野川桜のライトアップ

 府中に越してきて10年余り、
府中という街は桜並木があったり
府中公園は桜の名所だったりして、
桜の時期は大変心が浮き浮きする。

 そんな府中ですので
なかなか他の場所まで桜を見に行くことがなくなっていました。

 それが、妻が仕入れてきた情報で、
調布市の野川で行われる、
野川桜のライトアップは一度見る価値がある、
ということで開催日に見に行ってきました。

 と言ってもその開催日というのが曲者。
いつ行われるのかなかなか決まらないのです。

 このライトアップは
テレビドラマや映画撮影のライティングを行っている
アーク・システムという会社が
1年に1日たった3時間のみ無料で行っているという大変なレアもの。

 桜の最も良い状態をきれいにライトアップするため、
桜の状態、天候を見ながら開催日を決めるので、
直前まで開催日が決まりません。

 今年はライトアップが行われたのが4月10日
開催日が決定してアーク・システムのホームページで発表されたのが
4月8日と本当に直前なんです。

 妻がアーク・システムのホームページを毎日チェック、
10日にライトアップが行われるという情報をつかみました。

 当日は私は仕事で20:00までシフトに入っています。
ライトアップは21:00まで。

 仕事を終えてすぐに飛び出し、車で会場に向かいます。
ところが会場に近づくと渋滞。
それでも会場からちょっと離れたところに駐車場所を確保して会場へ。

 会場は三鷹通りが野川にかかる榎橋からその下流の細田橋まで
1キロ弱の遊歩道。
時刻は終了30分前の20:30くらいですが、大変な人ごみです。

b0287739_1174022.jpg


 警察も応援に駆け付けており、
「立ち止まらないで下さい。」という言葉が、
そこかしこから聞こえます。

 私は綺麗な写真を撮りたいと思って
大型の三脚を抱えていたのですが、
とてもその三脚を使える状況ではない。

 とにかく人ごみに紛れながら
何とか良い写真を撮りたいと
シャッターを押し続けました。

 また、写真を撮ることばかりに集中してしまうと
せっかくのライトアップが記憶に残らないので、
その美しさを目に焼き付けることにも心がけました。

 それではそんな混雑の中で撮影した桜の写真を
何とかみられるものを選んで少しアップさせていただきます。

b0287739_1174070.jpg


b0287739_1174093.jpg


b0287739_1174199.jpg


b0287739_1174180.jpg


b0287739_1174123.jpg


b0287739_1174146.jpg


b0287739_1174235.jpg


b0287739_1174281.jpg


 やはり川面に映る桜は何としても美しいのですが、
こうやって写真を並べてみると、
写真では実際に見たときの感動をまるで表現できていないことを実感しました。

 やはり重い三脚を持って撮影に頑張るよりも
ただひたすら目と記憶に焼き付ける方が良かったようです。

 本当は遊歩道を往復してこのライトアップを見る子ができるのですが、
終了前の30分では片道しか見ることができませんでした。

 ただ、このライトアップ、終わるときもしゃれている。
一度に照明が全部消えるのではなく

b0287739_1174272.jpg


このように名残惜しげに10分かけて少しずつ消えていくのです。
全部消えたときには大変な拍手が起こりました。

 アーク・システムさん、ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いいたします。

[PR]

by bacchusmarket | 2012-04-24 19:04 | コラム

苗を植えました

 先日はすでに栽培しているぶどうの萌芽をお伝えしましたが、
今回は1月に行われた剪定体験で
中央葡萄酒からいただいてきたメルローの枝に
ようやく芽が出てきました。

b0287739_1174387.jpg


 これは枝を芽二つ分ずつ切って
暗い場所に置いておいたものです。
そのため、葉の色が大変白っぽくなっています。

 とりあえずこの中から3本選んで、
日の当たりそうなところに植えてみました。

b0287739_1174367.jpg


b0287739_1174483.jpg


 こんな具合。
今度は上手くブドウの実が成るか、
数年後のお楽しみです。

[PR]

by bacchusmarket | 2012-04-23 19:04 | ぶどう栽培に挑戦

萌芽

 2005年に中央葡萄酒の剪定体験に行って
その時切ったぶどうの枝を使って始めたぶどう栽培ですが、
植えた場所がぶどうが熟す時期に日陰になってしまい、
全然良いぶどうを収穫できない。

 ということで、
そのとき植えたぶどうはあきらめることにしました。
植木鉢も割れていてちょっと惨め。

b0287739_1174044.jpg


今年の春の剪定のときに全ての枝を切ってしまいました。

 その後別の場所に植えたぶどうを
3月に選定したものが、
ようやく芽が出てきました。

b0287739_117407.jpg


 この場所が日陰になるかどうか、
いまいちわかっていませんが、
今度は新しい場所で挑戦です。

 前はカベルネだったのですが、
今回は確か(はっきり覚えていません)メルローだと思います。
うまく実りますように。

[PR]

by bacchusmarket | 2012-04-19 20:04 | ぶどう栽培に挑戦

美味しい赤ワインを飲もう!!

