人気ブログランキング | 話題のタグを見る

緊急事態下の緊急事態、中央葡萄酒のワインを売れない!

久しぶりのブログです。

このようなことを書かなければならないのは本意ではないのですが
中央葡萄酒を非難、糾弾するためではなく、
現在の状況を変えて自分の生活を守るにはこれしかないと考え、
書かせていただきます。

私は現在、楽天で通販サイト「バッカス・マーケット」を運営していますが、
中央葡萄酒のワインを販売することを中央葡萄酒から禁止され、
販売することができなくなっています。

まず、事実を書きます。

私と中央葡萄酒との付き合いは2003年に始まります。
知人から、中央葡萄酒でぶどうの苗の植え付けがあるから
一緒に行かないかとの誘いがありました。

現在の中央葡萄酒明野農場が2002年からブドウの植え付けを開始し、
2003年はその第2期植え付けでした。

緊急事態下の緊急事態、中央葡萄酒のワインを売れない!_b0287739_03543589.jpg


緊急事態下の緊急事態、中央葡萄酒のワインを売れない!_b0287739_03470844.jpg


これがその時の写真。
私もまだ40代で、髪が量も多く黒々としています笑。

当時は私も日本ワイン事情にあまり詳しくなく、
「こんなに真面目にワインづくりに取り組んでいる会社があるんだ。」
と感銘を受けました。

それ以来、バッカス・マーケットで中央葡萄酒商品の販売を開始、
日本ワインでは中央葡萄酒のワインを最重点商品として
その素晴らしさを首尾一貫して訴えてきました。



今まで売り上げを公開したことはないのですが、
上記はバッカス・マーケットにおける中央葡萄酒商品の売り上げを
拾える2006年からグラフに表したものです。

上下ありますが、2014年以降中央葡萄酒商品は
バッカス・マーケットにおいて1,000,000円以上の売り上げを続ける、
主力商品にすることができました。


緊急事態下の緊急事態、中央葡萄酒のワインを売れない!_b0287739_13010709.png


これは、バッカス・マーケットのスマホの画面。
中央葡萄酒をトップに推していることが分かっていただけると思います。

それが今月(2021年5月)になって、
「モール(楽天、Yahoo!,アマゾン)において中央葡萄酒を売らないように」
との話が中央葡萄酒からありました。

実は以前から中央葡萄酒商品を通販で売ることに対して
今後やめてほしいというような話は営業の方から少しずつ聞こえていました。

ただ、バッカス・マーケットは実店舗がなく通販99%なので、
それについては中央葡萄酒も何らかの考慮をして下さるものと
考えていました。

ところが2021年5月中旬、当店の仕入れ先が中央葡萄酒のワインを発注した際、
バッカス・マーケットが中央葡萄酒のワインの楽天での販売をやめるまで、
そのワインを出さないとの圧力をかけてきました。

そこで、私は三澤社長との話し合いを提案、
2021年5月21日にZoomで三澤社長と約3時間にわたって
話し合いを行いました。

私の主張は
バッカス・マーケットが、今後も楽天で販売を続けられるか、
売ることができないのであれば
販売を中止することによって失われる利益を補完する、
補償金をほしいというものです。
もちろん、補償金ではなく販売の継続を一番望んでいます。

結局話し合いは平行線のまま3時間経過し、
このまま話し合いを続けても実りないということでのみ意見が一致し
話し合いは終わりました。

その後もバッカス・マーケットで中央葡萄酒の販売を続けていたところ、
5月25日になって仕入れ先から、
「バッカス・マーケットの楽天のサイトで中央葡萄酒の販売をやめない限り
商品を卸さないと言われており、
それは困るから
なんとか楽天での販売をやめてくれないか?」
との話があり、やむなく販売を急遽中止し、現在に至っています。

もしこのまま販売をすることができないのであれば
去年と同じであれば年間約140万の売り上げを失うことになります。
当店にとっては楽天の売り上げが、会社売り上げのほとんどなので
経営を左右しかねない非常事態になっています。

以上が、事実です。

ここから先は私の考えを含めて書かせていただきます。

まず第一に私がなぜワインの商売をしているかについて書きますが、
ワインはお客様をハッピーにする飲み物だからです。

私はお客様が欲しいワインを見つけて「あった」とおっしゃるときの笑顔や
ワインを飲んで「おいしい」とおっしゃるときの笑顔が大好きで
その笑顔を見ると
ワインの商売をしていてよかったと自分がハッピーになります。

にもかかわらず、
私は現在大変アンハッピーな状況に置かれています。


1. 中央葡萄酒は2003年以来の関係、貢献に対して突然の販売禁止で報いる?

