ワインライター 柳忠之さんを講師としてお迎えしてのワイン会

7月25日に、柏屋ワイン館で、ワインライター 柳忠之さん を講師として
お招きしてのワイン会 のレポートです。

テーマは、ワインジャーナリスト柳 忠之さんと
世界第3位のソムリエ石田 博さんの 共著
『お値打ちワイン厳選』 の本のワインを 
プロのコメントをお聞きしながら 試飲するワイン会です。
今日試飲するワインは、その中から選んだ10本です。

まずは、この本の説明から始めていただきました。

本の表紙には1500本と書かれていますが、
実際には200本以上多く試飲されたそうです。

先入観にとらわれず、そのワインの価値を探したかったから
あえて 大変な方法を取ったそうです。

1700〜1800本を10日間で試飲するのは大変です。
口の中をリセットするのは、フランスパン、
どのくらいフランスパンを食べたのでしょうね。

『白ワインは、酸が強いので、歯を溶かし、
赤ワインは、口の中が赤黒くなり、すぐにはとれなくて、
歯磨きのたびに、歯にしみる痛みに耐えながら、
身体を張っての試飲だったので、この本をどんどん利用してください。』

カラーページがないのは、手軽に買っていただけるために、価格を抑える為。
ありがたいことですね。



1. プルミエール・ピュル・ブリュット フランス ラングドック地方 
  ブドウ品種: モーザック主体(地元のブドウ品種)、シュナン・ブラン、 シャルドネ

  柳さんのコメント: このボトルは、非常にゴージャスで、飲み心地も良いので、プレゼントにお勧めできる。地元のブドウを使って、丁寧に作られているスパークリング。


2. カルテット・アンダーソン・ヴォレー・ブリュット  アメリカ カリフォルニア
  ブドウ品種: シャルドネ70%、ピノ・ノワール30%

  柳さんのコメント: ルイ・ローデレール、有名な高級シャンパン・クリスタルの会社が、アメリカで造っているので、この価格で飲める。非常にお得。シャンパーニュ地方で造られていないので、
シャンパンとは呼べない。酸がしっかりとした骨格のあるスパークリング。

3. ヒューゲル・リースリング フランス  アルザス
  ブドウ品種:リースリング

  柳さんのコメント: 若い時はパワフルなシャルドネを好んだか、だんだんと年を取ってきたら、
さらりとした酸味が心地よくなってきた。今ではこのタイプに美味しいと感じるようになった。

4. ドルーアン・シャブリ  フランス  ブルゴーニュ
  ブドウ品種: シャルドネ
  
  柳さんのコメント: ブルゴーニュで名を馳せたドルーアンだが、
土壌が除草剤や肥料により昔のブルゴーニュの自然の力強さがなくなったと感じ、
新天地を求めてシャブリ地区で、ビオディナミ農法で、生命の力で畑を活性化させ、
テロワールを感じるワインを造っている。また、この土壌は、キンメリジャン土壌で、
貝殻が堆積して作られている石灰質泥灰土壌。キンメリジャン土壌の中に多く含まれている
「エグゾジラ・ヴィルギュラ」と呼ばれる小さな牡蠣の化石、
シャブリには牡蠣が合うといわれてるゆえんです。

5. グレイス・シャルドネ  日本  山梨
  ブドウ品種: シャルドネ

  柳さんのコメント: この本でキュヴェ三澤のセカンドと書いて、醸造責任者の三澤彩奈さんに抗議されたエピソードがあります。
『どのワインも同じ思いで、一生懸命に造ってます。それなのに、セカンドは、ひどいです。』
誠実にブドウ一粒一粒丹念に選び、選別する姿勢に頭が下がります。すっきりとした酸が印象的な背筋が通った気品あるワインです。

6. 岩の原ワイン 深雪花 赤  日本  新潟県
  ブドウ品種: マスカット ベリーA

  柳さんのコメント: マスカット・ベリーA は、どう思いますか? の質問を受けて、
デラウエア も、昔は、匂いがきらいだったが、最近のワインは、美味しくなったと思う。
いやなにおいがしなくなった。べりーAにもいえることだ。 このワインを飲んでも、キャンディ香を追いかけないで、ふくよかな優しい味わいをたのしみ、ベリーAの個性をピュアに感じる。
醸造技術の進歩は、すごいです。よく研究されている。

7. コート・ド・ボーヌ・ヴィラージュ  フランス  ブルゴーニュ
  ブドウ品種: ピノ・ノワール

  柳さんのコメント: こちらは自社畑ではないので、完全なるビオディナミ農法ではないです。
コストパフォーマンスの良いワインだと思います。

8. カンポフィオリン   イタリア   ヴェネト
  ブドウ品種: コリヴィーナ、ロンディネッラ、モリナーラ

  柳さんのコメント: リパッソ法復活の元祖。この地域ヴェネト州のワイン「ヴァルポリチェッラ」に
陰干ししたブドウの果汁を加え、再び発酵させてます。アルコール度数が高くなり、13度です。

