ホットプレートでガレット♪

 ここのところ放置気味のブログでしたが、
先日facebookにホットプレートで作ったガレットを投稿したら
「いいね」がたくさんついたので
久しぶりに書いてみることにしました。

 ちなみにガレットとはそば粉で作ったクレープ。
クレープがスイーツなのに対して
ガレットは食事として食べるもののようです。
また、クレープは両面焼くのに対してガレットは片面のみ。

 ガレットのポイントは生地作り。
そば粉は最近ではそばを趣味にしている人が多いので
比較的入手は簡単なのではないでしょうか。
今回我が家で使ったのは山梨方面へ行ったときに
道の駅で買ったもの。

  そば粉    100g
  塩       小さじ1/2
  卵       1個
  牛乳      1カップ
  溶かしバター 10g

1.そば粉と塩をボウルにふるい入れ中心に溶いた卵を流し入れる。
2.泡だて器でゆっくりと円を描くように粉と卵を混ぜ合わせる。
3.粉っぽさがなくなったら、牛乳を少しずつ加え、その都度大きく混ぜる。
3.牛乳が半量ほど入ったら、残りは2回に分けて加え混ぜる。
4.溶かしバターを加え混ぜ、ラップをして冷蔵庫で半日以上休ませる。

 以上が生地作りですが、
残念ながら写真がありません。
それでもこの生地さえできてしまえばあとは簡単。
また、レシピでは半日以上休ませていますが、
我が家ではそんな時間が取れないのでせいぜい1時間くらい休ませただけ。

 ホットプレートを180~200℃に熱します。
熱くなったら、お玉で生地をすくい、
ホットプレートの上に流し入れ、
お玉の裏側で丸く伸ばします。

b0287739_21382781.jpg

スライスチーズ。

b0287739_21453575.jpg

スライスハムとトマト。

b0287739_21462164.jpg

アボカド、

b0287739_21472929.jpg



b0287739_21483112.jpg

を順に入れて、卵がある程度固まれば出来上がり。

b0287739_21495015.jpg

あとははがして食べるだけ。

b0287739_21504417.jpg

うまく取らないとこのようにばらばら事件に。

 それにしても、生地さえうまくできれば
この写真のとおりほとんど失敗を恐れることなく、
おいしいがレットが完成。

 フランス、ブルターニュ地方の郷土料理ガレットに合わせるのは、

b0287739_21535456.jpg

当然ブルターニュ地方の地酒、シードル。

 すごく簡単でその上美味しいので、ぜひお試しを。
[PR]

# by bacchusmarket | 2013-01-24 21:58 | コラム

「スパークリング と シャンパン 飲み比べ」 (その2)

ワイン会で飲んだシャンパン

b0287739_20345473.jpg


シャンパンとは、フランスのシャンパーニュ地方で造られたスパークリングです。

6.ポル・ロジェ・ブリュット・レゼルヴ
ブドウ品種: ピノ・ノワール33%、シャルドネ33%、ピノ・ムニエ33%
イギリスのダンディ宰相として有名なチャーチル首相が好んで飲んでいたそうです。
今でもイギリス王室御用達とのこと。
厚みのあるボディ。豊かな果実味と芳ばしい香り、心地よい繊細な泡。バランスの良い味わいでした。

7. エグリ・ウーリエ・ブリュット・トラディション
ブドウ品種: ピノ・ノワール75%、シャルドネ25%
生産者は、RM(レコルタン・マニピュラン)。栽培から醸造・熟成まで一貫して行っています。
アンボネイ村にエグリー・ウーリエあり、と言われている評価の高い生産者です。
ワイン会でも評判の良いシャンパンでした。
『お正月料理と一緒に飲みたいシャンパン』と、人気が高かったです。
旨みがあり、複雑で余韻が長く、しっかりとしたボディがあり、ドサージュが少ないので、辛口のシャンパンです。

