そば屋の名前に「庵」が多い理由は?

昨日聞いた立川談笑の落語のまくらに出てきた話。

タイトルのとおり、そば屋の名前に「庵」が多い理由は?
ということでその説明がありました。

江戸時代、浅草にあった称住院というお寺に
「道光庵」という塔頭(たっちゅう、寺の境内にある小寺)があり、
これがいまの蕎麦屋「庵」の号の由来といわれているとのこと。

道光庵の庵主様が信州の出で蕎麦打ちの名人。
最初は自家用に打っていたのが、
そのうち庵の参詣者にふるまったのが評判となり
蕎麦を目当てにやって来る参詣者があとを立たなくなり、
ついに親寺である称往院から、精進の妨げになるということで、
蕎麦打ち中止を言い渡した。

その禁止令が守られなかったため
寺の入り口に蕎麦打ちを禁じる石碑が建てられ
蕎麦目当ての来訪者を門前払いをした。

そば屋の屋号に「庵」がつけられるようになったのは
「蕎麦きり寺」道光庵の名前にあやかろうとしたため
というのが理由でした。

談笑さんによればそのお寺が
今は多摩地区、調布か府中にあり、
今でもその石碑があるという。

ということで、近場にあるのであれば
蕎麦好きとしては黙っているわけにはいかない。
その石碑をぜひ見てみた。

談笑さんのお話にはお寺の名前が出てこなかったので
「蕎麦打ち、禁止、石碑」というキーワードで検索すると、
調布、府中ではなく烏山に称住院というお寺があることが判明。

調べてみると、関東大震災以降
烏山に移転していたようです。

こういうことはすぐに行動に移さないと
2度目がないことが分かっているので
早速石碑を見に行ってきました。

b0287739_19390783.jpg

称住院というお寺は、ナビですぐに見つけることができました。

b0287739_19412396.jpg

入口の横には今まで書いたようなそばに関するいわれを書いたものが。

ところが、一番の目的である石碑がなかなか見つからない。
どなたか関係者の方がいらっしゃれば聞くこともできるのですが
境内には人影なし。

いろいろ歩き回り、10分くらいうろうろした後やっと発見!

b0287739_19460824.jpg

本堂の前に立っていたこの石碑の側面に、

b0287739_19480071.jpg

「不許蕎麦 入境内」
と書いてある石碑を見つけることができました。

これから「庵」という名が付いたお店でそばを食べるとき
この石碑を思い浮かべながら食べたいと思います。

[PR]

# by bacchusmarket | 2018-04-08 19:57 | コラム

メルシャン・マリコヴィンヤードでシラーを収穫

10月5日、メルシャンの自社管理畑マリコヴィンヤードで、
シラーの収穫をしてきました。

SNSのいろいろな投稿を見ていても、
マリコヴィンヤードの投稿はあまり見当たりませんね。

というのも、ワイナリーは場所が分かっているので行きやすいのですが、
ぶどう畑は場所が特定するのがむつかしい。
その上、ほとんどの畑は
公共の交通機関を使って行けない場所にあるからでしょうか。

マリコヴィンヤードも、車でないと行けない場所にあります。

上信越自動車道の東部湯の丸インターから
県道81号線を15分ほど走ると
信号のないT字路に

b0287739_11522890.jpg


こんな目立たない看板が、
この看板を左折して5分ほど山道を登ったところに視界が開け
マリコヴィンヤードのが道路の左右に広がっています。

b0287739_11542350.jpg


これがGoogle Eaathで見たマリコヴィンヤード。
その広さが分かります。

b0287739_12514051.jpg


これは、マリコヴィンヤードの植え付けの図面(2013年当時)。
真ん中、左側の濃い赤の部分がシラーの区画です。

私は、マリコヴィンヤードでの収穫は今年で3回目。
2014年から収穫をさせていただいています。

過去2回は、ソーヴィニヨン・ブランを収穫させていただきました。
それは、マリコヴィンヤードのワインで私が一番好きなのが
ソーヴィニヨン・ブランだから。

b0287739_1933553.jpg


これが2014年のソーヴィニヨン・ブランの様子。
ソーヴィニヨン・ブランはブドウの房が幹に直接ついている感じで
どこにハサミを入れたら良いか探すのが大変です。

ソーヴィニヨン・ブランを収穫した時の経験で一番印象的なのは
太陽が当たる側と当たらない側では粒の色が異なり、
当たらない側が緑色だとすれば、
当たる側はそれに黄色がプラスされた色になっています。