柏屋ワイン会 3月28日(水曜日)テーマは『美味しい赤ワインを飲もう!!』
19時に、総勢32名の方にお集りいただきました。

この日は、昼間は春を思わせる穏やかな暖かな日差しでしたが、
夕方からの突風で一気に気温が下がり寒くなりました。
そんな気温差の激しい一日でしたが、参加者の多い、賑やかな会となりました。

出席者は、
ワイン好きなご夫婦、
お酒が好きなグループ、
勉強のために参加された方、
赤ワイン好き、
ワイン会を支えてくださるみなさま、
初心者の方から愛好家の方までバランスよく
、とても活気のある勉強会になりました。

赤ワインの北限オーストリーのピノ・ノワールから始まり、
フランス、イタリア、アメリカ、ワイン発祥の地レバノンのワイン。

品種では、単一品種で、ピノ・ノワール、カベルネ・ソーヴィニヨン、
メルロー、アリアニコ とボルドー地区の飲み比べ。

ワイン会の最後に<好き>と思ったワインに 
何度も手を上げて良いという条件で、手をあげていただきました。
<感想>もご参加いただい方の声です。

b0287739_1173928.jpg




1. エスターハージー・ピノ・ノワール2009 オーストリー ブルゲンラント
  http://bacchus.ne.jp/s/aka-chu/over_2000/esterhazy_pn.html
 
  ブドウ品種: ピノ・ノワール

  17世紀からワイン造りをしている名家エスタージャージー公爵家。
  広い敷地面積をグーグルアースでご紹介。
  本格的なお城にどよめきの声が上がりました。

<感想>  酸がきれいな飲みやすい軽い味わいのピノ・ノワール。
        ハーブの香りと赤い果実の味わいで、おいしい!
        飲みやすいとの声が聞こえました。

<好き>  10人

2. オー・ド・プジョー  フランス ボルドー2006  AC Haut-Medoc
  http://bacchus.ne.jp/s/aka-chuomo/over_2000/haut_de_poujeaux.html

  ブドウ品種: カベルネ・ソーヴィニヨン45%、メルロー 55%

ボルドー地区ムーリ村、この畑は小石が多い。豊かな果実味でしっかりとしたボディのワイン。

<感想>  すっきりとした味。しっかりとしたタンニンもあるが、酸が強いので、しまっている印象。

<好き>  5人

3. シャトー・モーカン2003  フランス  ボルドー AC Haut-Medoc Cru Bourgeois
  http://bacchus.ne.jp/s/aka-chu/over_2000/ch_maucamps.html

  ブドウ品種: カベルネ・ソーヴィニヨン55%、メルロー 40%、プティ・ヴェルド 5%

  マルゴー村にあるが、一部の畑が地区からはずれているため、格付はオーメドック。
  華やかな味わい。

<感想>  まとまっていて、ゆっくりと楽しめるワイン。
        やわらかな口当たりで、香りもすごく良い。

<好き>  23人

4. プピーユ2006 フランス ボルドー  AC Cotes de Castillon
  http://bacchus.ne.jp/s/aka-chuomo/over_2000/poupille.html

  ブドウ品種: メルロー

  サンテミリオンの隣のコート・ド・カスティヨン地区。主としてメルローが有名な地域。

<感想>  やわらかな果実味。丸みのある、バランスの良い味。

<好き>  6人

5. タウラジ2005 イタリア カンパーニャ  DOCG Taurasi
  http://bacchus.ne.jp/s/aka-omo/over_2000/taurasi.html
  ブドウ品種: アリアニコ
 
  南イタリア、ナポリのある州。タウラージは、高品質のアリャーニコAglianico種から造られる。
  最低1年間の木樽熟成後、3年間の熟成を経たワインです。
  長期熟成のフルボディの赤ワインです。


<感想>  パワフルでスパイシー。これ美味しい!!
        丁子、黒コショウ スパイスがすごいね。中華料理と一緒に飲んでみたい。
      
<好き>  23人

6. クロ・デュ・ヴァル・ピノ・ノワール2006  アメリカ  カリフォルニア Napa Valley Carneros
  http://bacchus.ne.jp/s/aka-chuomo/over_2000/clos_du_val_pn.html