9. トルブレック・ウッドカッターズ・シラーズ  オーストラリア  南オーストラリア
  ブドウ品種: シラー

  柳さんのコメント: ロバート・パーカーの目にとまり有名になった。
「テツヤズ」の和久田哲也さんがお気に入り。非常に暑い地域の果実味のあるバランスの良いワイン。

10. ルチェンテ   イタリア  トスカーナ
   ブドウ品種: サンジョベーゼ、メルロー

柳さんのコメント: ルーチェのセカンドワイン。スーパートスカーナは、弟分くらいでちょうどいい。バランスの良いワイン。


最後には、柳さんへの質問コーナー!!


・柳さんは、どんなワインを家でのんでらっしゃいますか? 
 → 飲んだことのない品種や、地域のワイン。

・柳さんのヴィンテージワインは、お持ちですか?
 →1965年は、北半球では気候が非常に悪かった年です。
  ブルゴーニュの畑は水に浸り、樽を丘まで持ち上げたそうです。
  この年のワインは、ブルゴーニュの造り手に飲むなと言われました。

・柳さんが一万円以上のワインを購入する時は、どんなワインですか?
 →10年以上保存できるかを考えて買います。

・柳さんが一番飲んで古いワインは、どんなものですか?
 →1860年代のワイン、 酸もしっかりしていて、リコルクされていたものだと思いますが、状態が良かったです。

・シャンパンの古酒を飲んだ時は?
 →シャンパンの古酒は、泡がなくなり、白ワインになってました。骨董品屋の味でしたね。

・マスカット・ベリーA MuscatBailey A 
 →Berry(いちごやブルーベリーなどの意味) Bailey (固有名詞) カタカナ表記だと意味がわからないですね。 アメリカ系Bailey 種と 欧州系 マスカット・ハンブルク Muscat Hamburg の交配で生まれました。日本の気候風土に合う独自品種として、川上善兵衛の手により研究され、誕生しました。


柳さん、ありがとうございました。
御蔭さまで、アカデミックな盛況なワイン会となりました。
[PR]

by bacchusmarket | 2012-07-26 22:07

ドメーヌ・ショオ@新潟市

 フェルミエ訪問の後訪問したのはドメーヌ・ショオ
こちらもフェルミエの本多さんと同様、
カーブドッチでワインの修行をした
小林英雄さんが2011年9月に立ち上げたワイナリーです。

 場所は、カーブドッチの入り口を入り、
フェルミエへ行く途中にあります。

domaine_chaud_01.jpg

 これがワイナリーの全景。
手前のぶどう畑は小林さんが今年から始めたカベルネ・ソーヴィニヨンの畑。
特徴的なのは杭の高さが低いこと。

 これは小林さんの考えに基づいて
ぶどうを低く仕立てるのだそうです。
また、樹間も狭く大変な蜜植になっています。
(約10aに300本)

domaine_chaud_02.jpg

 こちらはワイナリーから車で5分ほどのところにある、
もう一つの畑。
こちらはワイナリー前の畑と異なり、
樹間も広く、また高くまでぶどうを誘引しています。

 小林さんは大変な理論家で、
ぶどうの栽培についてもご自身の理論に基づいて
ぶどうの仕立て方を決めています。

 ただ、基本的に言えることは
できるだけ自然に近い形で
ぶどうをその環境の中の一つの生物として
育てるということだそうです。

domaine_chaud_03.jpg

 こちらの畑では、
丁度武道の開花が始まっていました。

domaine_chaud_04.jpg

 小林さんと醸造設備。
醸造設備はフェルミエと同じようの小型で、
少量の仕込みに対応できるようになっています。

domaine_chaud_05.jpg

 樽も、まだワイン造りを始めたばかりなので、
多くありません。

 ワインの醸造についても、
ぶどう作りと同じく
できるだけぶどうの持つ魅力を引き出すつ自然なくり方。

 最後に、現在のワインを色々試飲させていただきました。
まだ、ご自身で育てたぶどうは実をつけるところまで来ていないので、
ぶどうはいろいろなところから調達したもの。

 その中で大変興味深かったのは
マスカットベーリーA。
私にとって苦手なマスカットベーリーAを
大変魅力的なワインに造られています。

 ご自分で育てたぶどうからワインができる日が
大変楽しみなワイナリーです。

  ◆ドメーヌ・ショオ
  新潟市西蒲区角田浜字焼山 1700-1

[PR]

by bacchusmarket | 2012-07-26 18:07 | ワイナリー訪問記

フェルミエ@新潟市

 梅雨のさなか、新潟方面のワイナリー巡りに行ってきました。

 最初に向かったのは本多孝さんが奥様と運営する
フェルミエ

 私は日本ワインの品ぞろえをするにあたり、
輸入ワインと同じく普段飲みのできるワインを中心にそろえているので、
フェルミエのワインはちょっと私の品ぞろえ方針から
外れてしまっています。