そしてその粒を食べてみると、
当たる側の粒は、まさにソーヴィニヨン・ブランのワインそのものの
味と香りがあるということ。

私の経験では、ワインそのものを感じる味わいと香りを持つぶどうは
ソーヴィニヨン・ブラン以外には出合ったことがありません。

今回シラーの収穫をお願いしたのは
マリコヴィンヤードでソーヴィニヨン・ブランと並ぶ、
人気があるワインがシラーだから。

マリコヴィンヤードの収穫はスタッフがタイミングを決めるので、
毎回1週間くらい前に日程が決まります。
今回私が日程が分かったのが9月30日。

10月5日から開始するとのお話を受けスケジュールを確かめると
幸い5日はスケジュールが空いている。

そして5日に伺わせていただくことにしたのですが、
もう一つ心配事が出てきたのが台風18号。
ちょうど5日頃に本州を縦断する可能性が。

毎日天気予報を気にしながら日にちが過ぎ、
前日になってみると台風が韓国の方にそれ、
マリコヴィンヤードがある上田市は、
幸いなことに雨すら降らない予報になっていました。

マリコヴィンヤードのシラー担当の園田雄平さんのお話では
本当は糖度が上がっていないので
あと10日くらい収穫を伸ばしたかったのだそうですが、
今年の雨のため病気が蔓延し、
やむなく12日からと決めたのだそうです。

b0287739_1925053.jpg


これがシラーの畑。
すでに収穫準備が整っており、
収穫用のか箱が一定間隔で置いてあります。

ところどころ、紅葉した樹が見られますが、
水分が多い場所の樹は
紅葉が早いのだそうです。

b0287739_19284021.jpg


これがシラー。
この時の糖度は約18度。
普段食べる生食用のぶどうと比較すればかなり甘い方ですが、
20度以上あるのかと期待していたのに比べると、ちょっと残念。

枝と房の間に90度くらいに梗が曲がっているのがシラーの特徴のようです。

b0287739_19314011.jpg


こんな健全な実ばかりだと良いのですが、
とにかく今年は病果が多い。

b0287739_19332891.jpg


これは玉割れ。
雨のため粒の中の水分が多くなりすぎて皮が裂け、
裂けた部分にカビがついている状態です。

b0287739_19362375.jpg


こんな房に、かなりの確率で出くわします。
矢印で指した粒が何らかの問題がある粒。
晩腐病、灰色カビ病、玉割れなど。

b0287739_19393241.jpg


こんな房も。
玉割れは上の写真のようにカビがついていればわかりやすいのですが、
皮が裂けたばかりの玉割れは見た目ではわからす。
指でつまんでみると何の抵抗もなくつぶれてしまう。

ぶどうの選果をしているうちに
手のひらから果汁がしたたり落ちるような状況でした。

私も収穫の経験は二桁以上あると思いますが、
ここまで厳しい収穫は初めてでした。

担当の園田さんのお話では、
この状態でよいワインを造るためには
何としても病果を取り去ることが大事とのこと。

今年は選定方法を変えて
それぞれの房の濃縮度が落ちないぎりぎりまで房を付け
収穫量を増やすつもりだったそうですが、
このような状態では予定よりかなり少なくなりそうです。

ワインを売る立場としては
椀子ヴィンヤード・シラーは
喉から手が出るほどほしいワインなのですが、
16年ヴィンテージは果たしでどのくらいになるのか
ちょっと心配なところ。

あとはメルシャンさんの技術力に期待です。

b0287739_1957536.jpg


ところで、マリコヴィンヤードでの収穫はいつも手弁当でお願いしているので、
横川のサービスエリアで、峠の釜めしを買うのが定番。

ぶどう畑で食べるお弁当はおいしいですよ。
[PR]