私は中央葡萄酒のワインとワイン造りの姿勢に惚れて
これまで主力商品として販売してきました。

また、ファンづくりにも注力し、
例えば三澤彩奈さんをお招きしたワイン会も複数回開催しました。

つい最近では、昨年緊急事態宣言下で
Zoomのワイン会もお願いしました。

緊急事態下の緊急事態、中央葡萄酒のワインを売れない!_b0287739_05271706.jpg


微力ではありますが、
中央葡萄酒の成長を支えてきた一人であるとの自負があります。

それに対する中央葡萄酒の回答が、販売禁止です。

信じられない気持ちでいっぱいです。


2. 中央葡萄酒がイメージする顧客はハイエンドのレストラン?

三澤社長とお話をしていると、
中央葡萄酒の想定顧客は海外や、
ハイエンドのレストランなのではないかと
思われて仕方がありません。

例えば、先ほどお見せしたグラフで、
2015年に売り上げが大きく伸び
2016年に大きく落ちています。

           2015  2016
グレイス・シャルドネ  55   21
明野甲州        84    7

年号の下の数字はそれぞれ売上本数です。

2015年にグレイス・シャルドネと明野甲州が急に伸びたのですが、
翌年数字が急減しています。
これは商品が売れなくなったわけではなく
中央葡萄酒の出荷数量が制限されたからです。

つまり2016年にはシャルドネは21本、明野甲州は7本、
売るものがそれしかなかったため売ることができなかったわけです。

この数字の意味するところは、
2015年にそれぞれの商品をお客様が1本ずつ買っていると仮定すると
2015年にシャルドネまたは明野甲州を買ったお客様は139名
2016年は28名になります。

もし2015年にどちらかのワインを買ったお客様が
翌年にも同じワインを買おうとしたと仮定すると
111名のお客様が買うことができなかったということになります。

つまり、2015年に中央葡萄酒のワインを買って
中央葡萄酒を支えたお客様について
中央葡萄酒は眼中にないということになります。

また、それだけのワインを販売することによって中央葡萄酒に貢献した
バッカス・マーケットの得られるであろう売り上げも奪っています。

当店がお付き合いしている他の生産者であれば
たとえぶどうの収量が減って。つくられるワインの本数が減ったとしても
前年の実績に応じで少ないなりに割り当てて下さいます。
それなら、納得できます。

くどくど書いてしまいましたが、
売り先が決まっていない場合には一般消費者に販売して商品を現金化し、
売り先が決まった後は、
それまで支えてくれたお客様を意に介しないというように
とらざるをえません。

中央葡萄酒は目指す得意先に商品を扱ってもらえれば
一般消費者はどうでもいいのではないでしょうか。


3. 自社サイトはOKなのに楽天はだめ?

中央葡萄酒は当店に対しては禁止しているネット販売を
自社サイトで行っている酒販店には許しています。

そもそも日本ワインは中央葡萄酒も含めて生産量が少ない場合が多く、
一般の消費者が自分の欲しいワインを
ピンポイントで探すのはネットでないと不可能なのは
これを読んでいるどなたにとっても自明のことではないでしょうか。

私は多くのお客様から、
「欲しかったワインがあって良かった。」
というお声をいただいています。

先日、三澤社長と話をしたときに
ネットの現状についてご存知か質問しましたが
ほとんどご存じありませんでした。

それにも関わらず、楽天のようなモールが禁止で
自社サイトがOKということに
明確な理由がないように思います。
ただ言えるのは、一般消費者がより買いにくくなっている事実です。


以上3点、中央葡萄酒が一般消費者や酒販店といった
今まで中央葡萄酒を支えてきた顧客を軽視していると考える事象を
揚げさせていただきました。

あまりだらだら書き続けてもしょうがないので、
この辺で結論に入ります。

ここまで読んで下さった方々、
中央葡萄酒の今の繁栄に貢献してきたと
自信をもって言う言ことができるバッカス・マーケットが
楽天のみに出店しているだけで全く排除されている現状を
ご理解いただけましたでしょうか。

バッカス・マーケットは今経営の危機にあります。
商品の取り扱いの再開、
もしくは予想売上に見合った補償金を
希望しています。

# by bacchusmarket | 2021-05-27 18:43 | 日本ワイン

東京ラブストーリーを見ましたか?