8.ヴーヴ・クリコ・ヴィンテージ [2004]
ブドウ品種: ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエ
生産者はNM(ネゴシアン・マニピュラン)。大手メゾンです。自社畑以外に他の栽培農家からブドウを購入してシャンパンを造っています。
キュヴェ(基本のブレンド)は、モンターニュ・ド・ランス地区、コート・デ・ブラン地区にある、グランクリュ、プルミエ・クリュの21ヶ所の畑で収穫したブドウからなっています。
フルティーナアロマとビスケット香、ハチミツ、アーモンドの芳ばしい風味も感じました。しっかりとしたボディがあり、酸味とのバランスも良く、喉を通る心地良い余韻が長く感じます。

9.ペリエ・ジュエ・ベル・エポック [2004]
ブドウ品種: ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエ
生産者はNM(ネゴシアン・マニピュラン)。大手メゾンです。自社畑以外に他の栽培農家からブドウを購入してシャンパンを造っています。
まろやかでエレガント、瓶に描かれている白いアネモネの花のように気品のある最高級シャンパン。
アール・ヌーヴォーを代表するエミール・ガレ氏がボトルをデザインしたことで有名です。
とても素敵なボトルです。このボトルと同じ柄のシャンパングラスもあります。
シャンパンはとてもおしゃれな飲み物だと思います。

10.ドン・ペリニョン[2003]
ブドウ品種: ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエ
生産者はNM(ネゴシアン・マニピュラン)。大手メゾンです。自社畑以外に他の栽培農家からブドウを購入してシャンパンを造っています。
モエ・エ・シャンドン社の最高峰のシャンパン。
心地よい果実味が軽やかでいて、余韻が長く、旨みがあり、柔らかな口当たりで、飲んだ後のボリューム感がある素晴らしいシャンパン。旨みと果実味の甘味と酸のバランスが良いと感じました。


11.サロン [1999]
ブドウ品種: シャルドネ
ラベルがかっこいいのです ”S ”SALON
コート・デ・ブランのグラン・クリュの中でも際立っている
ル・メニル・シュール・オジェのシャルドネだけで造られています。 
生粋のブラン・ド・ブランに仕立てられてます。
硬質なミネラルのため、10年以上熟成させてます。
また、サロンは、良い年だけ造られるヴィンテージワインです。
力強く、深みのある複雑な味わい、ハチミツ香もあり、きのこの風味も感じました。
今飲むのはもったいないような、10年後に飲んだらどんなシャンパーニュになっているかと楽しみに待ちたいシャンパンです。

これだけのシャンパンの飲み比べは、なかなかできないので、
真剣に味わいを比べていただけました!!

ご参加いただきました皆さま! お疲れ様でした。



シャンパンのミュズレー(王冠)とってもおしゃれです。
ミュズレーのコレクターもいるそうです。

いろいろな色、やデザインの王冠があります。
飲んだ後に記念にとっておくと楽しい思い出につながります。

ミュズレボード、 Muselet
b0287739_20421591.jpg

シャンパンコルクの上に乗っている Muselet = ミュズレ(王冠)をコレクションする専用ケースを ミュズレボード といいます。

シャンパンは、飲んだあともいろいろ楽しめるので、嬉しいですね♪♪
[PR]

# by bacchusmarket | 2012-12-25 20:55 | ブログ

「スパークリング と シャンパン 飲み比べ」 (その1)

いよいよ師走
これからクリスマス、お正月と友人との集いも多い時期

華やかな楽しい行事にはつきもののスパークリングワイン
飲んだことないけど、映画などで見たことはある!! 
興味はあるけど、 なかなか飲めない ということで、

「スパークリング & シャンパン」をテーマにワイン会を開催しました。

東京府中の柏屋のセミナールームに7時スタートで、総勢16名 ご参加いただきました。

1. ティレル・スパークリング・シラーズ  
オーストラリア 
ブドウ品種:シラー 
珍しい赤のスパークリングワイン、 ほんのり甘いので、ナッツがたっぷり入ったケーキと一緒に飲めるワインです。