# by bacchusmarket | 2016-10-07 13:43 | ワイナリー訪問記

クラウディ・ベイのラベル

私がワインに興味を持ち始めてから約40年、
ワインの商売を始めてから20年余りたちますが、
この間に出会ったワインのラベルで一番のお気に入りが
ニュージーランドのクラウディ・ベイなんです。

b0287739_19325685.jpg


これがそのラベル。

90年代の中ごろのことだど思いますが、
初めてこのラベルに出会ったとき思わず一目惚れをしてしまい、
ワインを飲むよりも前に
「このワインを何としても売りたい。」(このワインを多くの人に知ってほしい)
という気になったのです。

飲んでみるとラベルのイメージそのものの味わい。
それ以来、大好きなワインの一つになりました。

それが、2016年ヴィンテージが入ってきたのを見ると
なんとラベルが変わっている。

b0287739_19463168.jpg


同じ山並みのデザインを踏襲しているのですが
ちょっとイメージが違う。

私はクラウディ・ベイに行ったことがないので確かではないのですが、
この山並みはワイナリーから見える景色なのではと想像しています。

同じ経営のオーストラリアにあるケープ・メンテルは
同じデザインのラベルで
景色を表現しています。

b0287739_19514128.jpg


これがケープ・メンテルへ行った時の写真。
ワイナリー内のラベルデザインに使われた場所に
看板が立っています。

ということなので、クラウディ・ベイもワイナリーからの景色なのではと
Google Earthでワイナリーからの景色を調べたところ

b0287739_19543917.jpg


この景色がラベルに一番近いものでした。
ちなみに下の建物はクラウディ・ベイのワイナリーです。
それにしてもちょっと違う。

このクラウディ・ベイのラベルはワインのラベルデザインにも影響を与えたのか、
宮崎の都農ワインのラベルが都農町から見える山並みを
ラベルデザインに採用しています。

b0287739_19595467.jpg


b0287739_2093822.jpg


下の写真が都農町から見える尾鈴連山のもので、
上のラベルの黄色と黒の境目がその山並みになっています。

とりとめもなくいろいろ書いてきましたが、
新しいラベルに最初に出会ったら、
クラウディ・ベイにこんなに思い入れを持つことができなかったのではないかということ。

ラベルが変わってしまったことが、残念でなりません。
[PR]

# by bacchusmarket | 2016-09-24 20:19 | コラム

キューピー、マヨテラス見学記

先日、キューピーの見学施設、「マヨテラス」に行ってきました。

というのも、京王線仙川駅近いこの施設は
従来キューピーの工場があった場所にできた見学施設で、
なかなか予約が取れないことでも有名で、
是非とも行ってみたいと思っていたのです。

見学の予約はネットで、
例えば7月の予約が今月2日からということで、
予約解禁になるとほとんどすぐにいっぱいになってしまうような状況。

ちなみにこれ
現在の予約状況。
いかに予約を取るのが大変かが分かります。

見学には大人の部と子供の部があり、
今回はもちろん大人の部。

さて、期待に胸を膨らませ京王線仙川の駅から歩くこと10分弱。
甲州街道に面した門を入ると

b0287739_20061517.jpg

キューピーの新社屋が出迎えてくれます。
写真を撮り忘れましたが、門の横にキューピーの人形があるのがかわいいい。
目指すマヨテラスはこの社屋の1階にありますが、
門を入って左に進むと

b0287739_20062401.jpg

売店があり、
キューピーのキャラクター人形や
卵を使ったお菓子などを売っているます。

さて、建物のマヨテラスの入り口から中へ入ると、

b0287739_20063856.jpg

かわいいキューピーがお出迎え、

b0287739_20070775.jpg

巨大なマヨネーズの入れ物を模した施設が。

b0287739_20072566.jpg

中を覗くといろいろ陳列物があります。
マヨネーズドームというのだそうです。

b0287739_20073625.jpg

ふたのキューピーがかわいい。

施設の中身は
マヨテラス
このようになっていますが、
最後に試食を行うキューピーキッチンまで撮影禁止。

私はここにマヨネーズ工場があって、
それを見学できるのかと思っていたら、
マヨテラスができた時点で工場がなくなってしまっていて、
工場の様子はビデオのみで見ることになります。