 それでも本多さんのワインをそろえているのは
本多さんが私と同じ脱サラ組なので、他人事のような気がせず、
私もわずかながらでも応援したくなってしまうからです。

 早朝に府中を発って一路関越を北上、新潟を目指します。
関越自動車道から長岡ジャンクションから北陸自動車道に入ると
道路が直線が多くなります。

fermier_1.jpg

こんな直線道路は北海道にしかないものだと思っていたら、
新潟平野にもありました。

 順調に車を走らせ11時過ぎにフェルミエ周辺に到着。
ところがカーナビに住所の番地を入れていなかったため、
フェルミエが見つからない。

 本多さんの師匠であるカーブドッチの看板を通り過ぎ探したのですが
とうとう見つからずに電話をしてみると
なんとカーブドッチの敷地内とのこと。
良く見てみるとカーブドッチの看板の下の方に
「フェルミエ」の文字も。
(写真を撮りそこないました。)

 ちなみになぜフェルミエがカーブドッチの中にあるかと考えると
フェルミエの本多孝さんはカーブドッチオーナー落希一郎さんの
ワイナリー経営塾出身のため
その敷地内にワイナリーがあるというのに納得。

 カーブ・ドッチの敷地内に入ると
フェルミエの案内看板が曲がる必要のある交差点に立っているので
容易に目的地にたどり着くことができました。

 それにしても、カーブドッチの敷地内は道が悪く、
小雨が降っていたのでそこらじゅうに水たまりができており、
綺麗な車でも敷地内を走るだけですぐに泥だらけになってしまいます。
どうもわざと整備をしていないようです。

fermier_2.jpg

 写真のように門の向こうに芝生越しに建物があります。
なかなかかわいい雰囲気。
早速建物の中に入ってみると、
レストランと試飲コーナー、売店になっており、
かなりのお客さんでにぎわっています。

 本多さんに挨拶すると、
早速ワイナリーの横にある畑に案内してくださいました。

 今まで本多さんとお会いするのはぶどうの手がかからない
秋から早春にかけて。
Tシャツ姿の本多さんは初めてで、
色が黒いうえに、胸が厚く、腕も太くてまさに(イケメン)農夫。

fermier_3.jpg

 まずなぜ新潟でブドウ作りをするのかという質問をすると
新潟でもフェルミエがある新潟市西部の海岸沿いは
冬の積雪は稀で、
またブドウを栽培する時期の降水量も少なく、
以外にもぶどう栽培に適した気候とのこと。

 また、砂地土壌のため水はけがよく、
その点もぶどう栽培に適しているとのことでした。

fermier_4.jpg

 畑に植えられているぶどうは
スペインの白品種であるアルバリーニョと、カベルネ・フラン。

 アルバリーニョは日本料理との相性はいいのですが、
受精が強くて管理が大変とのこと。
カベルネ・フランは樹齢を重ねて
だんだん良い実がつくようになってきたとのこと。

fermier_5.jpg

左に見える屋根がワイナリー。
丁度カベルネ・フランの花が開花するところでした。

fermier_6.jpg

 次に醸造設備を見せていただくためにワイナリーへ戻りますが、
前庭の芝生が大変きれいなので誰が手入れをしているのか聞くと
この芝の手入れも本多さんとのこと。
特に雑草を抜いたりするのに大変手間がかかるのだそうです。

fermier_7.jpg

 醸造設備は新しいですが、
さすがに本多さん一人でワインづくりをするため
大変小型。

fermier_8.jpg

fermier_9.jpg

本多さんのワインは人気があるので、在庫は少なめです。

 見学の後はレストランで食事。
ピザとお店のスペシャリテ。

fermier_10.jpg

fermier_11.jpg

fermier_12.jpg

車なのでワインは飲めず、
シャルドネのジュースをいただきます。

 ピザも料理も本格的で、
他のお客さんを見ていると
この料理を目当てに来ていらっしゃる方も多そう。

 ちなみにレストランは奥様の有紀さんが仕切っていらっしゃいます。
なかなか柔らかな応対で
お客様の対応が板についていらっしゃいました。

 まだできて間もないにもかかわらず、
既にたくさんのファンを抱えているワイナリー、フェルミエ。
実際に現地に行ってみてその理由が良くわかりました。

 お忙しい仲ありがとうございました。

  ◆フェルミエ
  新潟県新潟市西蒲区越前浜4501
  営業時間:ワイナリー10:00〜17:00 
         レストラン11:00〜17:00(ラストオー ダー16:00)

[PR]

by bacchusmarket | 2012-07-22 21:07 | ワイナリー訪問記