ここのところのコロナ自粛で、
過去の人気ドラマを
TVerで見ることができるようになっています。

私は昔からドラマが好きで
特に山田太一をよく見ており、
「岸部のアルバム」や
「ふぞろいの林檎たち」
が強く印象に残っています。

とは言っても、今回TVerで見つけたのは
山田太一ではなく
「東京ラブストーリー」!

このドラマは91年なのだそうで、
実は当時仕事が忙しく
私はリアルタイムで見ていません。

91年には恵比寿ガーデンプレイスの
開業準備事務所にいたのですが、
ある日事務所の横のアメリカ橋を渡ったところにある公園で、
ドラマのロケがありました。、

見てはいませんでしたが話題のドラマだったので
事務所のメンバーと仕事を抜け出して、
ロケの見学をさせてもらいました。
(といってもただの野次馬ですが)

撮影のシーンは赤名リカ(鈴木保奈美)と
関口さとみ(有森也実)がベンチに腰掛けて
話をするシーン。

今では考えられませんがバブルの余韻が残っており、
スタッフは全員が
背中に白く「東京ラブストーリー」と大書きした、
お揃いの真っ赤なロングコートを着ていたのが
印象的でした。

そんな印象があったので、
第1話から見始めたらハマってしまい、
全11話を見てしまいました。

私が面白かったのはストーリーもさることながら、
当時最先端を行っていたドラマが、
今見るとツッコミどころだらけだということ。

それを書きたくて、
今回はこのブログを書いている次第です。

1.デザイナーズスーツ
今見るとなんでこんなヘンテコなデザインの服を
みんなこぞってきていたのか
思わずわらってしまいます。
東京ラブストーリーを見ましたか?_b0287739_15501100.jpg
女の子もやたら肩パッドの入った服が多かった!

2.やたら重そうなコードレス電話
当時、最先端の人だけがコードレスを使っていたようで、
登場人物の中でも赤名リカだけが使っていました。
東京ラブストーリーを見ましたか?_b0287739_15520076.jpg

3.大きなブラウン管のテレビ
これも当時は値段が高く、
なかなか買えなかった気がします。
東京ラブストーリーを見ましたか?_b0287739_15570882.jpg

4.東京都庁庁舎
90年12月に完成。
最新のものとしてタイトルバックに。
東京ラブストーリーを見ましたか?_b0287739_16035012.jpg

以上が当時としては最新のもの。

次にあげたいのは、
当時は普通だったけれど、
今ではありえないことがいくつか。

1.テレホンカード
今ではほとんど消滅してしまいましたが
当時外で電話をするのは
緑電話でテレホンカードが主流。
東京ラブストーリーを見ましたか?_b0287739_16090879.jpg

2.分厚い電話帳
昔、こんなものを使っていたんだなと、
懐かしい。
個人情報満載でした。
東京ラブストーリーを見ましたか?_b0287739_16111683.jpg

3.駐車違反取り締まり
以前はサイドミラーに鍵付き切符。
東京ラブストーリーを見ましたか?_b0287739_16133334.jpg

4.缶飲料のプルトップ
缶の飲み口が外れた!
デートの時、こんな風に飲むのが良い?
東京ラブストーリーを見ましたか?_b0287739_16151161.jpg

4.タバコを吸うのが普通
主人公の男二人はタバコを吸うシーン多し。
こんな画像がアップになるなんて。
東京ラブストーリーを見ましたか?_b0287739_16181807.jpg

5.私用電話を同僚が取り次ぎ
携帯がなかった当時は、
会社宛に電話をするしかなかったなぁ!

まだまだありますが、
29年の歳月を感じます。

一つ嬉しかったのは、
例のロケの野次馬をしたシーンに、
建設中のガーデンプレイスと、
準備事務所が映り込んでいたこと。
懐かしくて、思わず画面を止めて見入ってしまいました。

ちなみにTVerで「東京ラブストーリー」を見られるのは明日(4月13日)深夜まで。
興味のある方はお早めに。

# by bacchusmarket | 2020-04-12 15:14 | コラム

初めての経験!

