タグ:カーナビ ( 1 ) タグの人気記事

カーナビ考

私が現在乗っている車は、
1993年から付き合っている車なので、
当然のようにカーナビはついていません。

ちなみに、カセットステレオが付いていますが、
壊れて使用不能。

さて、そんなカーナビが付いていない車で私が重宝しているのが
カーナビの無料アプリ。

私は高性能なカーナビを使った経験がないのでその辺はよくわかりませんが、
現在使っているカーナビアプリは
以前私が乗っていた車についていたカーナビよりは、
見違えるほど優秀です。

特に地図が自動更新されるので、
常に新しい道を選べるのはうれしい限りです。

私が現在使っているのは

1.最近自動車保険を更新したときにわかった
  保険契約者のみが使えるアプリ。
  ちなみに保険会社は損保ジャパン日本興亜です。
  ナビはナビタイムの有料コンテンツが使えるようです。
  最近使い始めました。

2.グーグルの地図アプリ。
  普通に無料ダウンロードできるグーグルマップがナビになります。
  右左折する交差点に近づくと地図がアップになるのは
  大変重宝しています。

3.以前乗っていたホンダ車を買ったときに
  ホンダ車に乗っている人だけがダウンロードできるアプリ。
  通信機能を持つホンダ社からの情報がサーバーに上がり
  予測到着時刻の誤差が少ないといわれています。
  ホンダ車を手放した現在も使うことができます。

さてその3つを使って同じ目的地を指定してみると

b0287739_20531551.gif

b0287739_20532488.gif

b0287739_20534638.gif

上から、損保ジャパン、グーグル、ホンダの順。

まず、それぞれ異なるのが、地図の縮尺。
表示エリアが狭い順に、
グーグル、ホンダ、損保ジャパン。

そしてお分かりのとおり、
ホンダだけは、進行方向が上にならず、
常に地図の上が北になっています。

もう一つ別の交差点で比べてみると、

b0287739_21013852.gif

b0287739_21014694.gif

b0287739_21015291.gif

今度はグーグルだけが霜石原の交差点を曲がらず、
違う道を選択しています。

この3つの無料アプリ。
どれも一長一短があり、
状況によってそれぞれ使い分けている次第。

グーグルの良さはなんと言っても使いやすさ。
前にも書いた通り、曲がる交差点が近づくと地図がアップになったり、
コースを外れたときすぐに新たなコースが表示されたりと、
さすが、グーグルがつくっただけのことがあると思わせる。

ただ、グーグルの難点は、すぐに高速を利用したがること。
自分では絶対に高速を選ばない場所に行く時でも
グーグルは高速が好きなようです。

ホンダの利点は「スマートルート」という
検索機能があること。
少しの時間差であれば、高速を選ばず、
一般道を選んでくれる。

たとえば府中から関越自動車道に乗るとき、
ホンダは所沢インターまで一般道で行きますが、
グーグルで検索すると国立府中インターから高速に乗り
圏央道経由で関越自動車道まで行きます。

時間で見ると両者はほとんど変わりがないので
この違いは大きい。

ただ、ホンダの一番の欠点は進行方向を上にすることができないこと。
今まで右左折時にどちらへ曲がったらよいか判断が付かず、
誤った方向へ曲がってしまうことがよくあることです。
また、ルートを外れたときは再読み込みをしないと
新しいルートが表示されないこと。

損保ジャパンのナビは、どちらかといえば上記2つの間。
コースを外れれば自動的に新しいルートが表示されますが、
「スマートルート」というような検索はできず
高速か一般道をどちらか選ぶような形。

一番後から導入してよく利用しているのが
損保ジャパン。
というのは運転を診断してくれるのです。

加速、減速、ハンドリング、エコの4点から
運転を診断します。

b0287739_21300838.gif


これは最近のベストスコア。
点数が付くと、
何とか良い点数を取るような運転をしなくなります。

といったところで、
状況によってこの3つのナビを使い分けています。

何かおすすめのナビアプリがあったら
教えていただけると嬉しいです。

[PR]

by bacchusmarket | 2016-04-29 20:28 | コラム