農業始めました

 といっても、私がワインの仕事を辞めて
農家になろうというわけではありません。

 妻が申し込んだ、「体験農園」の募集に補欠で何とか入り、
今日が第1回目の体験だったのです。

 この体験農園というのは、
市が貸し出す市民農園とは異なり、
私達とその農園の持ち主が契約を結び、
毎週決められた作業を行って
その収穫を楽しむものです。

 府中市の市民農園は6平方メートルを無償で借りて
自由に作物を育てるのですが、
体験農園は、
面積が3m×10.7mの32.1平方メートル(約10坪)と大変広い。

 その代わり育てる作物を選ぶことはできず、
約半年毎週決まった作業をして色々な野菜を育てます。
市民農園は作物の種や苗は自分で用意しますが、
この体験農園は入園料2万円と農作物の代金1万円を事前に支払うところが
大きく違います。

 従って、3万円を支払う代わりに
種や苗、肥料にかかる費用は一切なく、
農機具も借りることができるのでそろえる必要はありません。

 私は自分で野菜をつくったことがないのでわかりませんが、
人の話を聞く限りでは、
野菜などは自分で作るよりも買った方が安いと聞いています。
私は私達の耕作面積が約10坪もあるとは思っていなかったので
市が行う事業にしては結構お金を取るんだなと思っていました。

 しかし実際は契約当事者は私とこの体験農園のオーナーの方で、
市はその仲介役に過ぎないということが今日になってわかりました。
そして耕作面積が10坪もあるということは
半年間に収穫できる野菜の量は
おそらく3万円を超えるだろうと思われます。

 また、市民農園と異なる大きな点は
その農園のオーナーとの契約なので
自分が続けようと思えば何年でも続けることができるので、
今回行ってみてわかったことは
ほとんどが常連さんたちだということです。

 常連さんが多いということは
3万円を支払っても価値があると判断する方が多いので
常連さんが多くなるということなのでしょう。

b0287739_1173590.jpg


 ここが体験農園。オーナーは河内九一(こうちくいち)さん。
このうちの第4区画約10坪が私達の領分です。

b0287739_1173570.jpg


 9時集合で受付を済ますと
このようなペーパーが配られます。

b0287739_1173553.jpg


 中を開けてみると
このように毎週の予定が
びっしりと書かれています。

b0287739_1173574.jpg


 このように3m×10.7mの土地に
毎週色々な作物を植えたり、
耕したりしていくようです。

b0287739_1173528.jpg


 これが河内九一さんの軽トラ。
荷台には今日使うものが色々積まれています。

b0287739_1173691.jpg


 こちらが今日最初に飢える予定のジャガイモ。
品種は北あかりだそうです。

b0287739_1173649.jpg


 これが私達の区画でこの北あかりを植える予定の場所。

b0287739_1173611.jpg


 くわを使って種芋を植える場所を掘っていきます。
といってもくわの使い方が難しい。
河内さんの模範演技を見る限りではいとも簡単にできるのに
実際に自分でやってみるとなかなか思ったように畝をつくることができません。

b0287739_1173624.jpg


 とりあえずできた畝に種芋を7個、切り口を上にして均等に並べます。

b0287739_1173624.jpg


 種芋と種芋の間に配合肥料をまき、
上に土をかぶせて平らにすれば出来上がり。

 今回のもう一つの作業は
ほうれん草、小松菜の施肥。

b0287739_1173750.jpg


こんなのやら、

b0287739_11737100.jpg


こんなのやら、

b0287739_1173791.jpg


更にこんなのやら、
普通ホームセンターでは手に入れることができない肥料を、
順番に撒いていきます。
これが、市民農園との大きな違いかも。

b0287739_1173876.jpg


 これが3種類の肥料をまき終わった状態。
これを耕していきます。

b0287739_1173858.jpg


これが鍬(くわ)で耕している私なのですが、
なんともへっぴり腰でさまになりません。

 これで1日目の作業が終わり解散となるのですが、
果たして私は7月まで続けることができるのか。
乞うご期待。

[PR]

by bacchusmarket | 2012-03-06 20:03 | コラム

新着ワイン お好みはどのワイン?

大雪の日 2月29日に定例の柏屋のワイン会 
19時スタートが10分遅れで行いました。

東京では記録的な大雪に見舞われ、
朝から交通がマヒし、府中でも10センチの積雪となりました。

そんな中、13人もの参加者に恵まれ開催することができました。
ご参加くださいました皆さま、ありがとうございました。

さて、この日のテーマは、「新着ワイン」です。
新しく入ったワインを試飲していただき意見をお聞きするという目的です。

また、ワイン会の最後に「好き」と思ったワインに 
何度も手を上げて良いという条件で、手をあげていただきました。


1. アイスプリッツ スパークリング
b0287739_1173358.jpg




炭酸水で割った北イタリアの人気カクテル「スプリッツ」を
スパークリングワイン風に仕立てたもの。

<感想>  甘く ハーブの香りが強いくせのある味。 
       フローズンダイキリとして飲みたい!
       夏の飲み物。
       軽くて飲みやすい。

<好き> 2人








2. サンクゼール・シードル
b0287739_1173325.jpg

 
長野県飯綱町産の減農薬栽培のりんごを100%使用した、
フランスノルマンディーの伝統的な手法で造られています。
造り手は、サンクゼール。フルーツジャムでは、有名ですが、
国産ワインコンクールでもかならず受賞する実力派です。

<感想>  さっぱりとした甘口。
       サイダーの語源となったシードルの説明に、
サイダーとしては高級だとの感想。
       蕎麦クレープの中に混ぜてクレープを作り、一緒に食べたらおいしい!