私くらいの年齢になると、
およそいろいろなことを経験しているので、
なかなか初めてのことを経験するのは稀なのですが、
今日初めての経験をしました。

先日、農工大からいただいた
ブルーベリーの苗が育ってきたので、
庭に直植えをすべく、
邪魔になる木を1本切りました。

その木はそこそこ太く、
枝葉はゴミとして市の回収に出せるのですが、
幹の部分は市の回収基準(太さ5cm)を超えており、
引き取ってもらえません。

そこでどうしたら良いか考えたところ、
近くに造園業の方達が
切った庭木を処分するところがあるのを発見。
そこへ持っていくことにしました。

初めての経験!_b0287739_19112537.jpg

まず、事前にどのくらい費用がかかるか調査。
キロ20円前後なので、それほどお金がかからないことが判明。

そして、今日ここへ幹を2本持ち込みました。

初めての経験!_b0287739_19165818.jpg

初めての経験!_b0287739_19171830.jpg

到着すると造園業の軽トラが私の前に
施設の中へ入っていきます。
私もそれに続いて入ったら
1台ずつしか入ってはダメだと注意され
一度外へ出ます。

前の車の行動を見ていると、
上の写真の軽トラの左側、
三角コーンの後ろが大きな秤になっているようで、
まずそこで計量してから荷物を下ろし、
もう一度計量して、
その差から料金が決まるようでした。

私も前の車の真似をして秤に車を載せますが、
バックで載せるので、
秤から落ちないか結構緊張。

幹を載せたまま計量し、
幹を下ろしさらに計量。
なんとか秤から落ちずに終わりました。

初めての経験!_b0287739_19291942.jpg


これが最終の支払いの領収書。
幹の単価は20円のはずですが18円、
重さが10キロ、締めて198円ということでした。

持ち込む人たちは、私以外は全てプロ。
素人の私は緊張しながら
なんとか使命を果たすことができました。

# by bacchusmarket | 2019-12-25 18:57 | 日記

交差点名って?

ここのところインバウンドという言葉が
盛んに叫ばれるようになり、
海外から来るお客様を迎入れる準備が進んでいます。

特に私が進んでいると感じるのは、
鉄道の路線図。

JR、私鉄、東京メトロ、都営地下鉄が
統一的に路線名と駅を
アルファベットと数字で表す方法が取り入れられて、
海外からの観光客にも
ずいぶんわかりやすくなったのではないかと
思います。

と思って自宅周辺の駅を見たら、京王線の府中駅では

交差点名って?_b0287739_22054637.jpg

上記の方法が取り入れられていましたが、
JRの府中本町駅では



昔の表示のままでした。

南武線の外国人利用者比率が
京王線より低いとは考えにくいのですが
JRの優先順位として、
南武線が、あとまわしになっているのかも?

さて、ここからが本題です。
信号機の横についている、
交差点名の表示。
これも日本語と
アルファベットで表示されるようになっています。

私が気になるのはそのアルファベット表示。
「これで海外から来た人が見て分かるの?」
と思われるのが結構あるというか、
「こんな表現でいいの?」
と思われるものが結構あるのです。

交差点名って?_b0287739_19163031.jpg


まず、手始めはこちら。
Yagawa 3chome
と書けばよいのに「chome」が省略されています。
スペース的にも余裕があるのに何で省略するのかわかりません。

交差点名って?_b0287739_19170037.jpg

次はこちら。
日本語では「入口」とあるのにその表記がありません。
その上、「I.C」はインターチェンジを表しているのでしょうが
もし省略の意味でピリオドを付けているのであれば
「I.C.」と表示すべきだし
そうでなければただ、「IC」と書くだけでも良い気もします。
それでは「入口」はどうやって表記しているのかと言えば、

交差点名って?_b0287739_19310358.jpg


交差点名って?_b0287739_19433896.jpg

「Ent.」が「入口」を表現しているようです。
しかし、「Ent.」は恐らく「entrance」のことなのでしょうが、
「entrance」は建物の入り口のことは表しても
「こちらの方へ行けばどこへ行けるか」という意味はないのでは?

私も最近英語にほとんど接していないので
なんと表現すればよいのか自信はないのですが、
「access」あたりがちかいのではないかと。
(誤っていればご指摘ください。)

あと、「マイコンシティ」は英語で表現するなら
「Microcomputer City」だけれと、
マイコンシティが通称として認知されているのであれば
「Maikon City」でも良いのかも。

といったところで、
注意してみていると、ツッコミどころ満載です。

ワインのブログなので、ワインに関係がある地名を一つ。
今や世界のワイン愛好家が知るようになった日本の地名、
「桔梗ヶ原」。

私は初めてこの地名を知ったとき、
イメージとしては高原の草原の一角という印象でした。
それが実は、

交差点名って?_b0287739_09283310.jpg

塩尻市の地名ではありますが、
塩尻市の市街地の一角、
交差点の名前でこの名をを15年前に見た時には飛び上がりました。
(と言っても車の中に腰かけていましたが(笑))

信号につける交差点名は
その信号のある道路の道路管理者と警察が協議の上決めるそうですが、
もう少し何とかならないかなと思う次第。

本当にこのアルファベット表記が
在日の外国人の方に役立っているのか、
知りたいところです。

もし興味を持って下さる方がいたら、
このような面白交差点表示をお知らせいただけると嬉しいです。

最後に外国人どころか私が見ても
まるで理解できない交差点名が
自宅のすぐ近くにあるので見ていただければと思います。

交差点名って?_b0287739_20023756.jpg
こちらがその交差点。
「北南建前」、下のローマ字表示を見て
ようやく読み方が分かりますが、
意味が分かりますか?

