芦屋タカトラのシュークリーム

 恵比寿の東京都写真美術館で開催している中村征夫写真展を見たついでに、
恵比寿三越が東京初出店という
芦屋タカトラのシュークリームを買ってきました。

 この芦屋タカトラは元ラガーマンだった社長の杉本昌秀が
大学卒業後サラリーマンになるも脱サラ、餃子屋を始めるのですが、
その後シュークリームに着目して立ち上げたお店という変り種。

 私は知らなかったのですが、関西でブレーク、
20店舗以上のお店を出店している大チェーンです。

 お店のパンフレットは

b0287739_2274814.jpg

といった感じで、アフリカをイメージ。

 「サバンナを渡る風を感じるタカトラの一つ一つの個性あふれる
シュークリームをお楽しみください。」

とのことですが、私には、「サバンナの風」と
シュークリームの結びつきが良くわかりません。

 シュークリームの種類はパンフレットに載っているのは

b0287739_2274963.jpg

プリンなどを含めて15種類、ホームページを見ると20種類くらいあるのですが、
恵比寿三越の売り場にはシューの違うものがいくつかあっただけで
全種類は置いてありませんでした。

 持ち帰り用の箱も

b0287739_2274923.jpg

と、アフリカのイメージ。

 今回買ったのはベーシックなプレーン(220円)

b0287739_2274925.jpg

と、エクレア(267円)

b0287739_2274910.jpg

です。最近のスイーツとしては少し大ぶり。
デザートとして食べるには、大きすぎるかも。

 さて、味はというと、シューがおいしくて、◎。
ただ、シュークリームを食べたくなったら、
わざわざ恵比寿三越まで出かけてまで買わなくても
家の近くのケーキ屋さん「ウルソン」のシュークリームで満足できます。

[PR]

by bacchusmarket | 2006-09-04 10:09 | スイーツも好きなんです