梅林@銀座

 ツイッターを読んでいたら、
その中の一人が銀座の梅林で食事をしたという話がありました。
それを読んで次に銀座へ行ったときには
必ず梅林で食べてやると思っていたところ、
先日銀座へ行く機会がありようやく食べることができました。

 というのも、以前私が銀座のサラリーマンをしていた頃、
会社から徒歩1分ほどのところに梅林があったため、
月に数回はここで食べていたような気がします。

 私の身体についている肉の一部は、
この梅林で食べた豚の肉が変化したものと言っても良いのでは?
と思えるくらいです。

 場所は銀座通りを新橋方面へ進み、
松坂屋の先の交差点を左折してすぐの左側です。

 看板には「珍豚美人(ちんとんしゃん)」という言葉も。
これは、梅林の初代ご主人と親交があった
講談師の一龍斉貞丈が付けた愛称だそうで、
私の親の世代の方たちはこの呼び名の方が普通のようです。

b0287739_1092729.jpg


 さて、こちらが梅林のメニュー。
価格は変わっていますが、
昔と変わらないのは真ん中のヒレカツサンドを挟んで、
上が高価な定食、下がカツ丼やランチ的なメニューになっています。

 私はサラリーマンの小遣いから食べるランチだったので、
真ん中より上のメニューを食べた記憶がありません。
私が好んだメニューはカツ丼か、メンチカツライス。
当時は750円くらいだったと思います。

 今回注文したのは、

b0287739_1092877.jpg


なつかしのカツ丼と、

b0287739_1092839.jpg


スペシャルカツ丼。

 スペシャルカツ丼はたまに食べた記憶がありますが、
何か特別なことがあった時のご褒美のようなもjの。
丼の模様が違うのと、上に玉子が載っているのが違う以外は
今まで同時に食べ比べたことが無かったので、
価格差の理由が良くわかっていませんでした。

 それが食べ比べてみると一目瞭然。
お店の方にうかがったところ、カツ丼はロース肉、
スペシャルカツ丼の方はヒレ肉。

 カツ丼だけ食べれば十分美味しいのですが、
スペシャルカツ丼と比較して、口の中に油が残る。
スペシャルカツ丼の方はよりさっぱりしており、
また、つぶした玉子の味がからんで、それがまた美味い。

 ただ、やはり自分の小遣いで食べるのであれば、
たまにはスペシャルを食べるとしても、
普通はカツ丼で十分です。

 これを書いていたら、また食べたくなってしまった。

  ◆梅林
  東京都中央区銀座7-8-1
  Tel: 03-3571-0350
  営業時間 : 11:30〜20:45 (L. O.)
  年中無休

[PR]

by bacchusmarket | 2010-09-14 19:09 | 食べ歩記(東京23区内)