  ブドウ品種: ピノ・ノワール

  ここは、ナパの中でも、冷涼な気候で、シャルドネとピノ・ノワールが特産。


<感想>  嬉しい果実味の香り、いちご、カシスなど赤いフルーツの香り。
        やさしい味わい。さらりと飲めてします。
        華やかな香り。

<好き>  15人

7. シャトー・ケフラヤ  レバノン 
  http://bacchus.ne.jp/s/aka-omo/over_2000/chateau_kefraya.html

  ブドウ品種: カベルネ・ソーヴィニヨン、シラー

  古くはメソポタミア文明の時代までさかのぼれるワイン発祥の地の一つと言われている地域。
  古代エジプト王オシリスが、ワイン造の手本としたのが、レバノン産ワイン。
  その後は、イエズス会の修道士がワイン造をこの地で盛んにさせましたが、
  イスラム教の影響で、ワインは衰退しましたが、
  現在は数多くのフランス人醸造家がワイン造りを進めています。

<感想>  力強いワインだ!!
        独特なスパイシーの香りが印象的。
        サーロインステーキと食べたい。
        果実味の甘味と酸味のバランスがよい。トップに甘味を感じるが、喉越しは良い。

<好き>  12人

8. シャトー・フォンバデ2008  フランス  ボルドー AC Pauillac
  http://bacchus.ne.jp/s/special/ch_fonbadet.html

  ブドウ品種: カベルネソーヴィニヨン60%、メルロ20%、カベルネフラン15%、マルベック5%、プチヴェルド5%

  Ch.ムートンとCh.ラトゥールの隣の畑。        


<感想>  まだ若く、これからの印象。
        食事を通して、最初から最後まで楽しめるワイン。


<好き>  22人

9. シャトー・レ・トロワ・クロワ2009   フランス ボルドー  AC Fronsac
  http://bacchus.ne.jp/s/aka-chuomo/over_2000/ch_les_trois_croix.html

  ブドウ品種: メルロー85%、カベルネ・フラン15%

  ドルドーニュ川右岸の生産地区フロンサック。ここもメルロー主体の地区。

<感想>  まろやかで伸びのある味わい。
        ビロードのようなエレガントなタンニンが好き。
        穏やかな印象、でも飲んだ後の余韻がパワフル。

<好き>  18人

10. クロ・デュ・ヴァル・カベルネ2007    アメリカ   カリフォルニア  Napa Valley
   http://bacchus.ne.jp/s/aka-omo/over_2000/clos_du_val_cs.html

  ブドウ品種: カベルネ・ソーヴィニヨン

<感想>  華やかな香り。コーヒーのようなカカオの香りがする。
        果実味が甘い印象。
        濃くて、もったりとした果実味、とにかくパワフル。

<好き>  15人

以上赤ワインだけ10品でした。


フランスボルドー地区を簡単にまとめてみました。

ボルドー地方は、大きく分けると3つに分類されます

1. ジロンド(Gironde)川とガロンヌ(Garonne)川の西部および南部に広がる地域で、
メドック(Medoc)地区、グラーヴ(Graves)地区、ソーテルヌ(Sauternes)地区。

2. ガロンヌ(Garonne)川とドルドーニュ(Dordogne)川に挟まれた地域、
「2つの海の間」という意味のアントル・ドゥー・メール(Entre-Deux-Mers)地区 と
プルミエール・コート・ドウ・ボルドー(Premieres Cotes de Bordeaux)地区。

3. ジロンド(Gironde)川とドルドーニュ(Dordogne)川の北部と東部に位置する地域で、
サン・テミリオン(Saint-Emilion)地区 とポムロール(Pomerol)地区とフロンサック(Fronsac)地区、ブール(Bourg)地区、ブライユ(Blaye)地区があります。


「カベルネ・ソーヴィニヨン」
ボルドー地方では、一般的な品種です。
特にメドック地区では、4分の3ほどの生産量です。川により運ばれた小石土壌が適しています。
果皮が厚く、カシスのアロマを持ち、タンニンの強い良質な骨格のしっかりとしたワインが造られます。

「メルロー」
石灰岩質(丘地Cotes)と砂利土壌を好みます。
特に傑出したワインが、サンテミリオンとポムロール地区で、造らています。
華やかな香りをもち、まろやかで柔らかな果実味のワインが造られます。

「ピノ・ノワール」
今回はオーストリーとカリフォルニアのものでしたが、ブルゴーニュ地方の代表品種です。
泥灰土と粘土の土壌を好みます。
果粒が小さく、果皮が薄く、熟成させると芳醇な香りが楽しめます。
[PR]

by bacchusmarket | 2012-04-05 21:04 | 伸子のブログ