2010年 11月 08日 ( 1 )

収穫

 たいそうなタイトルですが、
我家の経った一房半をつけたぶどうが

b0287739_1154867.jpg


11月に入ってほとんど葉が落ちてしまったので、
これ以上置いておいても糖度は揚がらないだろうと判断、
意を決して収穫することに。

b0287739_1154879.jpg


こちらがアップの写真。
色づきはまあまあではないでしょうか。

b0287739_1154989.jpg


 そしてついに皿の上に。
食べてみると、実が小さい割には種が大きい。
種はかじってみると青臭さがなくカリカリしている。
実が小さくて食べにくいのですが、酸と糖がうまくバランスしていて
結構いけました。

 ただ、ワイナリーの畑で食べるぶどうよりは
どう考えても糖度は低い。
でもぶどうを植えてから今年で7年目。
ようやくまともに食べられる実がつきました。

 来年はもう少し頑張りたいと思います。

 ちなみに、このぶどうはカベルネ・ソーヴィニヨンです。

[PR]

by bacchusmarket | 2010-11-08 18:11 | ぶどう栽培に挑戦