2. ディボン・カヴァ・ブリュット・リザーヴ   
スペイン 
ブドウ品種:マカベオ、 パレリャーダ、 チャレッロ
スペインのワイン法でDO (Denominacion de Origen、原産地呼称)の各付けです。
シャンパーニュと同じ製法で、瓶内発酵。
スペインのカタルーニャ地方の代表的な品種で造られています。 
穏やかな酸味で、コストパフォーマンスの良いカヴァです。

3. プロセッコ・スプマンテ・ディ・コネリアーノ
イタリア
ブドウ品種:プロセッコ
各付け:DOCG
ステンレスタンク内発酵のシャルマン方式のスパークリングワイン。
果実味が豊かで、後味にふわっとハチミツ香が残ります。
酵母の味わいがあり、辛口のエレガントな仕上がりです。

これから以降は、全部シャンパンです。

4. テタンジェ 
フランス
ブドウ品種:シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ
柑橘系の香り、洋ナシ、酵母からくるブリオッシュ、と香りと味わいのバランスの良いシャンパン。
世界的で有名なシャンパンメーカーです。
テタンジェ家は、名門中の名門です。
エペルネにあるシャトーは、由緒ある館で、シャンパンの功労者の一人ウダール神父が、
シャンパン造りに研鑽を重ねた所です。

5.
ルイ・ローデレール・ブリュット・プルミエ

フランス
ブドウ品種:ピノ・ノワール 56%、シャルドネ 34%、ピノ・ムニエ 10%
最低でも4年以上熟成させているシャンパン。
柔らかな口当たりの優雅な泡が連続して立ち上り、溌剌とした泡がはじけ、豊かな香りが広がります。
熟した桃、カマンベールのような柔らかな熟成香と複雑な味わいです。
最高級シャンパンのクリスタルは、ロシア皇帝アレクサンドル2世に特製クリスタルボトルで献上されたので有名です。



シャンパンが高いのは、なんで??

シャンパンとは、フランスの唯一シャンパーニュ地方で造られた、スパークリングワインのこと。
製造方法が複雑で、ブレンド(アッサンブラージュ)と第二次発酵があります。

9月中旬~10月上旬頃に収穫したブドウを圧搾し、ブドウの果汁を搾り、第一次発酵。

翌春、原酒にリザーブ・ワイン(生産年の異なるワイン)や異なるクリュ(畑)のワインをブレンドして、
バランスの良いワインにします。できたものをCuveeキュヴェと呼びます。
特別に良い年には、その年だけのワインをブレンドして造ることもあります。それがヴィンテージ・シャンパーニュです。

その後、酵母を加え、ティラージュ瓶詰めします。

瓶内二次発酵。地下カーヴで静かに寝かせ、熟成させます。最低でも15ヶ月は必要です。

ルミアージュ(動瓶)、デゴルジュマン(澱抜き)、ドサージュ(門出のリキュール)。


これだけの手間と時間をかけて造られてます。




続きます。
[PR]

# by bacchusmarket | 2012-12-02 21:43 | 伸子のブログ

もうすぐお別れ

 1999年に会社を辞めたときにホンダから発売された車が「S2000」。

 いつかこの車に乗れるようになりたいと仕事に励み、
6年半前に何とかその目標を達成することができました。

b0287739_20741.jpg

 ただこの車、マニュアルミッションしかない上に、
車高が低いために乗り降りが厄介。
その上人も荷物も満足に積めない。
唯一のとりえは運転が最高に楽しいこと。

 ということで6年楽しませてもらったので、
手放すことにしました。

 手放すにあたり、やはり高値で売りたい。
そこで、先日の日曜、
車買取会社10社を同じ時間に集めて査定をしてもらいました。

 11月に手放したいということを言うと
10社のうち4社が帰り、
残った6社に入札をしてもらいました。
(これは査定に来た営業に人たちからの提案。)

 それぞれの名刺の裏に、査定金額を書いてもらいます。
その結果がこの写真。

b0287739_2073522.jpg

 当然左上の査定金額を提示してくださった方に
売却することに決定。
まさかここまで差がつくとは思いませんでした。

 ちなみに、帰ってしまった会社の一つが
メールで送ってきた査定金額は145万。
やはり査定はたくさんの会社から合見積を取る必要があると実感しました。

 それにしてもこの息子、
6年半楽しませてもらって
買ったときの価格の約半額。
大変な孝行息子でした。

 お別れまであと1ヶ月弱。
最後にもう少し楽しませてもらいたいと思います。

[PR]

