの三澤彩奈さん(社長令嬢)は
現在チリのワイナリーエラスリスで研修中。

 そのため、イベントの筋書きをこまかくメールで送り、
三澤社長に細かく指示したのだとか。

 その筋書きがあってなのかどうか、
三澤社長のお話は今までのイメージと
ずいぶん異なった印象でした。

 なかなか有意義なセミナーでした。

[PR]

by bacchusmarket | 2010-04-19 19:04 | ワイナリー訪問記

雲丹のり

 先日お土産にいただいたのが、

b0287739_1065015.jpg


この「雲丹のり」。
まわりの包装をはずしてみると、

b0287739_1065155.jpg


このように雲丹とノリが上下2層に分かれています。

 説明によると、この上下2層に別れた
雲丹とのりをかき混ぜてkら食べてくださいと書いてあるので、
ちょっともったいないと思いながらかき混ぜ、
ご飯に載せたのがこちら。

b0287739_1065225.jpg


 甘めののりの佃煮と雲丹が絶妙にバランスしており、
超まいう〜。
ご飯がいくらでも進んでしまいます。

 ネットで調べてみたら、かなりテレビでも話題になった商品のようで、
皆さん絶賛。
大変美味しいお土産、ありがとうございました。

[PR]

by bacchusmarket | 2010-04-17 19:04 | コラム

あ、彩奈さんが!

 中央葡萄酒ミサワワイナリーのワインメーカー、
三澤彩奈さんが「ちふれ化粧品」の
CMに出るという話は聞いていたのですが、
既にオンエアされていることが判明。

 このCMは全国47都道府県の女性を起用、
県ごとに順番に紹介していくのだそうですが、
彩奈さんは山梨県の代表。

 CMのオンエア期間は3/26〜4/30で、
あやなさんのCMは既にオンエアされているとのこと。

 CMを見逃した方はちふれ化粧品のサイトでも
見ることが出来ます。

 彩奈ファン必見!!

[PR]

by bacchusmarket | 2010-04-16 19:04 | コラム

萌芽

 今月は何かと忙しく、このブログを書くのも今日が3日目。
がんばってまた書いていきたいと思いますので、
よろしくお願いいたします。

 さて、先日剪定をしてばかりの我家のぶどうですが、
今週初めの暖かさで芽が

b0287739_1065054.jpg


b0287739_1065084.jpg


このように出てきました。

 ただ、ここのところの天候不順が心配。

 大切に育てていかねば。

[PR]

by bacchusmarket | 2010-04-15 19:04 | ぶどう栽培に挑戦

ようやく、

剪定しました。

 というのは、我家で育てているぶどう。
去年は手入れが悪かったせいか実をつけなかったぶどう。

 今年も本来2ヶ月くらい前にはしなければならない剪定を
もうすぐ萌芽しそうなほど温かくなってきたので、
慌てて実行した次第です。

 こんなことでは今年も実をつけてくれないかも。

b0287739_1064837.jpg


使用前

b0287739_1064859.jpg


使用後。

 もう一つ、

b0287739_1064941.jpg


剪定前

b0287739_1064933.jpg


剪定後。

[PR]

by bacchusmarket | 2010-04-11 19:04 | ぶどう栽培に挑戦

初IKEA@第三京浜港北インター

 先日の日曜日、息子が始めて一人暮らしをするための準備で
初めてIKEAへ行ってきました。

ikea_1.jpg


 当面私が買いたいものは何もないので、
私の興味は充実しているIKEAでの食事。

 港北インターのIKEAは店が2フロアーに分かれており、
そのフロアーごとの順路の最後に
食事をできるスペースが配置されています。

 まず2階のいろいろな生活シーンを提案している
順路の最後がレストラン。

 11時過ぎに店に着き息子のための家具を選びながら
2階の順路の最後まで着いた時刻は15時近く。
疲れ果てたところで食事。

 レストランはカフェテリア方式で
トレイに食事を取った後で清算。

 私は

ikea_2.jpg
スウェーデン・ミートボール(799円)

を選択。
ウイークデーは数を選べるようなのですが、行った日曜は15個のみ。
15個は多いかなと思って食べてみると、
ソースとジャムが絶妙で、あっという間に完食。

 連れは

ikea_3.jpg
スウェディッシュ・イースター・プレート(699円)

 ちょっと分けてもらった、ニシンとサーモンが絶妙。
どちらも、プロの料理人がいないと思われる厨房から作られた料理としては
なかなかのお味。

ikea_4.jpg

デザートは、アーモンドタルト。
こちらも、コストパフォーマンス良し。

 さて食事が終わり、1階へ降りてみると、
1階は小物売場がずっと続いています。
すぐに終わるかと思ったら、
2回と同じ面積があるわけで見るだけで結構時間が掛かる。

 1階を回り終わったら16時過ぎ。
結局、IKEAをフルに回るのに5時間近くを要してしまいました。
そしてレジを出るとそこにはなんとスナックコーナーが。

ikea_5.jpg


 ホットドッグ1本、100円。
誰だって小腹がすいて食べたくなりますよね。
その上、このホットドッグも一定レベル以上の味わい。

 IKEAのマーケティングにやすやすと乗ってしまった、
5時間でした。

  ◆IKEA 港北
  神奈川県横浜市都筑区折本町201-1
  Tel: 045-470-7500
  営業時間:10:00〜21:00

[PR]

by bacchusmarket | 2010-04-06 23:04 | 食べ歩記(横浜)