マヨネーズの歴史や
海外でのキューピーマヨネーズの展開の様子、
マヨネーズのトリビアなどの説明を受けて
最後、試食コーナーのキューピーキッチンへ。

b0287739_20074410.jpg

これが一人一人のセット。
マヨネーズに

b0287739_20075294.jpg



b0287739_20080048.jpg

を自分で組み合わせて混ぜ、
サラダを食べてみるという仕掛け。

今回試した中では

b0287739_20081012.jpg

マーマレードとの組み合わせが
思いのほかおいしかったです。

あと、今回の見学で得たトリビアの中で特記したいのは、

・マヨネーズは原料のお酢と塩の作用で未開封であれば常温でも劣化しない。

・原料として使用しているのは基本的に卵黄、酢、オイル、塩といった
 天然の材料のみで、
 着色料、保存料、増粘剤等は使用していない。
 
・マヨネーズは材料がなじむのに時間がかかるので、
 作り立てよりも2週間くらい時間が立った方がおいしい。

・ブロッコリーはそのまま食べるよりもマヨネーズをと一緒に食べた方が
 βカロチンの吸収が良い。

ちょっと面白くありませんか。
おかげで今回の見学前よりも
マヨネーズの摂取量が増えそうです。

それにしても、工場見学ができなかったのは不完全燃焼この上なく、
近いうちにぜひマヨネーズ工場の見学をしたいと思います。


[PR]

# by bacchusmarket | 2016-05-23 21:01 | ぶどう栽培に挑戦

マルカイ@静岡市用宗港

しらす漁が各地で解禁となり、
テレビ等の媒体でもいろいろ取り上げられています。
やはりこの時期になると私もしらすを食べたくなる。

食べ歩きを趣味としているこの私は
通常であれば美味しいしらすを提供する店に食べに行くところですが、
しらすの場合は食べに行くのではなく
お取り寄せをするのがここ数年の習慣となっています。

そもそもお取り寄せが苦手な私。
何度か挑戦したことはあるのですが、
期待が高かった分、実際ものが来てみると
がっかりする事ばかり。

その私がしらすについてはお取り寄せをするようになったのは
静岡に住む友人のH君に教えてもらってから。

生しらすはどこで買っても同じですが、
H君がいろいろな業者の釜揚げしらすを食べ比べた結果、
一番おいしかったのが今回紹介する
マルカイの釜揚げしらすだったのだそうです。

b0287739_20003256.jpg


b0287739_20004456.jpg


b0287739_20005842.jpg

実際食べてみるをふっくらとした食感で、
ほんのり塩味が来ていて本当においしい。

このしらすを食べるまでは
しらすは生が一番で、
釜揚げしらすは生がないときにしょうがなく食べるものと
考えていました。

しかし、このマルカイのしらすを食べてからは
その考えを改めました。
この釜揚げしらすさえあれば、
生を求めて、出かける必要はない!

さて、お取り寄せした上の写真の釜揚げしらすは
1?のセット。
冷蔵の宅配便で送られてきます。
価格は3,500円+配送料1,000円。

4,500円で1?のしらすが食べられるのであれば、
車を出して遠出する必要はない。

その釜揚げしらすをどのように食べたかといえば、
1日目は

b0287739_20114769.jpg


どんぶり飯にたっぷりのしらすをかけたしらす
まずこれが食べたかった。

2日目は、

b0287739_20135539.jpg


ペペロンチーノ。

3日目はそば粉のがレット。
刻みキャベツと合わせたそば粉で作ったがレットに
しらすをたっぷり載せてマヨネーズ味。
こちらは画像なし。l

そして4日目は


b0287739_20171935.jpg


再度ペペロンチーノ。
3日目の経験を踏まえ、鷹の爪の量を少し増やし、
キャベツ以外に小松菜も加え、
一部炒めていたしらすを炒めるのをやめて
そのまま載せるだけにしました。

これがまた美味い。

残っているしらすはあと1食分。
さてどうやって食べようか考え中です。

それにしてもこの釜揚げしらす、
毎日食べても飽きが来ません。

  株式会社マルカイ
  静岡県静岡市駿河区用宗5-20-20
  Tel: 054-259-2329
  http://marukaishirasu.shop-pro.jp/
[PR]

# by bacchusmarket | 2016-05-11 20:31 | 食べ歩記(その他の地区)