# by bacchusmarket | 2012-10-18 20:10 | ブログ

サンクゼール・ワイナリー@斑尾高原

 スイス村ワイナリーを訪ねた翌日は
サンクゼール・ワイナリーを訪問。
サンクゼール・ワイナリーは長野県の北信地区、
メルシャンの北信シャルドネのぶどう畑や
常に評価の高い小布施ワイナリーがある小布施とも
近い場所にあります。

 この地区で採れるシャルドネは大変評価が高く
国産ワインコンクールで常に高い評価を得ています。
その地域でサンクゼールもワインづくりをしているのですが、
主としてサンクゼールの直営店でワインを販売しているため
なかなか日本ワインの話をするときに話題に上りません。

 私サンクゼール・ワイナリーがつくる高品質ワインをご紹介したく、
2006年から販売しています。
今回は2006年に訪問して以来一度も伺っていなかったので
最近の状況を知りたく訪問しました。

b0287739_2010457.jpg

 駐車場に車を入れて葡萄畑の奥にワイナリーがあるつくりは
2006年と変わっていませんでした。

b0287739_20103964.jpg

 以前来た折には入口を入ってすぐ左が売店になっており、
その左側の黄色い建物がレストラン、
そしてその左側にぶどう畑に面したテラスがあり、
そこでする食事が最高に気分が良いものでした。

b0287739_2011443.jpg

 これはその当時の写真。
オーストラリアや、カリフォルニアでよくある風景で、
このような素敵な場所で食事をできることが
ワイナリーツアーの楽しみの一つです。
このテラスがなくなってしまったことが少しショック。

 さて、今回はワイナリーの前のシャルドネの畑を見せていただいた後、
樽貯蔵庫へ案内していただきました。

b0287739_20112789.jpg

 今回樽貯蔵庫を見せていただいて気が付いたのは、
かなり小ロットで仕込みが行われていること。

b0287739_20114856.jpg

 サンクゼールのある北信地区は 
醸造用のぶどうづくりに熱心な農家が多く、
それぞれの農家から仕入れたぶどうを別々に仕込んで
それぞれの特徴を出したワインをつくろうとしているのだそうです。

b0287739_20121222.jpg

 将来のワイナリー経営を見込んで
ぶどうづくりを始める方もいるそうで、
農家とワイナリーの関係も大変うまくいっているとのこと。
古くからのワインづくりをしている勝沼の、
農家とワイナリーの関係の違いを強く感じます。

 いくつかの樽から試飲をさせていただきましたが、
どれも味わい深く将来が楽しみなワイン達でした。

b0287739_20122819.jpg

 その後ワイナリー売店の2階で試飲。
写真右から2番目のカベルネ・フランは
なんとナイトハーベストで収穫したものだそうです。

b0287739_20125053.jpg

 これがワイナリーから100mほど離れたところにある
レストラン前のカベルネ・フランの畑。
このかなりきつい斜面の畑で
ナイトハーベストをしたのだそうです。

b0287739_20131680.jpg

 これがカベルネ・フラン。
まだ色付いてはいません。(8月5日です。)

b0287739_20133853.jpg

 レストランのテラスからぶどう畑ごしに見た景色。
先ほどワイナリーの横のレストランが無くなってしまって残念と書きましたが、
これなら以前のレストランに劣らず、気持ちよく食事ができそう。
これなら納得でした。

 今回は時間の関係上、
このレストランで食事をすることなくワイナリーをあとにしました。

 今後、更においしいワインができる予感を感じさせるワイナリーでした。

  ◆サンクゼール・ワイナリー◆
  長野県上水内郡飯綱町芋川1260
  Tel:026-253-7002

[PR]

# by bacchusmarket | 2012-08-22 18:08 | ワイナリー訪問記