<好き> 0人










3. グリューナー・フェルトリーナー
b0287739_1173376.jpg



  ブドウ品種: グリューナー・フェルトリーナー
  オーストリア原産のグリューナー・フェルトリーナー。
香りが華やかで親しみやすい白。

<感想>  香りが良い。
       蜂蜜のような甘い香り。
       飲みやすい。
       すっきりとした味。

<好き> 7人








4. ラ・ルスティア エルバルーチェ・ディ・カルーゾ
b0287739_1173378.jpg


 ブドウ品種: エルバルーチェ
  イタリア ピエモンテの北アルプスの麓 カルーソの地で栽培されている品種。
  華やかでエレガントな白い花や熟したフルーツの香り。その中にブドウ品種の特徴であるスパイス香も感じます。

<感想>  美味し〜い!!
      エレガントで、好き。
      旨みがあって、辛口なのに、甘く感じる。
      香りが、ふわっと広がってくる。

<好き> 10人








5. 大沢プレステージ・ソーヴィニヨン・ブラン
b0287739_1173435.jpg



  ブドウ品種: ソーヴィニヨン・ブラン
  ホークスベイ地域のマラエカカホエリアに位置する地に、
  ワイン愛好家大沢泰造さんがニュージーランドで立ち上げたワイナリー。
  旨みのある味わい。

<感想>  とっても美味しい!!
      旨みと厚みのバランスがとてもいい。
      青リンゴの蜜のよう。酸味と甘みのバランスが好き。
      ゆっくりと大きなグラスで楽しみたい!
      この値段で、格上のワインだね。

<好き> 10人








6. キンタ・ラス・カブラス・カベルネ
b0287739_1173451.jpg



  ブドウ品種: カベルネ・ソーヴィニヨン
  180年の伝統と最新技術から造られた低価格・高品質ワイン。

<感想> チーズと一緒に食べた〜い。
     チョコの香りがする。
     これが、ベリー系の果実味、わかった! 
     時間がたつと、香りが変化してきた。
     甘い香りからスパイシーな香りになってきた。
     ハマキのような乾いた複雑な香り。
     コストパフォーマンスがいいね!!

<好き> 3人








7. ヘクラ
b0287739_1173462.jpg



  ブドウ品種: モナストレル
  スペイン原産モナストレル100%のワイン。スペイン南東ムルシア州の北部に位置するイエクラは、
  赤ワイン用の葡萄栽培に適した土地です。

<感想> この赤ワイン好き!
     さっきのより、落ち着いている味。
     タンニンがしっかりしている。
     香りが複雑で力強い。

<好き> 8人








8. 高畠ワイナリー 高畠メルロ
b0287739_1173426.jpg



  ブドウ品種: メルロー
  2007年産山形県高畠産のメルローを完熟し、遅摘みし醸造、熟成。
  熟成期間を経て大変柔らかい味わいのワインになりました。

このワインは、1本が ブショネ でしたので、
グラスを変えて、ブショネ を 確認して、違いを体感していただきました。
 
<感想> ブショネは、香りがまるで違う。
     知らなければ、こんなワインなんだと印象悪く納得してしまうかもしれない。
     フルーティな香りを消してしまうんだね。 
     
     良い香りでとても好き。
     エレガントで華やかなブーケがある。
     旨みもあり、バランスがよい。
     上品な果実味と柔らかなタンニンが良い。 

<好き> 3人  








9. ムーラン・ナ・ヴァン
b0287739_1173463.jpg



 ブドウ品種: ガメイ
  フランス ブルゴーニュ ボジョレー地区に10ある村名ワインの中で最も力強く、芳醇で長寿。
  完熟フルーツの香り、心地よいタンニンとエレガントな口当たり、長い余韻が特徴のワインです。

<感想> 濃厚な色 
     ピノとまちがえそうな味。
     果実味がすごい 
     口の中でふわっと広がる感じが好き。

<好き> 8人 








10. 大沢プレステージ・ピノ・ノワール
b0287739_1173451.jpg



   ブドウ品種: ピノ・ノワール
   2005年に北島のホークスベイ地方に最適な土地を見つけ、
   牧羊地であった土地を購入し、開墾するところから、Vineyard(ブドウ畑)造りを始めました。
   直営葡萄畑からの高品質のブドウを使い、自然そのままの風味を最大限に生かしたワイン造りに取り組んでいます。

<感想> ラブリーな色。
     フルーティーな香りがすごい
     柔らかなタンニンと酸と果実味のバランスがいい。
     デートワインには、こんなのが飲みたい。

<好き> 12人
[PR]

by bacchusmarket | 2012-03-04 13:03 | ブログ