これは、

交差点名って?_b0287739_20045169.jpg
この交差点の横に国土交通省の
東京都北多摩南部建設事務所という施設があるので、
この名前になったようです。
しかし、交差点名にふさわしい名前だと思いますか?

# by bacchusmarket | 2019-11-26 20:09 | コラム

ドメーヌ コーセイて収穫体験(3)

ぶどうを収穫した後は、
すぐにワイナリーへ移動。
早速仕込みにかかります。

ドメーヌ コーセイて収穫体験(3)_b0287739_18424027.gif


ドメーヌ コーセイて収穫体験(3)_b0287739_18441303.gif

まずは検量。
ブドウの重さを測ります。

今まで見たことがあるのは、
箱を一箱ずつ検量する方法でしたが、
これではパレットごとに重さを測るので、
大変効率が良い。

ドメーヌ コーセイて収穫体験(3)_b0287739_18480963.gif


ドメーヌ コーセイて収穫体験(3)_b0287739_19060847.gif

まずは収穫したブドウを、
振動しながらブドウを送る選果台へ落とします。

通常選果台は、
房から外したブドウの粒を
選り分けるのに使いますが、
粒は畑ですでに選果しているので、
ここでは房についている小さなゴミを
選果台のスリットから
ふるい落とすのに使います。

ドメーヌ コーセイて収穫体験(3)_b0287739_19132936.gif

ドメーヌ コーセイて収穫体験(3)_b0287739_19144489.gif

ゴミがふるい落とされた房は
コンベアに載って除梗器へ。

ドメーヌ コーセイて収穫体験(3)_b0287739_19164190.gif

除梗器の下からは、かなりの速さで、房から外されたブドウの粒が落ちてきます。

ドメーヌ コーセイて収穫体験(3)_b0287739_19184256.gif

粒が取れた後のブドウの茎は、除梗器の横から軽トラの荷台へ。

ドメーヌ コーセイて収穫体験(3)_b0287739_19205982.gif

ドメーヌ コーセイて収穫体験(3)_b0287739_19225221.gif


除梗器で外された粒は、
下の破砕機で潰されホースを通って、
発酵タンクの中へ。

この日の作業は、
収穫した全てのブドウについて
上記の作業をして完了。

ドメーヌ コーセイて収穫体験(3)_b0287739_11445728.jpeg

ドメーヌ コーセイて収穫体験(3)_b0287739_13100093.jpeg

全工程は、こんな感じ。
左から右へと葡萄が流れていく形です。

収穫ボランティア面々の作業はここまでで、
終了です。

ワイナリーのスタッフはこの後、
仕込みに使った全ての道具や機器を洗浄し、
さらにタンクに酵母を添加して仕事を終えます。

この日に仕込んだぶどうは来年の春にロゼに、
秋に赤になってワイとして発売されるかも。
出来上がりが期待されます。

私は11日の夜、
味村さんを加えた有志メンバーと宴会の後、
翌日もワイナリーを訪ねて
仕込みの続きヲ見学するつもりでした。

それが次の日の朝、
自宅の普段風通しのために開けている窓を
閉めないまま出かけてしまったことに気づき、
台風が来るのに開けているままとはいかず、
急遽帰ることに。

帰りの高速は台風が近づいているだけあって
かなりの土砂降り。

最近の高速の舗装は
あまり水がたまらないので
安全に走れるのですが、
それでも水が溜まっているところでは
ハンドルを取られたり、
フロントガラスに隣を走っている車の
水しぶきが飛んできたりと大変。

ラジオで交通情報を聞いていると9:30頃、
10時に相模湖から先が通行止めになるという。
その時は相模湖までは15分くらいのところを
走行していたので、
なんとか9:45頃
相模湖を通りすぎることができました。

後でわかったことですが
中央道はその後土砂崩れで通行止めが続き
復旧するのはかなり後。

自宅の窓を閉め忘れたおかげで、
なんとか台風が来る前に帰り着けた次第です。

# by bacchusmarket | 2019-11-12 14:00 | ワイナリー訪問記